ニュース

アムステルダム、ビジネス機会や人口ますます増加
今後アムステルダムはますます人口が増え、事業数も拡大し、仕事口も増えていくと予想されている。

アムステルダムはここ数年、経済的、文化的な面でいっそう魅力的になり人やビジネスを集めている。店舗、大気汚染、強盗といったネガティブな点も年々減り続けており、さらに人やビジネスを惹きつけている。アムステルダム市のリサーチによれば、このまま人口が増え続けると2031年には100万人を超す見込みである。しかし、アムステルダムを去る人もこれまでにないほど増えているのも事実だ。

経済の順調に伸びており、2016年には5.9%、2018年には3.3%の成長を記録した。新規ビジネスも昨年だけで12万件登録された。全人口の48万人は就労年齢で、このうち45万8000人が働いている。これは2014年と比較すると10%の拡大だ。

ただ、経済成長は見込まれるものの住宅供給状況は悪い。子供のいる家族用のやや大きめな住宅と、比較的安い仕事を始めたばかりの人のための住宅が、圧倒的に不足している。アムステルダムを去る人が多いのはこのためだ。現在アムステルダムの人口は86万人。このうち4万7千人が街を出た。1970年代にも(出稼ぎ労働の移民を避け)アムスを去る人が続出したが、当時はプルメレンド、アルメールそしてレリースタットという不動産が安い場所が行き先だった。現在は、価格が高いハーレム、ザーンダムそしてアムステルフェーンといった近郊に移る人が多い。

ここ数十年で最も変わったことといえば、旅行者の爆発的増加である。市の中心地だけを見ると住人100人に対し20人の旅行者といった具合である。そして昔は春から夏にかけてしか観光客は来なかったが、今では年間を通して観光客であふれている。

ビジネスの拡大と、人口増、そして環境客の増加により、市の税収は増えている。そして税収によりさらなる経済成長を促進している。また若者や弱者への福祉の充実へも取り組んでいる。


関連記事

今日からアムステルダムとロッテルダムの繁華街でマスク着用義務化に
maskinamsterdam.jpg
本日水曜日からアムステルダムとロッテルダムの混雑している地域でのマスク着用が義務付けられる。以下は指定場所や時間帯そして罰金などのルールである。

アムステルダム:
Warmoesstraat, Oudezijds Voorburgwal, Oudezijds Achterburgwal、 Zeedijk という飾り窓エリア。ただし、近接するダム広場やDamstraat、 Oude Hoogstraat, Nieuwe Hoogstraat 、Oude Doelenstraat は混雑しているにもかかわらずマスク着用義務がない。そして野外マーケット地区である Albert CuypstraatとPlein '40-'45ではマーケット開催時間のみ義務化される。違反すると罰金95ユーロが課せられるが、実際には最初は「注意」のみにとどまりそうである。また最初の数日はマスクを持っていない人のために無料でマスクが配布されるという。さらに、マスク着用は路上のみで、店舗内やテラスでは義務付けられていない。アムステルダム市のマスク着用条例

ロッテルダム:
以下の路上で朝6時から夜22時までマスク着用が必要となる。
Karel Doormanstraat, Kruiskadehof, Korte Lijnbaan, Zoutmanstraat, Van Genthstraat, Aert van Nesstraat, Van Oldenbarneveltplaats, Binnenwegplein, Lijnbaan, Hennekijnstraat, Beurstraverse, Coolsingel (hoek Meent – Aert van Nesstraat), Bulgersteijn (hoek Binnenwegplein), Meent, Leeuwenstraat, Beursplein, Korte Hoogstraat, Rode Zand, Hoogstraat, Westewagenstraat, Delftsevaart, Oppert, Grote Kerkplein, Bagijnenstraat, West Nieuwland, Verlenge Nieuwstraat, Steiger, Binnenrotte, drs. Jan Scharpstraat, Alexandrium, Zuidplein。このほか KeizerswaardとBinnenhof のショッピングモールに関しても義務化を検討中である。また Visserijplein, Afrikaanderplein、 Binnenrotteのマーケットでも開催時間中はマスクを着用しなければならない。ロッテルダムでもアムステルダムと同様、注意や警告を行う程度だが、後にマスクを着用しないと罰金が課せられるようになる。ただし市としては罰金徴収が目的ではないので、できるだけマスク着用という意識を高めたいという。ロッテルダム市の条例

アムステルダムとロッテルダムの繁華街でマスク着用義務化、8月5日から
maskinthetrain.JPG
アムステルダム市とロッテルダム市では、8月5日水曜日から繁華街でのマスク着用が義務化されることになった。マスクの着用は現在施行されている1.5メートル規制をなくすものではなく、これに追加という形で行われる。
マスク着用が義務付けられる地域でマスクをしていないと、注意を促されたり、即刻退去を求められるほか、罰金を課せられる可能性もある。

アムステルダムでは、飾り窓地区、ショッピング街であるカルファー通り(Kalverstraat)、ニューウェンダイク(Nieuwendijk)、そしてプレイン40−45(Plein 40-45)とアルバートカイプ(Albert Cuypestraat) の市場でマスク着用が義務付けられる。ロッテルダムでは中心街ラインバーン(Lijnbaan)、メーント(Meent)、ニューウェ・ビネンウェグ(Nieuwe Binnenweg)、コールシンゲル(Coolsingel)と、フィッサライ広場(Visserijplein)、アフリカーンダー広場(Afrikaanderplein)そしてビネンロッテ(Binnenrotte) の市場がこれに適用される。さらにアレクサンドリウム(Alexandrium)とザイドプレイン(Zuidplein) のモールでもマスクを着用しなければならない。カイゼルスワード(Keizerswaard)やビネンホフ(Binnenhof)も追加される可能性がある。

オランダ政府は水曜日マスク着用義務を否定する発表を行ったが、アムステルダムとロッテルダムでは急増する感染者を憂慮し独自にこれを実施するに至った。ハーグやフローニンゲンなどの他の都市でも独自の規制を検討している。

アムステルダム市、赤ちゃん1人に一本の木をプレゼント
1B24DC39-15A0-4AF5-B9F9-D05EA15C78DD-640x330.jpeg
アムステルダム市は新生児の出生登録をした際のプレゼントを用意している。市役所に登録に来た親は、木を一本植えるか、洋上プラスチックゴミかオーガニックコットンを材料にした赤ちゃん用タオルを選べる。

これまでアムステルダム市で出生登録を行うと「I-Amsterdam」と書かれたバスタオルが進呈されていたが、これをもっと持続可能なものに変えるという試みである。そこで、木の植林(自分やるのではなく市に任せる)か、洋上プラスチックをリサイクルしたタオルかオーガニックコットンのタオルという選択肢から選べるようにした。植林は、オランダや諸外国で活動する「ツリー・フォー・オール(Trees for All)」団体ときょうりょくしておこなわれるもの。さらに、全員に市長から「成長する紙」という紙が支給される。この紙の中には種が仕込まれていて、植えると花が咲くというものだ。
今年の9月から実施が予定されている。

観光公害。コロナ後のアムステルダム市の取り組み
amsterdam_tourists.JPG
アムステルダムは増加する観光客による騒音、ゴミ、混雑などの問題に悩まされてきたが、コロナ禍後これに対しどう取り組んで行くかの構想を練っている。街を市民の手に戻すというのが構想の根本にある。

コロナ禍で観光客が姿を消したアムステルダム中心部はほぼ空っぽ。いかに市の経済が観光客に頼っていたかを目の当たりにした。これを市民の手に戻そうというのが、ハルセマ市長の構想だ。

具体的な計画のひとつには、市の中心部にある建物の買収がある。買収した建物を(観光客向けでない)カフェや店舗にする。高騰する不動産価格でこのような計画が実施されなかったが、市が買収金額を支援する形で各種の団体がこれを推進する。

さらにアムステルダム市は、小売店規制にも政府の力を借りたいとしている。市の中心部ではすでに観光客向けの小売店規制が敷かれているが、それでも十分でなく、いまだに小売店の観光客頼りが目立つ。たとえば、ミニスーパーマーケットでのアルコール販売禁止などが必要だと市長。

また店舗、バー、レストランが地元民向けに営業するよう力を注ぐ意向だ。これまでは中心部の店やレストランのほとんどが観光客向けだった。市長は店舗やレストランのオーナーとの話し合いを進めるという。

さらにこれまで観光客で溢れていたエリアを別の目的で使用するという計画。例えばライツェ広場とその周辺を文化施設の集まりにしたりにするなどだ。すでにユダヤ人美術館のある地区はジューイッシュクウォーターとして整備されているが、このようなモデルを観光客エリアに導入したいという。
また飾り窓を閉鎖し、そのかわりに合法売春ホテルを建てるなど、画期的な試みも計画されている。

アムステルダム「EN」- 和食・寿司 
【お渡し】持ち帰り・テイクアウト
【注文方法】
1.ウェブサイトから。www.en-amsterdam.nl
当日の注文は16:30まで。注文&支払い リンク有り。
2.メールにて reservations@en-amsterdam.nl へ。
当日の注文は同じく16:30まで。
3.電話にて。020-4703666
当日の注文は、13:00から16:00まで。
4.メール、電話注文の方のお支払いは店頭にて PIN(Bankpass)、クレジットカード(VISA, MASTER, JCB)、現金でお支払い頂けます。
5.お弁当は前日までの注文のみ受け付け。
6.持ち帰り・テイクアウトのみ。宅配・デリバリーは未だ検討中。

【メニュー】持ち帰り・テイクアウトの特別献立・メニューを用意致しました。
https://en-amsterdam.nl/wp-content/uploads/2020/04/EN_Amsterdam_Take-away-order-form_website_v2.pdf

【手巻き寿司ネタセット】
日本人家庭向けに「手巻き寿司ネタセット」(寿司ネタ7種、醤油、わさび、ガリ付き) を販売始めました。
2人前からのご注文で、1人前€19。
ご注文、ご質問は、メール reservations@en-amsterdam.nl か 電話 020-4703666 にて承ります。
当日のご注文は、どちらも16時まで承ります。
お支払いは、商品受け渡し時にてお願いします。

【営業時間】 お受け渡し/ピックアップ時間 は 17:00~19:00

【営業日】火曜日から日曜日に営業。月曜日定休(通常時は、日曜、第3月曜日定休)
ENAmsterdam.jpg