ニュース

アムステルダム、ビジネス機会や人口ますます増加
今後アムステルダムはますます人口が増え、事業数も拡大し、仕事口も増えていくと予想されている。

アムステルダムはここ数年、経済的、文化的な面でいっそう魅力的になり人やビジネスを集めている。店舗、大気汚染、強盗といったネガティブな点も年々減り続けており、さらに人やビジネスを惹きつけている。アムステルダム市のリサーチによれば、このまま人口が増え続けると2031年には100万人を超す見込みである。しかし、アムステルダムを去る人もこれまでにないほど増えているのも事実だ。

経済の順調に伸びており、2016年には5.9%、2018年には3.3%の成長を記録した。新規ビジネスも昨年だけで12万件登録された。全人口の48万人は就労年齢で、このうち45万8000人が働いている。これは2014年と比較すると10%の拡大だ。

ただ、経済成長は見込まれるものの住宅供給状況は悪い。子供のいる家族用のやや大きめな住宅と、比較的安い仕事を始めたばかりの人のための住宅が、圧倒的に不足している。アムステルダムを去る人が多いのはこのためだ。現在アムステルダムの人口は86万人。このうち4万7千人が街を出た。1970年代にも(出稼ぎ労働の移民を避け)アムスを去る人が続出したが、当時はプルメレンド、アルメールそしてレリースタットという不動産が安い場所が行き先だった。現在は、価格が高いハーレム、ザーンダムそしてアムステルフェーンといった近郊に移る人が多い。

ここ数十年で最も変わったことといえば、旅行者の爆発的増加である。市の中心地だけを見ると住人100人に対し20人の旅行者といった具合である。そして昔は春から夏にかけてしか観光客は来なかったが、今では年間を通して観光客であふれている。

ビジネスの拡大と、人口増、そして環境客の増加により、市の税収は増えている。そして税収によりさらなる経済成長を促進している。また若者や弱者への福祉の充実へも取り組んでいる。


関連記事

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加
アムステルダムへの観光客が爆発的に増えているが、これにともなうホテルの部屋数も増加している。過去5年で7700部屋増えており、これは25%の増加である。市内の中心地だけを見ると40%も増加している。中央統計局が発表したこの数字には、エアビーアンドビーなどの民泊は含まれていない。

観光客の増加による観光公害対策として、アムステルダム市はここ数年訪問者数を減らす努力をしてきた。2016年からはホテルの新設申請に許可を出していない。ただ、アムステルダムを訪れるのは観光客だけでなくビジネスのための出張者も少なくない。このため宿泊設備の増加は止む得ないというのが現状だ。

ホテル新設の禁止が出る前に申請した建設計画もあるので、ホテル客室数は今年も増える見込みだ。アムステルダムのRAI会議場に本日オープンするホテルNhowは、650室というアムステルダムでも最大のホテルだ。今年の終わりには、同じくRAIに440室のファン・デル・ファルクホテルと579室のホリデーイン・エクスプレスができる予定だ。

アムステルダム市によれば、ホテル客室数の増加は今年を最後に止まる予定だという。ただし、ホテル客室数が頭打ちになったところで観光客の数は減らない。アムステルダムの周辺のザーンスタット、ホーフトドルプ、アルメア、アールスメールそしてずいぶんと離れたレリースタットにも観光客向けのホテル建設が計画されている。計画がすべて実施されれば、周辺地区にあと14,000客室が増える見込みだ。(画像はRAIのNhow)

アムステルダムのメトロ南北線、スキポール空港まで延長に
アムステルダムを南北に走る地下鉄南北線は10年以内にアムステルダム南駅からホーフトドルプまで延長される。建設には30億ユーロの費用が見積もられている。経路は高速道路A4に沿ってほぼ地上を走るという。

これまでスキポール空港へは車か列車あるいはバスでの移動しかなかったが、インフラと治水省コーラ・ファン・ニューウェンハウゼン大臣によれば、この新メトロ路線により多くの人が利を得るだけでなく、環境保護にも貢献するという。

新メトロ線の建設には30億ユーロという莫大な費用が計上されている。アムステルダム市やオランダ鉄道など7つの機関が関わっており、それぞれ予算を計上しているが、オランダ政府からも必要ならば資金の提供があるという。

アムステルダム・ライト・フェスティバル(11月28日から1月19日)
寒くて暗い日々に心に灯をともしてくれる、建物や街路のライトアップ。毎年11月末から1月にかけてアムステルダムではライト・フェスティバルが開催され、ライトを使ったアートが展示される。歴史的な町並みを背景に、オランダそして国外のアーティストが、200点の作品を披露する。この200の作品はなんと1800人の応募者から選ばれたものだ。

これらのライトアート作品を見るために、ボートツアーやウォーキングツアーが用意されているので、これに参加するのもいい。もちろん自分で歩いて回ることも可能。
今年のテーマは「Disrupt!」で、ちょっと目の邪魔になるもの、驚くものを見せるらしい。

人手不足でアムステルダムの病院の一部閉鎖に
アムステルダム東部の総合病院OLVGは、年内に循環器科と癌科の看護病棟を閉鎖する。専門の看護師が不足しているのが理由だ。12月にはもう手が回らない状態にあると同病院。12月1日から循環器とガン患者の看護病棟では新規患者は受け付けない方針である。12月11日には同科の患者と従業員は同じOLVGのアムステルダム西部に移転する。看護担当人員の不足で、アムステルダムの東と西に同じ病棟があることで、運営がきびしくなっている。このため、すべてアムステルダム西のOLVGに移転させるという。移動するのは看護病棟のみで、同じ科の日帰り入院や治療はこれまでどおり東OLVGにとどまる。

同病院によれば、ここ数ヶ月のうちにこれらの病気に特化した専門看護師が5人も退職しており、12月には入院患者を受け付けられなくなったと同病院。
看護師不足はオランダでも深刻な問題となっている。医療介護分野での求人は1年で12%上昇し、今年の第3四半期には30491名。特に、専門分野での人手不足は深刻で8人の募集に1人の応募といった状態である。

こういった状態で、病院では一部閉鎖に追い込まれる場合もある。昨年にはフローニンゲン大学病院の29ある手術室のうち4室は閉鎖となった。アーネムの病院でも救急部門が閉鎖に追い込まれ、ハーグのブロノボ病院は人手不足より病院自体が閉鎖となっている。

アムステルダムの病院での人手不足にさらなる足かせとなっているのは、住宅不足だ。家賃や不動産価格の高騰で、病院の従業員がアムステルダムに住めなくなっている。
専門の看護師を確保するためにボーナスを支給する病院もある。フローニンゲン大学病院では、手術室専門の看護師には3年継続勤務で5000ユーロの特別ボーナスを払っている。アムステルダムのアントニ・ファン・レウウェンフック病院では給与を10%値上げしている。

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品
チューリップの球根はオランダを訪れる観光客に人気である。アムステルダムの中心部にある花市場ではほとんどの店でチューリップの球根が売られている。しかしアムステルダム市と花球根連盟(KAVB)が調査した結果によれば、実際に植えても芽が出なかったり、表示されているものと違う花が咲いたりするという。調査団は異なる店で売られる1364個のチューリップの球根を調べたが、そのうち花が咲いたのは14個のみ。全体の1%に過ぎなかった。さらに花が咲いた球根のすべてがパッケージに表示されている花と違っていた。パッケージには青いチューリップの写真が載っていても実際に青いチューリップは出てこないのである。

アムステルダム市は消費者に対する詐欺行為だとし、花市場とアムステルダム市のイメージ下落を懸念している。
さらに調査はアムステルダムの花市場だけでなく、キューケンホフ近辺のリッセにある道路N208沿いにある「球根通り」でも行われた。ここでも同様な結果が出ており、「おそらく過去20年間、同様な不正行為が行われていた模様」だと調査団は発表している。これまでに数百万人に及ぶ旅行者やオランダ人消費者が被害にあっていたことになる。アムステルダム市とリッセ市そしてKAVBは、消費者と市場管理局(ACM)に調査結果を報告し、消費者の保護に務めるよう促している。

かつてアムステルダムの花市場は生花があふれる本物の「花市場」だった。ところが近年旅行者の増加にともない、土産物用の球根などを売る店がほとんどになってしまった。

コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん