オランダあれやこれや

いろいろな人が書くオランダにまつわるエッセー。書き手、常時募集しています

オランダのマキシマ女王はZARAがお好き
Queen-Maxima-in-Zara-2.jpg
少し前のヴォーグ・ジャパン誌に、「雅子さま、全身ユニクロで赤十字会議に出席」という写真記事が載っていた。淡いピンクのパンツスーツとおそろいの靴。すべてユニクロでまとめているそうだ。
識者のコメントを見ると、「国民に寄り添った服装」であるとか「美しい人は何を着ても素敵」「全然ユニクロに見えないエレガントさ」といった肯定的なものが目立つ。さらにゴシップ系の雑誌サイトを覗いてみると「首相夫人もさっそくユニクロのコーディネートを披露。でもユニクロに見える。」といった揶揄や「ブランドものもユニクロに見える。いやシマムラか」といった辛辣なものまで、こちらのほうが沸いていた。

というようなことがあったら面白いだろう。はい、上の話は私の夢想です。作り話です。ごめんなさい。
でも欧州の女王やら王女様といったやんごとなき方々ががファストファッション(最新ファッションを低価格で販売するブランド)を身につけるというのは、本当だ。

日本の皇室と関係が深いオランダ王室の象徴的存在であるマキシマ女王は、有名なZARAファンである。ZARAはトレンディな服を廉価で販売するスペイン発のブランドで世界中を席巻している。パリやミラノのファッションウィークで発表されるとその次の日には同じ商品が店頭に並ぶと言われるほどの、商品開発力と流通力に優れている企業だ。

「庶民的である」ということが、権威を嫌うオランダ人に好まれているオランダ王室。
マキシマ女王は5月17日の誕生日にも自分でクッキーを焼いてみんなにふるまった、という写真ニュースがコロナ疲れの国民を癒やした。
ご存知の人も多いと思うが、オランダでは誕生日の当事者が会社や学校にお菓子を配るという風習がある。マキシマ女王もこれに従ったというわけだ。先週にはそのクッキーのレシピまで公開しているという念の入り用だ。

さて、このニュースが流れたあとの5月20日、国王夫妻は障害者ホームを訪問する。そのときマキシマ女王が来ていたベージュのパンツスーツと靴がZARAのものだというのがニュースで紹介された。Harpers Bazaar

マキシマ女王はZARAのファンらしく、過去にも何度も写真報道されている。もちろん、庶民のように全ワードローブがZARAというのではなく、いつもはバレンチノのスーツだけど今日はZARAよ、といった思いがけなさがいいらしい。またゴージャスなマキシマ女王が着るとZARAもディオールに見えるというのがミソなのである。

ヨーロッパの王室でZARAを着ているのは、マキシマ女王だけでない。イギリス王室のケート・ミドルトン妃もときどきZARA派のようだし、お膝元のスペインのレティシア王妃もセール品のZARAを着たりしている。
「美しく気品のある人は何を着てもゴージャス」という声を十分に意識しているのも裏にうかがえる。私がシャネルスーツを(持っていませんが)着たら、絶対ZARAに見えることは確信を持って言えるが。
ということで、マキシマ女王がユニクロで全身を固める日も遠くないかもしれない。
それより、雅子様にZARAを着ていただき、欧州のロイヤルのZARA自慢に参加していただきたい。
(画像:2019年Newroyals)



関連記事

国際女性G20に、イヴァンカやメルケル首相と並びオランダのマキシマ女王も
25日にベルリンで開催された女性の国際G20に、オランダのマキシマ女王も、米大統領の長女イヴァンカさんやドイツのメルケル首相、IFMのトップであるラガード氏とともに壇上に立った。テーマは女性の起業について。
イヴァンカさんは世界で流通しているという独自ファッションとジュエリーのブランドを展開している。一方マキシマ女王は以前から発展途上国での女性のためのマイクロ・クレジット(銀行などから融資を受けられない貧しい人々が起業するための少額ローン)に積極的にかかわっている。2人に共通点は、ブロンドで花柄のドレスに身を包んでいたという以外ほとんど見られない。

イヴァンカさんは女性G20にドイツのメルケル首相の招待で出席したが、国際的な場での登場は今回が初めて。会場からはトランプ大統領の女性蔑視についての質問が寄せられたが、イヴァンカさんはこれを否定しトランプ氏を擁護した。サウジアラビアの女性起業家は「億万長者のイヴァンカ氏にとって起業は難しいことではない。」と批判的な意見を呈し、「これに対し、マキシマ女王は世界の貧困層が何が必要であるかを知り尽くしている。」と賞賛した。

マキシマ女王はアルゼンチン出身。ニューヨークで銀行勤務をしていたころに現国王であるウィレム・アレクサンダーと出会っている。2005年には銀行での経験を生かし、国際連合の国際マイクロクレジット年におけるアドバイザーとなった。LGBTの人権擁護活動を支援する世界でも希な王族の一人である。(画像:ANP、左がマキシマ女王)

オランダのマキシマ女王、転倒による軽い脳震盪のため休養
マキシマ女王は7日水曜日の医師の診断で、先週の金曜日7月1日に転んだ後に軽い脳震盪を起こしたことが判明した。政府広報局は今後数日の休養が必要だと発表した。夫のウィレム・アレクサンダー国王もマキシマ女王が暫くの間休養すると報道陣に語っている。「女王は脳震盪を起こしてから5日間放置していたが、悪化を防ぐため暫くの間は公務を行わない。」と延べ、この5日間ずっと頭痛に悩まされていたと、女王の容体を説明した。

毎年夏に行われる王室の写真撮影は、今年は7月8日(金)に計画されている。今のところ計画通りに進められる予定だが、金曜日の午前中にマキシマ女王が参加できるかどうか決定すると政府広報局。撮影は国王と女王そして3人の王女たちが報道関係車の前に立つもので、王室と報道の恒例行事となっている。

先週の金曜日にマキシマ女王がどこで転んだのかは発表されていない。しかし今週の月曜日には女王はハーグの宮殿にてギリシアのパブロポウロス大統領に会見している。アルゼンチン出身のマキシマ女王はオランダ国民に絶大の人気を博しており、この事故は多くの関心を集めている。