ニュース

ドイツやベルギーを襲った大洪水、オランダ南部でも被害
overstroming.png
豪雨による川の氾濫で起きた大洪水で、ドイツでは81人が死亡1000人以上が行方不明となっている。ベルギーでもリエージュ付近で大洪水が発生し、少なくとも4人が亡くなっている。この洪水はドイツやベルギーに隣接するオランダのリンブルグ州の南部にも及び、大きな被害を出している。とくに、ルールモントやファルケンブルグでの被害は深刻である。

洪水はドイツのライン川沿岸、そしてこの支流であるマース川沿いのベルギーそしてオランダの南部を襲った。オランダでも床上浸水のみならず、車が流されるほどの高水位となり、住民や家畜が避難することになった。今朝3時には、マーストリヒトを流れるマース川の推移が最高位に達している。昨日まで深刻な洪水に見舞われていたベルギー国境に隣接する南リンブルグ州の水位は少しずつ下がるとともに、これが北部に移動している。マース川の水量は、通常の夏の水量の76倍に達しており、マーストリヒトの南のアイスデンでは、アムステルダム標準水位(NAP)を50メートル超えている。

被害額などはまだ算出されていないが、ルッテ首相は洪水による損失は国が補償すると発表している。
この豪雨は気候変動の結果だと言われている。また、ライン川やその支流の川の流れを、昔の曲がりくねったものからコンクリートで固めた真っ直ぐなものに変えてしまったことで、地中に水を貯めることが不可能になってしまったことも原因だ。


関連記事

リンブルグ州を襲った洪水への寄付金サイトに500万ユーロ
valkenburg2.png
先週リンブルグ州を襲ったマース川の氾濫による大洪水で、ファルケンブルグなどの街で多くの人が家を失ったり浸水による破損を被っている。損害に対してはほぼ保険がカバーしたり政府も補償をすると発表しているが、カバーされない部分も多い。
11ヶ月間のロックダウンで閉鎖されていた飲食店などは、やっと再開できたばかりの時に、ときには天井まで泥水に浸かるという不運に見舞われた。精神的な痛手も大きい。

国内の自然災害の損害に対する寄付を募る国内自然災害基金は、すでに500万ユーロの寄付金が集まったと昨夜発表した。1日で10万5000人が寄付を実施し、一人平均47ユーロだったという。寄付口座はGiro777。

今回の災害はドイツやベルギーのように死者や行方不明者は出ていないが、建物や道路そして畑などへの被害が大きい。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。