ニュース

オランダ史上最長の熱波。気象研究所、危険性を指摘
knmitemperature.png
オランダ王立気象研究所(KNMI)のファン・オルデンボルグは、今回の熱波はその気温の高さではなく長引いていることが問題だと指摘した。ファン・オルデンボルグ氏は気象研究者でオックスフォード大学の客員教授でもある。先週から始まった今回の熱波は今週の木曜日まで続くと予想されているが、これはオランダ気象観測史上で最も長期にわたる熱波だという。

気温だけを見ると昨年のほうが高い時があった。昨年ヒルス・ライエン(Gils Rijen)では40度を記録している。今回は気温もさることながら、8日間続けて熱波が続いている。1976年と2006年にも熱帯日が続いたが、8日間というのは驚くべき長さである。

ファン・オルデンボルグ氏によれば、熱波が続けば続くほど健康への害が増加する。「1日だけなら大した影響はないが、長期間にわたると健康を害する可能性が高まる。2006年の熱波時には死亡者数は通常より1000人多かった。

20世紀初頭には1年で最も暑い日は30度前後だった。これがすでに3-4度上昇している。世界的に見れば地球温暖化による気温上昇は平均1.5度。オランダはこれを大きく上回っている。この理由はまだ解明されていないが、ファン・オルデンボルグ氏は深刻に見ている。気温上昇幅が大きいのはオランダだけでなく、ドイツ、フランス、ベルギー、イギリスもこれにあたる。

熱波による健康への被害は、コロナウィルスと同様で、まだ過小評価されていると同氏。とくに高齢者や病人には影響は大きいという。(画像はKNMI)


関連記事

熱波が再びやってくる!
hittegolf.jpeg
気象予報によれば今日からまた30度を超える夏日がやってきそうだ。
とくにオランダの南端であるリンブルフ州では37度にも上がる可能性もある。昨年は40度にも達している。今回の熱波はおそらく長居しそうだという噂もあるが、天気予報サイトBuienradarによればまだ予測不能だという。マーストリヒトの天気予報

熱波がオランダを襲ったのは1901年から今回で29回目。それからしばらく熱波はやってこなかったが2018年、2019年に2度も暑い日が続いた。さて今日あたりから始まる今年3度目の熱波だが、予報によれば暑いのは日中だけで夜間には20度まで下がる。昼間はなるべくカーテンを閉め窓を締め切って暑い空気を部屋の中に入れないように、とオランダでは推奨されている。涼しくなる夜には窓を少し開けて、冷凍庫で冷やした水ボトルを下げた扇風機を回せばちょっとしたエアコン代わりになるらしい。

熱波到来、オランダの海、川、運河、湖で泳げる場所
ここ3日間熱波が続くと予想されているオランダ。海に面し運河や湖が多いのでプールに行かなくても水遊びが楽しめる。ただし、健康に害を与える水や藻、そして海底にある牡蠣などといった危険な水域もあるため注意は必要。泳げる場所と危険地域を全土くまなく網羅したサイト「Zwemwater.nl」を参照することが推奨されている。

以下はアムステルダムの地方紙Het Paroolによるアムステルダムとその近郊での泳げるスポット。ただし泳ぐ前に下記のサイト(zwemwater.nl)で注意報をチェックしたほうがいい。

1. アムステル川の zuideinde Weesperzijde
2. ディーマーパーク Diemerpark
3. ハースペルパーク Gaasperpark
4. 元海軍練習所 Marineterrein
5.ボホールタウン Bogortuin
6.アムステル地区  Amstelkwartier
7. スヒンケルアイランド・パークPark Schinkeleilanden
8. ニュー・メアNieuwe Meer
9. ヘット・トゥイスケ‘t Twiske
10. アウダーケルカープラス Ouderkerkerplas
11. ホーヘ・ダイク De Hoge Dijk
12.ボス公園 Amsterdamse bos
13. アドミラル運河 Admiralengracht
14.ボルネオカーデ Borneokade

今週、また熱波が。水の事故に注意
オランダ気象研究所KNMIによれば、明日23日(火)から熱波が再来する模様だ。オランダ全土で30度を超し、最高では37度まで上昇しそうである。火曜日には北西部で29度、内陸部では30から34度という予想。水曜日と木曜日は暑さはピークとなり東ブラバントや北リンブルグでは40度にまで上がる可能性がある。気象予報サイトWeeronlineによれば、ここまで気温が上昇すると過去最高を記録することになる。これまでの7月の最高気温は2006年の35.7度だった。

この暑さで海や湖などで水遊びをする人も増えているが、これにともない水での事故も増えている。水死者は2017年には85名だったのが昨年には112名となっている。このうちのほとんどが20歳以上の大人(98名)である。子供の水死者は少ない。オランダでは子供のときに着衣水泳を義務付けられているので、溺れる人は少ない。水の事故の被害者のほとんどが水泳の訓練を受けていない移民だという。このほか隣国のドイツからやってくる観光客の水事故も目立つ。

昨日日曜日もハーグ付近の海で3名が溺れるという事故が起きた。3人ともオランダ国籍を持たない外国人であった。

オランダ、熱波による身体不調に注意
オランダ、そして欧州各地で熱波が襲っている。火曜日には所によっては36度までに気温が上昇するという予測もある。暑さになれていないのとエアコンが設置されている家が少ないため、日本では当たり前と思われる暑さへの対処法がオランダで呼びかけられている。

とにかく水をたくさん飲むこと。発汗により体の水分が減るので常時水で補給する。アルコールの摂取は控える。外出するときには水を持参する。
薄着をする。なるべく日陰にいるようにする。12時から16時ぐらいには、外での運動や労働を減らす。買い物や散歩は気温の低い朝や夜に行う。

室内の気温をあげないように、シェードをおろし、扇風機やエアコンを使用する。日が当たる部屋ではカーテンを閉める。外気温が高い場合には窓やドアを閉めて外気が入らないようにする。朝や夜の気温が低いときに窓を開けて冷たい空気を室内に入れる。
窓の外に濡れた布を下げたり、洗濯物を寝室に干すのも、部屋に湿気と冷気を与えるために役立つ。

暑さに弱いペットの世話にも気をつける。とくに犬は厚い中長時間散歩に連れて行くのを避け、水をたっぷり与える。うさぎも暑さい弱いので、気温の低い場所に移すのがいい。ペットを車の中に入れておくのは絶対に避ける。5分間でも危険だ。

そして近所の高齢者や慢性病の人にも注意を払おう。夏休みが始まり、介護をする人や家族がいなくなっている場合もある。十分に水を飲むよう声をかけよう。

オランダでも熱波で北ブラバンドとテルスヘリング島で森林火事発生
先週からポルトガルで広範囲に及ぶ山火事が起きているが、オランダのワッデン海に浮かぶテルスヘリング島そして北ブラバント州のマリアペールでも木曜日夜から金曜日明け方にかけ森林火災が発生した。ブラバントでの火災では1500mx500mの森が焼失し、その数時間数キロ離れた地点でも第2の火災が発生している。

北ブラバントとテルスヘリング島の森林はいずれも消防車が入りにくい場所にあり消火に時間がかかったが、現在では鎮火している。しかしオランダ南部はこのところの熱波で乾燥しており、森林火災が発生する危険性はまだ高いという。
今回の火災の原因はまだつかめていないが、消防署によれば落雷の可能性が高い。