Portfolio News

オランダニュース

23日に英国で実施されたEU離脱の是非を問う国民投票は、「離脱」という結果となった。24日朝、ブリュッセルのEU本部に向かう途中、オランダのルッテ首相は報道陣のインタビューを受け、「結果に失望した。離脱による経済の影響を最低限に抑えるため英国とEUは努めなければならない。」と答えてる。オランダは6月末までEUの議長国である。

オランダの政界で英国のEU離脱決定を歓迎したのは、反イスラム、反EUを掲げる極右の自由党(PVV党)。党首のウィルダース氏は「オランダもできるだけ早い時期に国民投票を」と意気込んでいる。社会党(SP)もEU懐疑派ではあるが、国民投票は否定している。これ以外のすべての党は、貿易立国としてオランダと盟友関係にあると信じていたイギリスのEU離脱に落胆している。「オランダやEUにとって(経済的、政治的に)マイナスであるだけでなく、イギリスの将来も暗い」。28カ国を抱えるEUはその規模と連帯でロシアに対抗してきたが、イギリスが脱退した今、世界政治のバランスが危うくなるという懸念も大きい。

米国、アジアに続き、24日朝の株式市場の混乱もオランダは例外ではない。アムステルダム証券市場(AEX)は取引開始直後から大暴落し、数分後にはAEX指標は8%の下落を記録している。
多くのオランダの企業そして雇用者団体は、英国のEU離脱による先行きの不確実性を憂慮している。貿易レベルでのEU離脱にはまだ時間がかかるが、「企業はできるだけ早い時期に英国の顧客企業にコンタクトし、これまでの契約が保持されることを確認したほうがいい。」と雇用者団体EVOとFENEDEX。今後英国と取引のある多くの企業は、関税や煩雑な輸出書類といった問題に直面する可能性が高い。オランダの経済への影響はhttp://www.portfolio.nl/bazaar/home/show/1422

2016-06-24
22日(水)から23日(木)の夜半、オランダ西部では激しい雷雨による被害が発生した。午前2時には浸水や落雷による被害で消防車の出動が続いた。最も被害がひどかったのは南オランダ州にある島やロッテルダムそしてハーグの周辺。ハーグやスヒーダムでは豪雨で数分のうちに市内道路は浸水、付近の高速道路A12とA20でも通行困難な状態に陥った。デルフト近郊のパイナッカーでは落雷で出火した家が3軒も出た。落雷による被害は他の地域でも発生したが、負傷者は出ていない。

今日木曜日は日中気温が30度まで上がる夏日になると予想されているが、午後遅くから夜半にかけまた激しい雷雨という警報が出ている。明日24日(金)は気温は下がるが、今度はオランダ東部で雷雨が発生しそう。この天気は週末には回復し、晴れ間が出る時間帯が増え降雨量も減るという予想が出ている。

2016-06-23
日本国籍者のオランダでの労働許可について、オランダ経済省企業誘致局(NFIA)から以下の様な発表がありました。

1875年施行の「スイス/オランダ二国間条約」の見直しがこのほど行われ、同条約の協定条項が無効となります。1912年施行の「日本/オランダ二国間条約」において、最恵国待遇条項に関しては上記の「スイス/オランダ二国間条約」を根拠としていました。したがって今回、根拠となる条約が無効となることで最恵国待遇条項が存在しないことになります。
2016-06-22 続きを読む ▶
人身売買と子供の監禁そして強制労働を行っていた容疑で2人の男女をスペインのバルセロナで拘束したと、警察が発表した。2015年の春ごろからアムステルダムの中央駅などで子供が窃盗を働いているのをオランダ警察が発見、国際的な捜査が始まったもの。

拘束された男女は旧ユーゴスラビア出身で、人身売買などを行う犯罪組織に属していると見られている。オランダでも8歳から16歳の子供が少なくとも20人監禁されていた。聞き取り調査によればボスニアとクロアチアから連れてこられたという。
2016-06-22 続きを読む ▶
政府関連機関である食品栄養センター(Voedingcentrum)は、小学校での甘味飲料を禁止したい意向である。すでにドルドレヒトにある小学校ではジュースやその他の甘味飲料を持込禁止で、学校で飲めるのは牛乳か水。この学校のある地域では3人に1人が肥満で、原因のひとつが甘味飲料に含まれる砂糖だとされている。オランダでは給食はなく、児童は弁当や飲み物を持参する。

栄養食品センターでは、児童の健康のためにオランダ内のすべての小学校で甘味飲料の禁止を進めようとしている。現在6700校ある小学校のうち、すでに禁止されている学校...
2016-06-21 続きを読む ▶
難民の子どもたち1000人が20日(火)、ユトレヒトのチボリ・フレーデンブルグにてコンサートを行う。ラジオ・フィルハーモニー・オーケストラとともに、「怖がりのうさぎ(Angsthazen)」と「勇敢な子(Durfals)」を演奏する。オランダにある12の難民センターに住んでいる子どもたちは、このコンサートのために数ヶ月間も難民センターにある学校で練習を重ねてきた。「ほとんどの子どもたちが戦争や暴力や恐怖を経験しており、音楽を楽しむという状況ではなかった。しかし練習をしている間だけでも心配や恐怖心が遠のいているようだ。」と、難民ボランティア団体Vluchtelingen Werk。
2016-06-21 続きを読む ▶
イギリスのEU離脱が現実化すると、英国で生産されているトヨタ車の価格は大幅に上昇すると、同社が警告している。おそらく値上げ幅は10%近くになりそうだという。これは同社が英国の従業員に対し配布した書簡に述べられている。23日に行われる国民投票でイギリスがEUを離脱することになれば、生き残りには大幅なコスト削減か値上げが必須となる。

同社は値上げによる売上減少を懸念しており、離脱には反対している。トヨタはイギリスで年間19万台生産し、このほとんどがEU諸国への輸出。このほかエンジンやタイヤな...
2016-06-20 続きを読む ▶
世界で一番おいしいと言われるベルギーのフリッツ(フライドポテト)に欠かせないマヨネーズ。ベルギーで使われているマヨネーズは80%が脂肪、7.5%が卵黄である。しかし脂肪分を抑える昨今のトレンドそして国際競争力を鑑みて、ベルギー国会で「脂肪分70%そして卵黄5%」という「新マヨネーズ法」が採択された。これまでのマヨネーズは80%、7.5%が義務付けられていたが、今後はこの70%、5%が主流となるはず。

さて肝心な味だが、ベルギー消費者関連省のペータース大臣によれば、脂肪分が少なくて...
2016-06-17 続きを読む ▶
6月23日にイギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票が予定されている。もし離脱ということになるとイギリスとの貿易が大きな割合を占めるオランダ経済にどんな影響があるのか。中央統計局(CBS)によれば、昨年には200億ユーロがイギリスとの貿易黒字、これはオランダ国民総生産高の3%に値する。離脱が決定すればオランダの工業、農業そして鉱業が大きな打撃を受けると、ラボ銀行は分析している。

2015年のオランダからイギリスへの輸出は520億ユーロで、輸入分を差し引くと200億ユーロの貿易黒字が計上されている。オランダの最大の輸出先であるドイツとの貿...
2016-06-17 続きを読む ▶
「ダ・ヴィンチ・コード」などで一世を風靡した米国の作家ダン・ブラウン氏が、アムステルダムのリツマン図書館に30万ユーロ(約3800万円)を寄付する。図書館はこれを元に蔵書をデジタル化しオンラインで公開する。

リツマン図書館のコレクションは別名「ビブリオテカ・フィロソフィカ・ヘルメティカ」と呼ばれ、西欧の自由思想の基礎となった哲学や神秘主義に関する書物2万5千冊からなる。例えば、哲学者であるコメニウスやスピノザの初版なども含まれており、キリスト教、ユダヤ教そしてイスラム教の古書が隣り合わせで並ぶ。ダン・ブラウン氏はこの「神秘...
2016-06-16 続きを読む ▶
オランダの食料品の価格は西欧諸国の中で最も低い。東欧を含めた欧州全体でも平均以下の水準である。とくにパンなどの穀類や乳製品は他のどの国よりも安い。オランダ中央統計局CBSが15日に発表した数字である。

EU内で最も食料品価格が高いのはデンマーク。欧州平均より45%も高い。EUには加盟していないが、スイスやノルウェーではそれぞれ平均より73%、59%も高い。オランダの近隣国を見てみるとどこも平均より高く、英国は11%、フランスは9%、ベルギーは8%、ドイツは3%高くなっている。EUの中で最も食品価格が低いのはポーランド...
2016-06-15 続きを読む ▶
昨日14日午後、ホランス・ニューウェと呼ばれるニシンの初荷が、ハーグのそばの港町スヘーフェニンゲンでオークションにかけられ、一樽が9万ユーロで落札された。オークションは初ニシンの水揚げを祝うお祭りの一コマで、売上は全額チャリティに寄付される。今年は、育児放棄などで家で生活ができず施設などに預けられた子供たちを支援する団体「忘れらた子どもたち」に寄付された。

さて今年のニシン(ハーリング)だが、専門家によれば「素晴らしい。ここ数年間で最高の品質だ。」と賛辞を惜しまない。脂肪率が21−23%という生ニシンが最も美味しく...
2016-06-15 続きを読む ▶
「オランダ人は見知らぬ人に親切だが、なかなか親しい友人にはなれない。」と考える外国人は多いようだ。テレビ局RTLZと英語のオランダニュースサイト「DutchNews」が、仕事や勉強でオランダに住む外国人1130人に調査したところ、60%の人がオランダ人の友人を作るのは不可能だと答えている。

「オランダ人は外国人にオープンである反面、私生活では長年の友人と付き合うのが好きで、わざわざ外国人の友達を作りたがらない」というのが、多くの外国人が挙げている理由だ。面白いのは夜の約束時間で誤解があるという指摘である。オランダ人は夜8時に会...
2016-06-14 続きを読む ▶
オランダに住むポーランド人数が15万人を超えた。今世紀の初めにはこの5分の1だった。2004年にポーランドがEUに加盟して以来オランダへの移住者は増加の一途をたどり、2007年に労働許可が不要となったのをきっかけにこの数はさらに伸びた。

15万人のうち12万人はオランダに仕事を求めてやってきたいわゆる「第一世代」。住民の71%は15歳から74歳で現在仕事を持っている。2013年の調査では、オランダで失業保険や年金などの社会保障で暮らしているポーランド人は12%と少ない。またポーランド人の労働者は「働き者」だとしてオランダで高く評価されている。とくにオラ...
2016-06-13 続きを読む ▶
共同運営を行っているオランダのKLMとフランスのエールフランスの関係に不協和音が生じている。エールフランスのパイロットが経営上の焦点がKLMに偏っていることを非難していることを受け、同航空は国際線の運営をスキポールからパリに移す計画があるとオランダメディアが報じている。エールフランスはこのシフトにより国際線運営を掌握しパリでの雇用を増やしたい意向。オランダのダイセルブルーム財相はこの計画を断固として拒否、早急にフランス政府とこの問題について話し合いたい意向を発表した。

一方エールフランスのパイロットは6月11日から14日にストを計画。ちょうど欧州サ...
2016-06-10 続きを読む ▶
アムステルダムの日本人美容室「Miyabi Salon」からのお知らせです。
いつもMIYABI salonをご利用頂きまして有難うございます。
6月から新しいスタッフが加わり、より一層のサービス向上に努めて参りますのでこれからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

MIYABI salon B.V
Kastelenstraat 266, 1082 EJ Amsterdam
電話 : +31(0)20-6448798
2016-06-09 続きを読む ▶
オランダ国内外のホテルなどの宿泊先では、パスポート提示が求められることが多い。時にはパスポートやIDカードを預ける場合もある。これに対しオランダの旅行・自動車連盟ANWBは、身分証明詐欺にあう可能性が高いと警鐘を発している。同連盟は、政府に対しこの提示の義務を撤廃するよう求めているが、同時にパスポートやIDカードを提示する場合には「BSN番号」と言われる個人ID番号を隠すよう勧めている。日本国籍でもオランダで発行された運転免許証やIDカードにはこのBSN番号が記載されているので注意が必要。

2016-06-09 続きを読む ▶
畜産農家では抗生物質の使用が根強い。2009年から2015年の間に家畜への使用量を70%減らそうという計画があったが、畜産薬品管理局(SDA)が発表した数字によれば、いまだに目標に達していない。家畜に病気予防のための抗生物質を使用した場合、これを食べる人間に害があると言われている。食肉を通し人間の体内に入った多種の残留抗生物質により、抗生物質が効かない薬剤耐性菌の出現を助長してしまうからだ。

目標値には達しないが、実際抗生物質の使用はこの5年間で58%減少している。しかし、子牛や七面鳥への使用は逆に増えている。これに対し養豚場では抗生物質の使用は大幅...
2016-06-08 続きを読む ▶
FUJI hairにて6月15日(水)より、オランダで初めてのプロの日本人スペシャリスト岡野 藍が、まつ毛エクステンションのサービスをスタートします。初回の方のみ-30%オフのサービスとさせて頂きますFUJI hairにてお電話で随時ご予約が可能です。専用の個室をご用意しております。皆様のお越しを心よりお待ちしております。毎週月・水・金の10:00~20:30が岡野の出勤日になります。

AILASH まつ毛エクステンション
東京・表参道のまつ毛エクステンションサロンの老舗PLUMEサポートのもと独立した...
2016-06-07 続きを読む ▶
アムステルダムのAMC病院では、20ある手術室のうちの一室に「ブラックボックス」を設置する。オランダの病院では初めての試みである。飛行機のブラックボックス(フライト、コックピットレコーダー)と同様、手術室におけるあらゆるデータを再現、分析できる。これにより患者の安全を高めるのが目的。手術中の患者の血圧、体温、心拍などを記録するだけでなく、手術室内の執刀医やアシスタントなどの動きをすべて録画、モニターする。

ブラックボックスの設置準備には2年間の期間を要した。過去にカナダの研修医が実習中...
2016-06-07 続きを読む ▶
職場で上司や同僚からいじめや差別、そして嫌がらせを受けた人は、昨年120万人にも上る。社会問題担当相アッシャー大臣の呼びかけで職場からいじめを無くすキャンペーンが始まる。

被害にあった従業員の多くが病欠を申請。これによる労働損失は年間7日間となっている。さらに、精神的・心理的な苦痛による生産性の低下は、企業にとって大きな損失である。またオランダでの労働上の疾患で一番多いのは、うつ病などの心因性ストレスだが、これにはいじめや差別が大きな原因となっているのも明らかだ。調査研究機関TNOは、こ...
2016-06-06 続きを読む ▶
「オランダ語の入門書は終わったけれども、その先へなかなか進めない」という声をよく耳にします。今回登場した無料アンドロイドアプリ「Vocabula Card Nederlands 1500」は、オランダ語をさらに磨きたいという人向けのアプリです。ちょっとした時間の隙間に利用するだけで、単語力と文章力の向上が期待できます。

日本方式の単語カードに、日本ではおなじみの『単熟語+例文XX000』本を融合して、アプリ化。オランダ語学習の入門書を済ませた後、単語熟語例文を機械的に記憶するス...
2016-06-05 続きを読む ▶
3日金曜日9日間に渡るベルギー国鉄のストが終了したばかりだが、労組は12日(日)から再び7日間のストに入ると発表した。ベルギー国鉄NMBSと労組の話し合いが合理に至らずこの結果となった。先週のストでは、ベルギーのワロン地方を中心に約12000本が運行停止した。ストは貨物輸送にも大きな影響を及ぼし、鉄鋼、化学部門では数千万ユーロの損害があったという。

鉄道労組が要求しているのは、週38時間労働のフレックス化と年金制度の改正である。他の政府関連団体でも労働者の不満は高まっており、最近では刑務所従業員が5週間のス...
2016-06-04 続きを読む ▶
ミシュランの3星を獲得しているオランダ人シェフ、セルジオ・ヘルマン(Sergio Herman)は、6月3日ハーグにフライドポテト店「フリッツ・アトリエ(Frites Atelier)」を開店する。ハーグの他にアムステルダム、ユトレヒト、アーネムでの店も準備中である。ヘルマンは、2005年にゼーランド州のレストラン「アウド・スライス(Oude Sluys)」でミシュラン3星を獲得。その後、アントワープに「ジェーン(Jane)」、ベルギー国境の近くの海辺カッドサンドに「ピュアC(Pure C)」を開店している。

2016-06-03 続きを読む ▶
駐在者の給与の30%が課税対象外になる、いわゆる「30%ルーリング」を見直すことが1日国会で採決された。海外からのオランダ投資を促進するために制定された駐在員のための特別税控除制度だが、会計監査院(Algemeen Rekenkamer)は、この特別措置による税収の損失が7億ユーロ(約800億円)に上ると発表。これを受け、社会党と緑の党が国会審議を求めていた。

現在このルーリングの対象となっているのは約5万人の駐在員で、このほとんどがイギリス人とインド人。年間52000ユーロ以上の給与を受けている外国人従業員が対象で、...
2016-06-02 続きを読む ▶