Portfolio News

オランダニュース

ベルギーの郵政企業Bポストは、オランダのポストNLを買収したい意向である。BポストがポストNLに買収の提示をするのはこれで3度目。このニュースを受け、両社の株価は急上昇した。

ベルギーの大型企業がオランダの上場会社にラブコールを送るのは少なくない。ベルギーのスーパーマーケットチェーン「デレーズ(Delhaize)」は、オランダのアルバートハインなどを経営する「アホールド(Ahold)」に買収され、合併は今年の夏には完了する。ポストNLとBポストは今回の買収意向を「(同等)合併」と呼んでいる。しかし、Bポストは時価総額以外ではすべての面でポストNLより小さい。郵便取扱量、郵便ポスト数、郵便局、従業員数、総売上において、ベルギー側はオランダより劣るのだが、買収する側に回っている。

Bポストの総従業員数は全世界で24,700人。これに対しポストNLは49,000人と約2倍。売上もBポストの24億ユーロに対しポストNLは35億ユーロである。時価総額だけはベルギーが優勢で、株式の51%をベルギー政府が保有している半官半民企業であるBポストtは、時価総額48億ユーロとオランダのポストNLの17億ユーロの約3倍。
2016-05-28
テレグラーフ紙によれば、スキポール空港財団とオランダ政府は、現空港のあるハーレマーメアに第2空港の建設の可能性を探っている。将来的にさらに空港利用が拡大する見込みで、これに対応するために新規に出発・到着ロビーの建設と第7の滑走路の建設計画している。

2015年のスキポール空港利用者は5800万人で、前年より100万人増加している。中央計画局と環境計画局は、2050年には空港利用者数が1億1000万ないし1億7000万人ほどに増えると見込んでいる。2000年には3900万人だった。
このままの割合で増加すると2020年には現在の空港収容能力では対処できなくなる。このためアムステルダムから東60kmにあるレリースタット空港へ利用者を振り分けたり、新規に空港施設を用意するといった解決法が考えられている。

同紙によれば、新ターミナルは現空港の西側、高速道路 A4とA5そしてA9に囲まれた三角地帯が候補地となっている。さらに、新空港とスキポール中央を結ぶ鉄道、そしてもうすぐ完成予定のメトロ南北ラインへの接続も計画に入っているという。
2016-05-27
オランダ中央統計局CBSが発表した統計によると、オランダの億万長者の数が増えている。不動産以外の資産が100万ユーロ(約1億2000万円)以上を億万長者とすると、この数は10万8000人と全人口の1.4%にのぼる。この1.4%が所有する資産総額は3400億ユーロ。富裕層はますます増加傾向にあり、2012年から2014年だけで5%も増加している。

さて、これらのお金持ちはどこに住んでいるのだろうか。
金持ち密度が高いのは、北オランダのブラリカム、ブルーメンダールそしてラーレンで、...
2016-05-26 続きを読む ▶
25日発表された経済開発協力機構(OECD)のリポートによれば、オランダの教育システムとその成果は世界でもトップレベルだが、改善の余地ありだという。15歳の平均学力は欧州の他国に比較すると優れている。しかしながらアジア諸国の同年齢の生徒の学力に比較すると劣る。また個別の教育システムが確立されていないため、潜在能力がありながら十分な学力を発揮できない生徒も少なくない。さらに、小学校卒業時(12歳)という早い時期に進学進路を決めねばならない制度への批判も述べられている。教師養成教育が難しくなったため今後の教師不足も懸念されている。このまま行くと現職教師が大量に定年を迎える2020年には1万人の教師不足が予想される。
2016-05-26 続きを読む ▶
トラベルガイドブック「ロンリー・プラネット」が選んだ2016年の欧州の旅行先トップ10に、オランダのテッセル島(Texel)が選ばれている。ワッデン海に浮かぶこの島は、オランダ人やドイツ人には有名だが、他国ではあまり知られていない。北オランダのデン・ヘルダーからフェリーで20分(3km)にあるテッセル島は、全長25km,幅9kmと小さいが、海岸線に沿った砂丘地帯にはアザラシなど珍しい動植物が生息している。砂はオランダでは珍しい白砂で、ビーチもゆったりとしている。

夏には多数のフェスティバルが開催され、リラックスした雰囲気でイベントを楽しめる。...
2016-05-24 続きを読む ▶
英サッカーチーム「マンチェスター・ユナイテッド」の監督ルイ・ファン・ハール氏は、23日に正式に解任されることになった。2014年に就任して以来、2年間で2億5000万ポンドという巨大な投資をしてきたものの成果は上がらず、今回の解任となった。契約はまだ1年残っているが、チームはファン・ハール氏の解雇を決定。ファン・ハール氏の監督人生は事実上これで終焉となる。

ファン・ハール氏は、20歳でアヤックスでの二軍選手を皮切りにサッカー人生が始まった。1991年にアヤックス監督に就任、UEFAカップでの優勝を成し遂げている。1...
2016-05-24 続きを読む ▶
オランダには2001年に可決された安楽死法がある。治癒の見込みのない病に冒され、耐えられない苦痛に苛まされ、かつ医師の同意があった場合にのみという厳しい条件のもと、安楽死が認められている。しかしこの条件を満たさず、安楽死を望みながら拒否され苦しんでいる人たちも多い。

オランダの安楽死支援団体である「最後の意思組合(Coöperatie Laatste Wil)」と「オランダ自発的人生終焉協会(Vereniging voor een Vrijwillig Levenseinde (NVVE) 」は、これら...
2016-05-23 続きを読む ▶
オランダの観光業者の稼ぎどきであるチューリップのシーズン。予想とは裏腹にアムステルダムへの観光客が減っている。とくに過去数週間、中国人と日本人の観光客が激減しているという。年間40万人の団体観光客が立ち寄るダイヤモンド会社ガッサン・ダイヤモンドでは、今年は例年より8万人減を予測している。チューリップの名所キューケンホフ公園の訪問時期、同社への日本人観光客は75%減と大幅に落ち込んだ。「パリとブリュッセルのテロ事件が影響している。」とオーナーのガッサン氏。中国人は30%減だという。

2016-05-21 続きを読む ▶
10年前オランダで強風に強い「センズ(Senz)」という傘がデルフト大学の学生によって開発された。これまでの傘の常識を変えた前が短く、後ろが長いアシンメトリーなデザインは、激しい雨風にも耐えられるよう、空気力学を用いている。センズ・アンブレラは日本も含めあっという間に世界中に広まった。ところが、これと似たデザインの傘「ストーマキシ」がインプリバ社から発売され、センズは特許権そして意匠権違反だとしこれを提訴していた。しかし、19日のハーグ地方裁判所で、デザインに弱冠の差異があるためインプリバの傘は意匠権違反ではないという判決が下った。裁判所は、強風に耐える傘の形状はあくまでも技術的な根拠から出できたもので、この技術を使う限りデザインの...
2016-05-20 続きを読む ▶
ベルギービールの輸出は好調で2015年には史上最高を記録した。ベルギーで生産するビールのうち1300ヘクトリットルが外国で販売されている。これはビール瓶40億本分に相当し、2014年比8%の増加である。ベルギービール醸造協会会長のファン・デ・ペレ氏は、「ベルギービールは品質、バラエティ、伝統、そしてブランド力」が成功の秘訣だと述べている。

この輸出増加は、中国での(クラフト)ビールへの関心の高さにも後押しされている。中国には2015年だけで50万ヘクトリットルを輸出している。全体ではやはり米国が最...
2016-05-20 続きを読む ▶
オランダサッカー協会(KNVB)は、来シーズンから第一リーグの名門FCトゥエンテを第2リーグへと降格することを決定した。経済面での財政基盤が怪しいものとなっていること、そして選手移籍で不正を行っていた可能性があることなどが降格の理由である。オランダ税務当局は選手移籍にかかわる財務不正に関する内部捜査を開始した。

同クラブは、投資会社ドイエン(Doyen)との取引でのもつれが原因で、20万ユーロの罰金と3年間の欧州での試合停止を命じられている。2014年に7人の選手の移籍に対する報酬を受け取るという条件で、ドイエンは500万ユーロをFCトゥエンテに支...
2016-05-19 続きを読む ▶
オランダの郵便会社ポストNLは、現存する郵便ポストの約半数を撤去する計画である。今後数年で現在1万9千あるポストのうち1万個が消えることになる。インターネットの普及で郵便を利用する人はますます減っている中、新郵便法の施行により、郵便局の閉鎖やポストの撤去が可能になった。これまでの法律では500メートルごとに郵便ポストの設置が義務付けられていたが、新郵便法ではこれが1000メートルとなった。ポストを減らすことで2000万から3000万ユーロのコスト削減が可能になると、ポストNLは試算している。

2016-05-18 続きを読む ▶
オランダではクレジットカードの利用が減少の一途をたどっている。ここ数年店舗でのクレジットカード支払いは3.3%程度だったが、昨年は2.4%にまで落ち込んだ。金額では45億ユーロから33億ユーロへの減少である。クレジットカードの利用が減っていないのはガソリンスタンドとファッション関連の店舗。それでも3%程度である。高額商品で2%、その他では1%以下と利用度は低い。数字にはウェブショップでの支払いは含まれていない。

これに対し、利用度が高まっているのがピンパス(銀行口座から直接支払われるデビット...
2016-05-18 続きを読む ▶
アメリカの百貨店「サックス・フィフス・アベニュー」や「ロード&テイラー」を所有するカナダの企業「ハドソンズ・ベイ・カンパニー(HBC)」は、今後2年以内にオランダで20店舗の百貨店を開店する予定である。3億ユーロ規模の投資が行われるオランダでの展開は、2,500人の新規雇用を生むとされている。HBCはすでにいくつかの不動産物件と賃貸契約を結んでいると発表している。

今年正式に倒産が確定したオランダの百貨店チェーン「V&D」の跡地物件が賃貸の有力候補である。ただし「V&D」という名称は受け継がない。「オランダへの進出はすでに...
2016-05-17 続きを読む ▶
自動車のF1シリーズ第5戦、スペイン・グランプリは15日、モントメロのカタルーニャ・サーキットで決勝が行われ、オランダ人で18歳のマックス・フェルスタッペンが1時間41分40秒017で初優勝し、F1史上最年少優勝を果たした。F1で10代が優勝するのも初めてだが、オランダ勢が優勝したのも史上初である。

このレースはフェルスタッペンのレッドブル・チームでのデビュー戦。4歳でカートレースを始めたフェルスタッペンは、2013年から4輪に移行、その後2015年にF1史上最年少デビューを果たしている。当時は16歳でまだ公道を走れる運転免許は持ってい...
2016-05-15 続きを読む ▶
オランダ国営放送NOSが入手した資料によれば、大手エネルギー企業シェルとエクソンは2005年、フローニンゲンのガス油田でのガス採掘に関する秘密裏の談合が、経済省との間であったことが明らかになった。当時からフローニンゲンでは天然ガス採掘による地震が相次いでおり、地元住民はガス減産を要求していた。ところが、シェルとエクソンは生産量をそれまでのレベルに保持あるいは増産を許可するよう政府に圧力をかけていたと、資料に示されている。資料によれば、ガス生産は2006年から2015年までの10年間で最大4250億立方メートルとなっており、当時政府が公表していた3750億立方メートルをはるかに上回る数字である。
2016-05-13 続きを読む ▶
中国最大手の海運会社コスコ・シッピング(中国遠洋運輸集団)は、ロッテルダム港のコンテナ・ターミナル「ユーロマックス」の株式35%を購入する計画だ。ロッテルダム港を拠点に、この中国国営企業が欧州での海運事業を拡大するのが目的。コスコの子会社であるコスコ・パシフィックはユーロマックスの発行済み株式35%と負債を合わせ、合計1億2千540万ユーロを支払う予定である。

11日には、世界最大のB2Bオンラインマーケットを提供する中国「アリババ」がアムステルダムに拠点を設置した。中国の製品をオランダに輸出するだけでなく、オランダ製...
2016-05-12 続きを読む ▶
アムステルダム市は、難民認定の下りた難民のために1000戸の仮設住宅を新規建設する。市町村が難民のためにこれだけの規模で住宅を建設するのは、オランダ全土で初めて。建設予定地はアムステルダム東部など市内4ヶ所で、2017年の6月には完成予定。新規に建設されるのはあくまでも10年間居住可能という仮設住宅である。

同市は難民が孤立するのを防ぐため、500戸は学生などの若者を入居可能にした。難民と学生が交流し、ある種のコミュニティを形成するという目的である。

2016-05-11 続きを読む ▶
アムステルダム市は、エアビーアンドビー(AirBnB)などの民泊の増加で住民からの苦情が絶えないなか、他の観光都市と協力し問題解決に取り組む。静かな住宅地が観光客による騒音に悩まされるなど、民泊拡大以前にはなかった問題が浮上している。さらにエアビーアンドビーの増加は不動産価格の高騰に密接に関係しており、これは世界中どの観光都市でも頭の痛い問題となっている。シェアリング・エコノミーの花型であったエアビーアンドビーは、当初の理念とは離れ、貧富の差を増長させる一因となりつつある。持つもの(家の所有者)のみが賃貸による所得を得られる。

2016-05-10 続きを読む ▶
南オランダ州はオランダの中で最も貧困層が多いことが中央統計局(CBS)の調査で判明した。7人に1人の子供が低所得の家庭で育っている。その中でもロッテルダム市は貧困率が最も高く、4人に1人の子供が貧困の中で暮らしている。これとは対照的にユトレヒト州の貧困率は最も低く10人に1人となっている。

貧困家庭で育っている子供たちは、学校の遠足に参加できなかったり、スポーツや音楽などの習い事に行けない。また定期的に新しい服を購入することもままならず、1年に1回の家族旅行もできない。ただしオランダの場合、住居や食そして教育費に困ることはほと...
2016-05-09 続きを読む ▶
今年に入り初めて本格的な春が到来する。オランダ全土で、春というよりも夏に近い気温が予想されている。南部リンブルグ州や北ブラバント州、そして西部の砂丘地帯では25度まで気温が上がる。
明日7日土曜日はさらに気温は上昇し25度から27度になる地域もある。気象台によればこの天候は来週の月曜日までは続き、その後若干崩れそう。気温は平均で23度まで上昇するという。
週末はアウトドア・スポーツや水上スポーツに最適である。バーベキューをする人たちも多いと予想される。
2016-05-06 続きを読む ▶
5月4日は第2次世界大戦そしてそれ以降の戦争で命を落とした人々を追悼する日。5日は、オランダがドイツ軍の占領から開放され実質的に戦争が終了した日で、解放記念日として祝賀が行われる。

4日夜はアムステルダムのダム広場にある戦争記念碑の前で国王、女王などが献花する。このほかにも各地で追悼の式が開催される。ユダヤ人が第二次世界大戦中にドイツやポーランドの強制収容所に送られる前に、一時的に集められた通過収容所が、オランダ東部のヴェステルボルクにある。ここではホロコーストで亡くなった人々を追悼する式典が開か...
2016-05-04 続きを読む ▶
オランダ大手電機企業フィリップスは3日、照明部門を新規株式公開(IPO)すると発表した。ユーロネクスト・アムステルダム市場に上場し、株式の25%以上を機関および個人投資家に売り出す。フィリップスはヘルスケア関連部門に注力し、IPO後も照明部門にフィリップスブランドを残すが、数年で全株を放出する計画だ。

フィリップス照明部門はアイントホーフェンに本部を置き、売上(2015年)は75億ユーロ(約9100億円)。新規株式公開後も経営は現体制と変わらず、フィリップスのブランドを継続使用する。同社は1891年に電球の生産を開始、現在のフィリップスの...
2016-05-03 続きを読む ▶
2日、オランダの環境保護団体グリーンピースは、これまで一般に公開されていなかった環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)の詳細をインターネットサイトで公開した。TTIPとは、アジアと米国の間で交渉が行われているTPPの欧州版で、両者間の貿易、投資、雇用、情報の行き来をより自由にするため、関税撤廃のほか各種規制の統一や非関税障壁の削減を目ざしている。

今回グリーンピースが漏洩した文書では農作物、食料や化粧品など欧州で規制あるいは保護されている業種で物議を醸している。食品の安全基準は欧州と米国では大きく異る。欧...
2016-05-03 続きを読む ▶
ベルギー、ブリュッセルのザベンテム国際空港の出発ロビーは再開したが、混乱が続いている。チェックインに3時間以上待たねばならず出発便に間に合わないこともあるという。1日、ベルギーのミシェル首相が正式に空港出発ロビーの一部再開を行い、現在ザベンテム空港は、3月22日のテロ事件後初めて空港の80%が機能する状態に至っている。本日2日から111のチェックイン・デスクが再開している。

空港の外にはテントが2ヶ所設置され、出発ロビーへ向かう人の身体および荷物検査が行われているが、このテントの外で待つ人で長蛇の列ができている。この方法で空港への入...
2016-05-02 続きを読む ▶