ニュース

アムス/パリ間の特急列車タリス減便
thalys.jpeg
アムステルダムとパリを結ぶ特急列車タリス(Thalys)はしばらくの間運行本数を減らす、と同社が発表した。どの程度の縮小なのか、どのくらいの期間これが続くのかは明らかにしていない。いずれにせよ今週の日曜日には多くの列車が運行を中止する。

先週パリからアムステルダムに向かうタリスが猛暑のため2度途中停車した。火曜日には4時間以上立ち往生していた列車の窓を割って水を取りに行く乗客も出ている。日曜日にも列車の故障で立ち往生するなど問題が次々に起きた。このためタリス用の鉄道を使わずに通常の列車用の鉄道を走るなどの緊急措置が取られたが、ブリュッセルで止まってしまう列車も何本が出た。同社は故障の原因などを調査中である。タリスによれば火曜日と日曜日の故障は関連性はないという。

このような事態に遭遇した乗客には250%の払い戻しをするとタリス社は発表。また日曜日夜ブリュッセルで宿泊を余儀なくされた人にも宿泊施設を提供すると約束した。しかし実際にはホテルは提供されていない。

このところの空港の問題で列車旅行を選ぶ人が増えており、タリスも満席状態が続いている。さらにタリスが減便するとなると、アムステルダムからブリュッセルに向かう急行列車インターシティも満席となる。このためロッテルダムからインターシティに乗る乗客は席を確保できないため、同駅では他の列車を利用するよう呼びかけている。


関連記事

タリスとユーロスター、マスク着用義務。オランダでも。
thalys640.jpg
オランダとベルギーそしてフランスを結ぶ高速列車タリス(Thalys)とユーロスター(Eurostar)で、4日月曜日から乗客のマスク着用が義務付けられる。オランダの公共交通機関内でのコロナウィルス対策としてのマスク着用義務はこれが初めて。

マスクはいわゆるサージカルマスクだけでなく手作りのものでもいいという。「鼻と口がしっかり隠れ、飛沫が遮断できればいい。」とユーロスター。ちなみに4月30日開通予定だったアムステルダム・ロンドン直行のユーロスターは、コロナ危機により延期されている。フランスでは5月11日から、ベルギーでは5月4日からの公共交通機関でのマスク着用が義務付けられた。列車内だけでなくホームや駅舎内も同様だ。ベルギー鉄道NMBSでは、駅の自動販売機でマスクが購入できるようになった。
オランダ政府はマスク着用は医療関係者以外では「勧められない」という立場を変えていないが、公共交通機関は乗客間の距離を1.5メートルとるのが難しいため、マスクの着用義務化を訴えている。

タリス、ユーロスター車内でパスポート提示義務化
欧州を走る国際列車でパスポート提示が義務付けられる。ベルギー、オランダ、フランス、イギリスがこの義務化に同意した。実際の運用に関してはこれから国際高速列車タリス(Thalys)とユーロスター(Eurostar)と討議に入る。これまではシェンゲン内では基本的に国境での入国審査はなかった
このパスポート・チェックの義務化で、乗客リストが作られることになる。犯罪者などが列車に乗っていないかを調べるのが目的だ。さらに切符購入の際の名前とパスポート(あるいはID)の名前が一致するかどうかもチェックされる。実際にパスポート検査を行うのは、列車に乗っている車掌になる可能性が高い。

しかしタリスやユーロスター運営会社、そして乗客団体は、この乗客リストの作成には疑問を投げかけている。まず時間がかかりすぎ遅延が発生すること、そして費用がかかりすぎる。これを避けるために車を利用する人が増えるのではという懸念も示している。

国際特急列車タリス内における立てこもり事件の発生に伴う注意喚起
2015年09月18日

在留邦人の皆様へ

1.18日午前7時30分(当地時間),ロッテルダム中央駅に停車中の国際特急列車タリス内に,男がトイレに立てこもる事件が発生しました。乗客は全員無事に避難し,犯人の男が拘束されたことが発表されましたが,警察は背景や動機を捜査しています。

2.8月21日に発生したタリス列車内での発砲事件をうけて,オランダ政府は国境をまたがる国際列車の警戒を強化し,各国関係当局間の連携が協議しているところです。すでに広域情報「国際特急列車タリス内における発砲事件の発生に伴う注意喚起」(8月23日付)でお知らせしたとおりですが,今回のような事件の発生もあり,引き続き,テロ事件を含め不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。
つきましては,国際列車を利用される方やテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

3.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

外務省「国際特急列車タリス内における発砲事件の発生に伴う注意喚起」
23日,外務省は広域情報「国際特急列車タリス内における発砲事件の発生に伴う注意喚起」を発出しました。内容は以下のとおりです。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C260

1.21日夕刻(現地時間),フランス北部パ・ドゥ・カレ県アラス市付近を走行中の国際特急列車タリス(アムステルダム発ブリュッセル経由パリ行き)内において,男が発砲した後刃物を振り回し,乗客2名が負傷する事件が発生しました。犯人の男は拘束されましたが,複数の武器を携行していたことが判明しており,現在治安当局が事件の背景や動機を捜査しています。

2.22日,フランス内務大臣は,現在パリを含むイル・ド・フランス州に実施されているテロ警戒レベル(最高レベルである「攻撃の警戒」)を国内各地の駅,空港,地下鉄,高速鉄道,路面電車及び列車においても適用することを決定し,国境をまたがる国際列車の警戒についても,各国関係当局との連携を検討しています。

3.つきましては,フランス及び近隣諸国へ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件を含め不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,フランスや近隣諸国において国際列車を利用されている方は,今回,銃火器を持った個人が国際列車内で犯行を起こし,負傷者が発生したという事実を十分認識し,注意してください。また,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

4.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html" target="_blank">http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。