ニュース

プロジェクト「ここにいる」
kokoniiru_portfolio-640x320.jpg
プロジェクト「ここにいる」 はインタビューにご協力くださる方を募集しています。
https://jaccu.nl/ja/ここにいる/


「ここにいる」は、ユトレヒト州在住の日本人がもつ記憶や思い出の品を収集した展覧会であり、JACCU(Stichting Japanese Art & Culture Centre of Utrecht) のアーティスティック・ディレクターらによって行われる、社会的・芸術的リサーチプロジェクトです。

このプロジェクトが目指すのは、個人的な記憶や思い、ユトレヒトとの繋がりを記録することで、ここに暮らす日本人の生活のリアルな姿をコラージュのようにして浮かび上がらせることです。インタビューで語られたストーリーに加え、語られた記憶を象徴するモノを収集し、リサーチ資料としてアーカイブしていきます。
集められた資料は、ユトレヒトのBibliotheek Neudeにおいて、日本人のライフストーリのアーカイブとして10月から11月にかけて展示される予定です。

本プロジェクトは、ユトレヒトの多様性を祝う2022年の祝典「Utrecht 900 Jaar」へ参画しています。
より多くの日本人がコミュニティへの扉を開き、地域とのつながりを考え、この盛大な祝典に関わる機会になれば幸いです。


*** インタビューにご協力ください ***

対象:ユトレヒト州在住で日本にルーツをお持ちの方
永住や短期留学など、居住の長さ・期限は問いません。
日本で育ちオランダに移住された方以外にも、親が日本人で日本国外で育った方なども、インタビューの対象です。

既に何人もの方にご協力いただいておりますが、女性の参加者が多く、男性の方にも是非ご協力頂ければ幸いです!

インタビューの長さ:45分程度

詳細はウェブサイトをご覧頂くか、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先
JACCU - Stichting Japanese Art & Culture Centre of Utrecht
松下 裕子 (Hiroko Matsushita)
タージセル・セヴィンチ(Taciser Sevinc)

www.jaccu.nl
info@jaccu.nl
Instagram / Facebook @jaccunederland


関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。