ニュース

オランダ発の修理カフェ、世界で大ブームに
repaircafe.jpeg
最初の修理カフェ(Repair Cafe)がアムステルダムに登場したのは2009年10月18日。それから13年で修理カフェは世界40カ国2500軒に増えた。

修理カフェのコンセプトはシンプルだ。壊れた電気製品や服を修理カフェに持っていくと、そこで働くボランティアが修理の方法を教えてくれ、いっしょに修理する。これまでは壊れたら捨てていたのが、まずは修理してみることで、廃棄物が減り、希少な資源を節約できる。動かなくなったと修理に持ち込まれるものは、たいていが掃除や異物の排除で修理完了するものが多いという。

修理カフェの創立者ポストマさんは、「新しい修理カフェの開店方法」というマニュアルを5ヶ国語で作成し、現在ではハワイやインド、ブラジルなどでも利用されているという。

オランダで一番大きな修理カフェはロッヘム(Lochem)にある。1ヶ月に4日ほどオープンしていて、誰でも壊れたものを持ち込める。働いている人は引退した人たちがボランティアでやっている。

修理して使うのは、サステイナブルな世界を築き、サーキュラー・エコノミーを推進する。さらにもうひとつのメリットは、社会的なコミュニケーションだ。一人暮らしになった高齢者などがカフェに集まり往年の技術を使って修理方法を教えて、社会とつながる。また壊れていないが古くなったラップトップや携帯電話などが企業から集まり、これを貧しい人たちに無料で配布もしている。

修理カフェは基本的に無料。働く人もボランティアだ。家賃などは寄付でまかなっているが、経営は厳しいため、政府からの支援を仰いでいるという。(画像:Repair Cafe)


関連記事

ヒーターが壊れてもすぐに修理は期待できず
heatpomp.jpeg
家の暖房や水道が壊れても、今どきすぐに業者は来てくれない。我慢してしばらく待つしかない。もうずいぶんと長い間、人手不足で業者が不足しているのに追い打ちをかけるように、ここ数日の大雨と大風で業者は大忙しである。これで待ち時間はまた大幅に伸びた。水道やガス、電気工事の業界団体テクニーク・ネザーランドが語ったもの。

コロナ禍による技術部門の人手不足はしばらくは解消しそうもない。とくに、省エネや持続可能な家に改造する人が急増しており、これも人手不足をさらに増長させている。政府から助成金が出るというハイブリッド・ヒートポンプを設置する場合には、数週間あるいは数ヶ月待たねばならない。

さらに、世界中が被っているチップと電子機器の不足が打撃となっている。これによりセントラルヒーティング・ボイラーやヒートポンプの新規設置は大幅に遅れる。故障した場合にもすぐに修理を期待できないので、寒い中待つのは必須となりそうだ。業界団体は、「急を要する故障などにはなるべく速く対処するよう努める。」とは言っているが。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。