ニュース

フェイスブックとインスタグラムで「ズワルトピート」画像禁止に
zwarte_piet.jpg
オランダやベルギーの12月の行事であるシントニコラス祭。このお祭りに絶対不可欠である聖ニコラスの黒人従者「ズワルトピート(Zwarte Piet)」の画像の投稿がフェイスブックとインスタグラムで禁止されることになった。顔を炭で真っ黒に塗ったり、アフロヘアや真っ赤な大きな唇などといった固定観念に凝り固まったズワルトピート像が対象になる。

フェイスブックは、今後ピートが人種差別的な似顔絵(カリカチュア)として描かれている場合には投稿を削除すると発表した。ただし、中立的な立場でズワルトピートを語ったり人種差別について述べる場合には画像の投稿は例外となる。異常に大きなイヤリングや大きくて赤い唇といった過去に黒人を描くときに使われていた画像は、人種差別的だとみなされる。そしてこの規則はこれから投稿されるものだけでなく、過去にアップされたものにも適用される。

フェイスブックとインスタグラムを所有するフェイスブック社は、今回の方針はズワルト・ピートだけに適用されるものではなく、世界的にブラックフェイスの投稿に適用されるものだと強調している。

フェイスブックは、ブラックフェイスを禁止するだけでなく、 巨大な鼻などの固定観念で描かれたユダヤ人像なども禁止する。方針のページには、人種、国籍、宗教、性、疾病や障害での差別を助長するヘイトスピーチを禁止すると書かれている。
米国では今年の5月に起きた警官による黒人殺害事件を受け、黒人の権利を守るという運動が広まっており、フェイスブックの今回の措置はこれを踏襲したものである。オランダではズワルトピートに関し、人種差別的なので禁止すべきという意見と、伝統的な行事なので続けるべきだという意見で割れている。



関連記事

オランダ最大のウェブショップ、「ズワルトピート」製品すべて排除に
bolcom.png
オランダ最大のウェブショップ「Bol.com」は、ズワルトピート(黒いピート、Zwarte Piet、シントニコラスの黒人従者)という名称がついた製品すべての販売を中止すると発表した。すべてのカテゴリーで「ピート」という名がついた製品は消える。ズワルトピートはオランダで最も重要なお祭りであるシントニコラス(シンタクラース)祭に欠かせない黒人従者だが、過去の奴隷制度を想起するなど国内外からの批判で、顔を黒く墨で塗りたくるといった習慣が見直されている。フェイスブックやインスタグラムでも同様な画像が削除されるようになった。フェイスブックとインスタグラムで「ズワルトピート」画像禁止に

「Bol.com」ではすでに昨年から、顔を黒く塗った人の画像の掲載を禁止している。さらにズワルトピートに付きものである黒いカツラや金のイヤリングなどの画像も同様だ。

同サイトが排除するのはズワルト・ピートだけでない。すべての「差別的」な意味合いを持つ製品や文章をサイトから削除するという。サイトを訪れる顧客が気持ちよく買い物ができるようにという配慮だと「Bol.com」



ズワルトピート(黒人従者)に関するルッテ首相の見解一転?
zwartpiet.png
オランダにおける反人種差別デモに関する国会討論で、ルッテ首相はオランダの伝統行事であるシンタクラース祭に欠かせない黒人従者ズワルトピートに関する意見を発表した。オランダの子どもたちにとってクリスマス以上に重要な行事「シンタクラース祭」。スペインから船に乗ってやってくるシンタクラース(聖ニコラス)は白い馬に乗り数人の黒人従者ズワルトピート(黒いピート)を従えている。子どもたちはこのお祭りの期間、毎日プレゼントを貰える。

2013年、国連がこのズワルトピートを人種差別だと批判するという事態が起き、オランダ国内で反ズワルトピート派と伝統を守りたい保持派が対立した。一部の市町村では黒いピートを廃止し、顔を茶色に塗るなどの措置を取ってきた。これまでルッテ首相は伝統を守るという立場を通していたが、今回の米国の警官による黒人殺人事件とオランダにおける反人種差別デモに直面し、ズワルトピートがどれだけ人種差別を煽っているかを痛感したと延べた。シンタクラース祭での黒人が辛い思いをすることをなくしたい。と首相はこれまでの立場を一転した。「数年後には顔を黒く塗ったピートは消え去るだろう。」と首相。ただし政府によるズワルトピートの廃絶や規制は考えていない。

オランダでの(構造的)人種差別は根が深く、税務署などの政府機関、労働市場、そして住宅市場でも公然と行われている。首相はこの差別の撤廃に乗り出すようだ。

反ズワルトピート団体、人種差別裁判で敗訴
オランダの冬の風物詩であるシンタクラース祭。赤い服を着たシンタクラースに付き添うのは顔を炭で塗り、真っ赤な唇と大きなイヤリングをつけた黒人の従者(ズワルトピートZwart Piet)たちである。このオランダの伝統行事に対し、黒人を奴隷扱いする人種差別だとして反対を表明する人がここ数年増えてきた。また国連の人種差別撤廃委員会も2015年にこの問題を指摘し、オランダ政府に対し廃止を検討するよう求めている。しかしながらオランダ政府は各市町村に決定を委ねるのみで、積極的な話し合いは行っていない。

今年はオランダ北部の風車が並ぶザーンセ・スカンスがシンタクラースの上陸地点となるが、この地で反ズワルトピートを唱える団体「マジョリティ・パースペクティブ」が政府やザーンセ・スカンスのあるザーンダム市などを相手に訴訟を開始した。14日、ハーレムの地方裁判所で「ザーンダムから行進するズワルトピートは、外見を変更する必要はない」という判決を発表、「マジョリティ・パースペクティブ」の敗訴が決定した。判決は人種差別という観点には触れず、反ズワルトピート団体が訴訟相手のザーンダム市との間に事前の話し合いをもたずに突然訴訟に出たというのが、訴えを退ける理由となった。ただし判事は判決のあと「表現の自由」を尊重したと述べている。

ザーンダム市は判決前にすでにピートの外見を変更したと語っている。これまでも他の市町村で典型的な黒人奴隷を彷彿させる外見をとりやめているところも出ている。国民の間でも伝統を守るべきだとする人たちと、人種差別の典型であるズワルトピートは廃止すべきだという意見が二分している。

アムステルダムでまたズワルトピート論争
オランダの冬の風物詩であるシンタクラース。従者を従いスペインから船でオランダに上陸し、子どもにプレゼントを配る風習で、一説によればこれがアメリカに渡りサンタクロースになったというもの。この従者であるズワルトピート(黒人のピート)が、人種差別だとして毎年この時期になると問題になる。一部の市町村では、顔を黒く塗らずに茶色やベージュにするなど工夫を凝らし「従者=黒人」という図を避けている。さて、アムステルダム市では今年のピートは16世紀のスペイン貴族(あるいは金持ちの商人)風の装いにすることに決定した。

しかしながら、このスペイン人貴族というのが過去の奴隷商人と植民地主義を彷彿とさせるとして、また批判の対象となっている。今回の衣装は16世紀のスペイン人商人のもので焦げ茶色のカツラをつける。

オランダから奴隷制度が廃止されて150年になるが、「過去の奴隷制度を考える会(LPS)」が今回の決定について、「子どもに間違ったイメージを与える」とし批判する書簡をアムステルダム市に送った。16世紀のスペイン人商人(貴族)は、当時アフリカ人を蹂躙し奴隷として人身売買を行っていた。LDPはこれを犯罪だと断言している。

シンタクラース一行のオランダ入りは11月19日。

オランダの民放RTLは、今年から黒人ズワルトピートを中止。論争に終止符か。
オランダの風物詩であるシンタクラース祭りにかかせない黒人の従者ズワルト・ピート。毎年この時期になると顔を真っ黒に塗ったズワルト・ピートは人種差別だとして問題になる。市町村によっては、顔を茶色くしたり、全く登場させなかったりと工夫をこらしてきた。
この論争に終止符を打とうと、民放局RTLは、今年から煙突の煤で汚れた顔のピートを登場させることに決定した。国内省大臣で副総理であるアッシャー氏は、RTLテレビの試みに対し「伝統を変える時期がきた。」と大きな賛意を寄せている。

シンタクラース(シント・ニコラス)祭りは12月5日のオランダ上陸前に11月9日あたりから子どもたちが祝うお祭り。毎日靴の中にシンタクラースが乗ってくる馬にあげるという人参を入れて、プレゼントを待つ。シンタクラースと従者のズワルト・ピートは、煙突から家の中に入ってくると子どもたちは信じている。

RTLがシンタクラース番組に登場させる煙突の煤をつけたピートは、黒いという意味のズワルト(zwart)を取り去り、単に「ピート」と呼ぶ。オランダでは、ズワルト・ピートは黒人差別であるという反対者と、伝統を守るべきであるという賛成者の両派に分かれ、長い間討論が続けられてきたが、同意に達することはなかった。このススがついたピートには、どちらの派にも問題なく受け入れられるに違いない。
(画像:RTL)