ニュース

ストロープ・ワッフル、米プロスポーツ選手の間でヒット
オランダの伝統的なお菓子であるストロープ・ワッフル(薄いワッフルの間にシロップを入れてはさんで焼いたもの)が、アメリカのスポーツ界で人気を呼んでいる。バスケットのNBAでは、選手が試合中のエネルギーを保持するために食べている。

ストロープワッフルは近年米国に紹介されたお菓子だが、スポーツ選手たちが食べているシーンがテレビなどで放映され、SNSを通じ爆発的に広まったようだ。

米国企業ハニー・スティンガー社は、NBAに所属する全30チームのうち18チームにこのストローフ・ワッフルを納めている。選手たちは糖分を補うためにこれを食べているのだが、スポーツ用にこのワーフェルは通常のキャラメルシロップの代わりに、蜂蜜を挟んでいる。

アメリカでこのオランダのお菓子が広まったのは2015年にユナイテッド航空が機内で配ったのが始まりだ。ユナイテッドは2018年にストロープ・ワーフェルの機内配布を中止したところ、苦情の嵐にあったため、カムバックさせたという経緯がある。
さらに、マクドナルドもストロープワッフルのアイスクリーム「マックフラリー」を昨年夏から導入して以来、爆発的に広まったという。それ以来、ストロープ・ワッフルは米国全土へと広まっていったらしい。
ストロープ・ワッフルは単に糖分の塊だが、味がアメリカ人に受けているらしい。そういえばアムステルダムでは、観光客向けに各種トッピングを選べる新しいストロープ・ワッフルの店が雨後の筍のごとくできている。


コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん