ニュース

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」リサーチで新しい発見
ハーグにあるマウリッツハイス美術館は、2年前から行われているフェルメール作の「真珠の耳飾りの少女」国際共同研究プロジェクトで新しい発見があったと28日発表した。世界で最も有名で美しい絵画のひとつである1665年(推定)にオランダのヨハネス・フェルメールによって描かれた「真珠の耳飾りの少女」。この作品にはまだ謎がたくさん隠されていた。25年前にも同様なリサーチが行われたが、その後絵画解析技術が驚くほど進歩したことで、今回の新発見があったという。

フェルメールはどのようにしてこの素晴らしい絵画を描いたのか?現在見えている絵画の下には何が隠されているのか?どのような顔料を使用したのか?そしてその顔料はどのようにして入手したのか?フェルメールのアトリエから出てから絵画はどのような変更を施されたのか?などの疑問に今回のリサーチは答えている。

一番の発見は、背景。これまで単なる暗いスペースだと考えられていたが、実際には緑色のカーテンだった。数世紀の間の化学変化などでカーテンは全く消え失せていた。さらに、フェルメールは作画中に構成を変えていた。耳の位置、スカーフの形、首の後ろの線など場所がずれていた。
また今回のリサーチでわかったのは、フェルメールは下絵を茶色と黒の様々な色調で描いていたことも、赤外線イメージ検査でこれが判明したのだ。

フェルメールが使用した色の顔料は世界中から取り寄せられたものだということも判明した。当時、(現在の)メキシコ、中米、イギリス、アジア、カリブ海の各地で採掘されていた顔料だ。誰もが目を惹かれるターバンの青(ウルトラマリンブルー)は、現在のアフガニスタンから持ち込まれたラピスラズリ石を原料としている。フェルメールが絵画を制作していた17世紀当時、このラピスラズリは金よりも高価だった。またリサーチでは、石をまず高熱で熱し、これを砕いて顔料にしていたこともわかった。これによりより鮮やかな青が生まれるのだ。

さてこの少女が誰であったのかという疑問だが、これについてはまだ謎のままだ。ただ、現在少女の目にはまつげが全くないが、レントゲン写真によればフェルメールはうすいまつげを描いていたということが判明した。「今回の発表はまだ中間報告。今後解析技術の発展によりもっと多くの発見があるはず。」とマウリッツハイス館長。


関連記事

フェルメール「真珠の首飾りの少女」、最新ハイテク機による謎の解明を一般公開
26日午後、ハーグのマウリッツハイス美術館でヨハネス・フェルメール(1632-1675)の描いた「真珠の首飾りの少女」のハイテク機器を駆使した科学的解析が始まった。世界で最も有名な少女のひとりである謎の微笑みをたたえた「真珠の首飾りの少女」は劣化が始まり修復が必要になりつつあり、このための精査である。専門家による緻密な精査はガラス張りのアトリエで行われるため一般の人も様子を見ることができる。

この肖像画が最後に検証されたのは1994年のことだ。当時、修復プロジェクトの一環として、この極めて貴重な作品から塗料のサンプルが研究用に採取された。その後テクノロジーは大きな進化を遂げており、マウリッツハイス美術館によれば、今ではスキャナとX線装置を使えば、キャンバスの表面に触れなくても、フェルメールがこの少女をどのように描き、どのような塗料を用いたかがわかるという。これは修復作業に大きな貢献となる。

マウリッツハイスの館長は「この少女が元々どのような姿だったのかを、最も正確に推測できる」とこの精査に意欲的だ。2週間の調査期間中に収集したデータが、この少女に関する多数の疑問への答えを提供してくれるものと期待を寄せる。レンブラントなどの他の有名画家の技法が解明されているのとは対象的に、フェルメールの画法はほとんど解明されていない。フェルメールは実際どのようにしてこの絵を仕上げたのか。どこから描き始めたのか。表面の下の層はどうなっているのか。どのような塗料を使ったのか。塗料はどこから入手したのか、といった疑問が、今回の精査で解明されるのではと期待されている。

「スポットを浴びる少女」と題された今回の科学的分析の一般公開は、3月11日まで。

マウリッツハイス美術館で英王室所蔵の「フェルメールと同時代の作家」展
9月29日から2017年の1月8日まで、ハーグのマウリッツハイス美術館で「At home in Holland」展が開催されている。今回展示されるのは、イギリスの王室が所蔵するフェルメールと同時代の作家コレクションである。
作品は何世紀にもわたって王室が集めてきたものだが、通常はバッキンガム宮殿の奥にしまいこまれている。この中からマウリッツハイス美術館は22点を展示する。
今回展示されているのは、フェルメールの他、テル・ボルフ、ダウ、デ・ホーク、メッツそしてスタインの作品。展示会のタイトルが示すように、オランダの家の中で繰り広げられる生活を描いているものが中心である。
他の美術館では見られないオランダ黄金期の作品を見るチャンスである。

日時:2016年9月28日-2017年1月8日
場所:ハーグ、マウリッツハイス美術館 Plein 29、2511CS Den Haag

フェルメール作「デルフトの小道」の場所が特定される
17世紀のオランダを代表する画家フェルメールが手がけた現存する二枚の風景画作品の内のひとつ「デルフトの小道」。これまで多くの専門家たちがこの絵が描かれた場所を特定しようと試みてきたが、どれも決定的ではなかった。

このたびアムステルダム大学の美術史教授フランス・グレイゼンハウト氏が、この小道がデルフトのフラミング通り(Vlamingstraat)40−42であるという説を発表したが、どうやらこれは決定的らしい。同教授は当時(1658年)の納税書類を徹底的に調べ、運河沿いの家の持ち主が運河の保全にどれだけ支払っていたかを洗いだした。税額は家の幅で決まっていたため、納税額から逆算して、当時のすべての家と路地の幅を特定したのである。この結果、教授はフェルメールが描いた家の場所がフラミング通り40−42であると結論づけた。現在建っている家は19世紀のものだが、路地の門は当時とほぼ同じである。

この作品はアムステルダムの国立美術館に展示されている。

フェルメールの「聖プラクセディス」約10億円で落札されるが真贋はいまだ不明
オランダの誇る画家ヨハネス・フェルメールが描いたとされる作品「聖プラクセディス」が昨夜ロンドンのオークションハウスにて785万ユーロ(約10億円)で落札された。オークションハウスであるクリスティーズはこの作品の予想価格を800万から1000万ユーロとしていた。この予想価格を下回る落札価格はこの作品が本当にフェルメールのものであるか否かの疑惑が残っていることにある。この価格は本物のフェルメールだとすればあまりにも安く、偽物だとすれば高すぎであることで、クリスティーズはさらなる調査を進めるとしてこれまでオークションを延期していた。

この作品は米国のフェルメール専門家によれば、17世紀のイタリア人画家フェリーチェ・フィチェレッリの、古代ローマ時代の殉教者とキリスト教の聖人プラクセディス を描いた絵画の模写だという。この作品がフェルメールの真作であれば、現存するフェルメールの作品の中で最初期の絵画作品となる。
アムステルダム国立博物館の調査ではこの作品はフェルメールの若かった頃の作品だとしている。DNAテストの類で行った調査でも白い絵の具が別の作品と同じものであると裏付けられている。

しかしながら、フェルメール作品を多く蔵するマウリッツハイス美術館の前館長は筆の使い方などからこの作品真偽に疑問を呈している。2010年に同美術館で行われた「若かりし頃のフェルメール展」にもこの作品は展示されていない。


JTB春の遠足!デルフト絵付け体験とフェルメール
大変お待たせしました!
ぽかぽか陽気で気持ちの良い季節となりました「春の遠足」のご案内です。
テーマは「デルフトとフェルメール」。
お勧めポイントは、「ロイヤルデルフトでの絵付け体験」世界でたった一つだけのあなただけのデルフトブルーを作りましょう。 
作品はロイヤルデルフト工房にて仕上げてもらい、後日皆様のご自宅へ届きます。
さらに、入口に飾られた数々のトロフィーが物語る「オランダで最も美味しいサンドウィッチの店」にて昼食後、フェルメールが埋葬されている、パステル調のステンドグラスが素晴らしい旧教会と、歴代オランダ王家の人々が葬られている新教会を見学します。(ガイドがわかり易くご案内します)
旅の最後は、ハーグ市立美術館にてフェルメール「デルフトの眺望」を始め数々の名画を鑑賞いただきます。
日本語ガイドが同行しますのでこの春、日本から呼寄せていらしているご家族、ご友人の皆様にも安心してご参加いただけます。

日時 : 2014年5月1日(木) 9:00出発~18:00(予定)
集合&解散場所: アムステルパーク駐車場 (アムステルダム市内)
お申込&お問合せ: Tel: 020-5709 880 又はE-mail (5709880_nl@jtb-europe.com) にて
主催   : JTB アムステルダム支店 
** 4月1日より、ホームページが新しくなりました **  

マウリッツハウス美術館の再オープンを記念して、8月9日(土)、8月16日(土)にフェルメールのあの名画「真珠の耳飾りの少女」に会いに行くツアーを企画しております。このツアーでは、ライデンの散策とシーボルトが日本から持ち帰り、今では日本でも見れない希少な数々を展示する「シーボルトハウス」も訪ねます。 ご期待ください!

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。