Portfolio News

オランダニュース

昨日27日世界規模のサイバー攻撃があり無数のコンピュータがランサムウェアに感染した。オランダではロッテルダム港のAPMコンテナターミナル、薬品会社MSDそして運輸会社TNTなどがこの被害にあっている。コンテナターミナルは閉鎖中である。またAPMターミナルの親会社であるマースク社では世界中の関連会社で被害にあっているという。他の2社でも運営に混乱をきたしている。

ランサムウェアは感染したコンピュータ上でのファイルへのアクセスを不可能にする。上記企業のほかにもコンピューがが感染している企業は数社あり、社内のネットワークはすべて閉鎖しているため深刻な支障をきたしている。オランダ警察は予防策としてサイト内のいくつかのページにアクセスできないようにし、ランサムウェアに対抗しようとしている。現在、このランダムウェアが原因かどうかは明らかではないが、警察が交通違反の報告を中央コンピュータにアクセスできない状態になっており、交通違反は取り締まれない状態だ。

このサイバー攻撃はオランダの他にもロシア、英国、フランス、インド、ポーランドなど世界規模で起きているが、最も被害を被っているのがウクライナ。ウクライナの60%のコンピュータが感染しているという情報もある。ウクライナ政府、銀行、エネルギー企業、キエフ空港などもターゲットとなったため、国内経済は麻痺状態である。

2017-06-28
オランダ全土の小学校教師はワークロード緩和と賃上げを要求し、火曜日1時限の授業をなくすというストを行う。さらに授業のあと午後16時には国会のあるハーグでデモを行う。オランダの小学校では仕事量の多さと給与の低さが問題になっており、この改善を要求しストを行うもので、オランダ全土の小学校の85%である約5500校が参加する。小学校教師の給与は月額2361ユーロ(税引前)から2708ユーロ(同)(参考Loonwijzer.nl)となっており、中高学校の教諭より20%低いという。

インターネット上の請願書には教師だけでなく生徒の親などが28万人が署名している。また10万人の教師たちが実際に署名した請願書を火曜日マーク・ルッテ首相に持ち込む計画だ。

教育省のブスマーカー大臣とデッカー副大臣は月曜日、本年度の予算には賃上げの余裕はないと国会に書面で報告している。不慮のコスト高と生徒数の増加で、予算をすでにオーバーしているというのがその理由らしい。

2017-06-27
オランダの南端リンブルグ州で、国境を接するドイツのアーケンとベルギーのティアンジュを結ぶ90キロに渡る人間の鎖デモが日曜日午後に行われた。約5万人が参加し手をつなぎアーケン、マーストリヒト、リール、そしてティアンジュを隙間なく結んだもの。デモは、ベルギーのティアンジュ(Tiange)とドゥール(Doel)原発の運行停止求めるもの。この原発2基は古く、安全性が疑われている。

ティアンジュとドゥールにある原子力発電所には1970年代の原子炉が数基ありひび割れなどが見つかっている。さらに保安体制にも問題があるとされている。国境を接するオ...
2017-06-26 続きを読む ▶
欧州ヤマト運輸ではフランス・イタリア・スペイン3カ国のワインセットを、送料全て込みの42ユーロで販売致します。欧州から日本まで、クール宅急便でお届けします。暑い夏にキリッと冷えた欧州のワインを、贈り物にいかがでしょうか?
数量限定となっております、お早めにお申し込み下さい!

締切日:2017年7月2日(日) お届け予定日:2017年7月28日(金)頃

2017-06-24 続きを読む ▶
先週からポルトガルで広範囲に及ぶ山火事が起きているが、オランダのワッデン海に浮かぶテルスヘリング島そして北ブラバント州のマリアペールでも木曜日夜から金曜日明け方にかけ森林火災が発生した。ブラバントでの火災では1500mx500mの森が焼失し、その数時間数キロ離れた地点でも第2の火災が発生している。

北ブラバントとテルスヘリング島の森林はいずれも消防車が入りにくい場所にあり消火に時間がかかったが、現在では鎮火している。しかしオランダ南部はこのところの熱波で乾燥しており、森林火災が発生する危険性はまだ高いという。
2017-06-23 続きを読む ▶
2014年から2016年の半ばにかけてオランダに入国したシリアからの難民のほぼ全員が住居を支給されている。中央統計局の調査によればこの期間に9万2千人の難民申請者がオランダに入国している。このうちシリアからの難民は4万6千人そしてエリトレアからが1万3千人となっている。難民申請者はまずCOAと呼ばれる難民センターに収容される。その後滞在許可が下りた人はオランダ各市町村が提供する住居(既存の住宅やオフィスなどを改造した住宅)に移ることができる。現在ではシリア難民申請者の94%が滞在許可を得、90%が自分の住居を得ている。

2017-06-22 続きを読む ▶
詳細は、こちらを御覧ください。https://www.portfolio.nl/bazaar/home/show/1908






2017-06-22 続きを読む ▶
ベルギーのブリュッセル中央駅で火曜日夜激しい爆発があった。爆発物を持った男が構内で爆破したもの。爆弾は釘爆弾と呼ばれるもので、サイズは昨年ブリュッセルのザーベンテム空港とマールベークでのテロ事件で使われたものと同じである。これが本物の爆発物であったら被害はさらに広がっていたと見られている。容疑者は兵士の発砲により死亡している。当局はこれをテロの可能性があると見て捜査を続けている。今回の事件での負傷者は出ていない。

容疑者はブリュッセルのモーレンベーク(Molenbeek)地区出身。前回のテロの...
2017-06-21 続きを読む ▶
オランダの青少年が初めて性交渉を体験する年齢が5年前の17.1歳から18.6歳に上がっている。ルトヘルス研究所と性病・エイズ研究機関が12歳から25歳までの2万人の青少年を対象にした調査の結果である。1960年代から性的交渉には自由なオランダだが、最近は「まだ早すぎる」と考える青少年が増えている。とくに宗教的な背景が強かったり、非西欧出身者にその傾向は強い。

調査機関によれば、最近の青少年は前世代に比較し性に対する興味が低いという。また、性に関し親や友人とオープンに話したり、情報を収集することが5年前の調査より低くな...
2017-06-20 続きを読む ▶
月曜日未明、ロンドンでまたテロ事件が発生し1人が亡くなり10人近くが重軽傷を負った。欧州内で相次いでテロ事件が発生しているが、オランダ国内外でのテロが起きる可能性があると考えている人は70%近いという調査結果が、月曜日中央統計局(CBS)から発表された。ほとんどの人はこれに対処すべき行動を起こしている。例えばトルコなどこれまで人気だった休暇先を取りやめて別の国へ変更するという人が多い。また、人が大勢集まる場所である空港、ショッピングセンター、大きなイベントなどでは注意を払っている。さらに、10人に4人は、大きなリュックサックを担いだ外国人(中東系)には特に気をつけると答えている。ただ、テロを恐れ公共交通機関を利用しないという人は少な...
2017-06-19 続きを読む ▶
「夏休みはどこへ行くの?」というのがオランダでの挨拶になる時期だ。学校が休みになる(地区により時期は違う)6月7月8月は1ヶ月近い休暇を楽しむ人も多い。オランダ人に人気のバケーション先は、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ギリシアだが、宿泊費や食費が一番安いのはギリシアである。オランダ中央統計局(CBS)が欧州統計局ユーロサットの統計を基準にした調査結果によれば、EU平均より20%低い。この中で滞在費が最も高いのがフランス。ホテルや飲食店の価格は欧州平均より約6分の1高い。ドイツやイタリアもスペインやギリシアに比較すると高い。休暇をオランダ国内で過ごすのは交通費は安いが食費や宿泊費は欧州平均より10%高い。
2017-06-16 続きを読む ▶
自転車王国オランダ。その中で最も自転車に優しい都市はユトレヒトという調査結果が、コペンハーゲナイズという団体が発表した。ベロシティという自転車交通に関する国際会議が現在オランダのアーネムとナイメーヘンで開催されているが、この会議で発表されたもの。

コペンハーゲナイズは2011年から2年に1度、都市の自転車交通に関する調査を行い評価している。136の都市を対象に14のカテゴリーを評価するもの。自転車交通政策、インフラ、駐輪場などが含まれる。アムステルダムは2011年と2013年にはオラ...
2017-06-15 続きを読む ▶
オランダの初夏の風物詩である初ニシン。今日13日、スヘーフェニンゲンで最初の競りが行われ、一樽6万5千ユーロで落札された。競り落としたのはフェーネンダールの若い起業家グループ。この値段は昨年スーパーマーケット「プラス」が付けた9万ユーロよりかなり低いが、全額難病の子供たちに寄付される。

さて今年のニシン(ハリング)だが、専門家グループが食したところ非常に満足の行く味とのこと。昨年のハリングも脂がのってクリーミーな味だったが、今年も期待できそうだ。正式には14日水曜日からオランダ全土の魚専門店、スーパーマーケットなどで販売さ...
2017-06-13 続きを読む ▶
3月15日に総選挙が行われてからすでに3ヶ月が過ぎているが、連立政府の樹立はいまだに実現していない。交渉難航の末、1ヶ月前に第2の交渉人としてウィリンク氏が指名され、やっと展望が開いてきたと見られたが、昨日月曜日の自由民主党(VVD)、リベラル民主D66党、キリスト教民主党そして緑の党との交渉も決裂した。交渉は、複数の党で過半数議席を占めるためのもので、第2の党である極右PVV党を避けるために、各党と話し合いが行われてきたが折り合いがつかない。
今回の決裂の決定的な要因となったのは移民政策だとウィリンク氏は述べている。3党がウィリンク氏の提案に同意する中、緑の党は譲らず退場したという。
2017-06-13 続きを読む ▶
今年の夏は紫外線指数(UV インデックス)が10段階で8に上る日が多いと予想される。実際気象専門家のパウルスマ氏は、今年の夏は暑く、さらに激しい降雨も予想している。

同氏によればUVインデックス8というのはオランダでは最高値とみなされている。この指数が高いことは太陽光からくることもあるが、オゾン層破壊による紫外線が強いことを示す。逆に紫外線が強くても必ずしも気温が高いとは言えず、あまり暑くない日でも紫外線が強いということもある。パウルスマ氏は、この現象を地球温暖化の現象だと断言して...
2017-06-12 続きを読む ▶
10日土曜日の夜、アムステルダム中央駅前の歩道に車が侵入し、8名を負傷させるという事件が起きた。このうち2人は重傷。警察はテロの疑いで捜査をしたが、容疑者が誤って車を暴走させてしまった可能性が高いという。

土曜日夜9時ごろ容疑者は中央駅前の駐車禁止の場所に車を停車していた。警察官が近づき運転者に免許を提示させたところ、車を急発進させ歩行者をはねたあと、壁に激突したもの。容疑者は警察に拘束され現在取調べが続いているが、警察によればテロや事件の疑いは低く、容疑者の混乱による事故の可能性が高いという。
2017-06-11 続きを読む ▶
ハーグ市役所は50名の難民を雇用することを決定した。市は民間企業もこれに倣うことを期待している。難民申請を受理されて滞在許可を得た人たちが、職務経験を通しオランダ人社会に融合できるようにすることが目的だという。

移民担当のバルデウシング議員(労働党)は、教育程度に合わせた職務を提供し職務経験を積んでもらうと語っている。難民雇用のための予算は50万ユーロと見積もられる。市役所が用意している職務はあくまでも職務経験を積むものに限られており、給与も月額900ユーロと低い。職務はケータリングの補助からマネジメント・レベルまで履歴によっ...
2017-06-09 続きを読む ▶
米国のピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)の調査によれば、オランダ人が自国の経済に最も楽観的であることが判明した。オランダに続くのがドイツとスエーデンである。一般に開発途上国は次世代には経済環境はもっとよくなっているはずだと考えている人が多い。

調査では各国民が自国経済を評価したが、オランダは87%、続いてドイツが86%,スイスが84%の国民が好調だと答えている。南欧諸国は往々にして悲観的だ。自国の経済が良い方向にあると評価したスペイン人は28%のみ。フランスは21%、イタリアは1...
2017-06-08 続きを読む ▶
アムステルダム市内を歩くとチーズ専門店がいたるところに増えたような気がする。実際、中央統計局の調べによれば10年前と比べ80%増加している。オランダ全土で見ても、値の張るオールド・レーメカー(Oude Remeker)やトリュフ入りチーズなどを売るチーズ専門店の数も25%増加している。
2008年にはアムステルダムのチーズ専門店数は全国平均を下回っていたのが、今ではアムステルダム市民1万5千人に1軒と、全国平均の2万8千人に1軒を大幅に上回っている。

2017-06-07 続きを読む ▶
先週、オランダの東部フーフェラーケン(Hoevelaken)とブンスホーテン(Bunschoten)で14歳の少女2人が行方不明になり、遺体で見つかるという痛ましい事件が起きた。2人は交流関係はなく、全く別の事件として捜査が行われていたが、日曜日の夜中、フーフェラーケンのロミーさんの殺害容疑者として14歳の少年が逮捕された。同じ夜、警察はデン・ボスでブンスホーテンの少女サバンナさんを殺害したと見られる16歳の少年を逮捕したと発表した。

警察の発表によれば、この2つの殺害事件は全く関連性がないという。今回の事件では2...
2017-06-06 続きを読む ▶
欧州連合(EU)加盟国の携帯電話利用者は2017年6月15日から、EU域内の他国にいる間もローミング料なしで通信サービスを利用できるようになる。これまでオランダで携帯プロバイダーを利用していた場合は、欧州内の他国での利用にはローミング使用料が課せられていた。15日からは、域内で携帯電話通話、インターネット、SMS通信はローミング料金が課せられず国内料金で利用できる。

ただしオランダ内で無制限のインターネット利用契約があっても、国外では上限がある(数ギガバイト)場合もある。EU内でローミング料金を廃止する動きは数年前からあり、...
2017-06-05 続きを読む ▶
オランダへの移住者はEU市民以外は市民化試験(Inburguringsexam)を受けなければならない。ところが、移民局(IND)の手違いで、2000人から3000人がこの義務を免除するという知らせを受け取っていたことが判明した。これに対し安全・司法担当のダイクホフ副大臣は、1日事実を認め書面にて謝罪した。

市民化試験免除の規則は2015年1月1日以降厳しくなっている。それ以来約9000人が試験免除措置を受けていたが、このうち2−3000人は以前の規則をもとに免除を受けていたことが発覚したもの。しかし、試験免除を受け滞在許可を得た人たちから、滞...
2017-06-02 続きを読む ▶
ロッテルダムの南、ドルドレヒトに隣接するビネンマース市は水曜日、自然公園にワニらしき動物がいると警察に通報した。アウデマース川に接するカイパースフィアに大きな爬虫類らしき動物がいると散策中の人から通報があり、警察は動物警察と爬虫類捕獲専門家を派遣し調査を開始した。しかしながら、ワニらしき動物は今のところ姿を現していない。
ワニがいると通報された地域は通行止めとなり、通行人に注意を呼びかける看板が設置されている。
またこの付近でワニを見かけた人は市役所か警察に通報するよう呼びかけている。
2017-06-01 続きを読む ▶
ここ10年、オランダ人の喫煙者数は減少の一途をたどっている。しかしながら喫煙する人の間でも男女差や教育レベルの差が目立っている。中央統計局(CBS)がオランダ公衆衛生環境局と共同で調査した結果である。

高学歴者の喫煙率は1989年と比較し約半数に減った。低学歴者の喫煙も減っているが減少率はそれほどでもない。1989年には低学歴者の40%、高学歴者の34%が喫煙していたが、現在ではそれぞれ28%そして18%へと減少している。学歴の低い人は喫煙回数が多いだけでなくヘビースモーカーも多い。
2017-05-31 続きを読む ▶
シェルやINGといった伝統的な企業は、オランダ人の大学生が就職したい企業リストでランクが下がっている。これに変わり台頭しているのが、なんと「テスラ」社だ。米国の先端自動車企業テスラは、アムステルダムに欧州本社を置き、ティルブルグに組み立て工場を設置している。テスラ社は、理系学生の人気トップに躍り出た。
スエーデンのコンサルティング会社ユニバーサムがオランダ人の大学生2万3千人を対象に調査した結果である。テスラ社の人気は創始者のイーロン・マスク氏とエコのイメージによるところが大きい。

2017-05-29 続きを読む ▶