Portfolio News

オランダニュース

オランダ自転車連盟(Fietsersbond)は45,000人を対象に、自分の住む市町村の自転車環境に関して調査を行った。自転車道の充実度、雪や凍結の際に塩をまくかどうか、子供や老人が安心して自転車で移動できるかなどが調査の項目に入っている。オランダ全度ではの自転車環境への満足度は高いといえる。

オランダで最も自転車にやさしい町は、ユトレヒト近郊のハウテン(Houten)が選ばれている。ハウテンは自転車都市として有名で海外からの研究者や学生の訪問が引きを切らない。市の周りには環状道路があり、車で他の地域に向かう場合にはこの道路を通過しなければならない。これに対し自転車にはは自転車ネットという交通網が張り巡らせされており、遠回りをせずにどこにでも素早く到達できるシステムとなっている。また自転車専用の橋も最近建設された。

アムステルダム市はトップ100には入っていない。自転車連盟によればオランダ全土の「平均以下」だという。アムステルダムでは自動車道の横断が危険だったり、自転車道が充実していない、そして駐輪スペースが足りないといった問題がある。近郊のアムステルフェーン市は13位と自転車にやさしい。

2018-01-17
オランダには11ヶ所に小さな空港があるが、管理体制がゆるく人身売買や麻薬取引が行われやすい。国境警備などを担うオランダ王立警察(KMAR)は、出入国管理を厳しくすべきだと提唱している。これらの空港では乗客の管理はほぼ行われていないに等しい。現状パイロットが乗客や乗組員のデータを提出する義務はなく、自由裁量で行われている。警察や税関などもブーダル、テウへ、ホーヘフェーン、ミッデンゼーラントといった小さな空港は、法の目をくぐった犯罪が起きやすいと見ている。他にも同様な犯罪の基地となっているのはバケーションパークやヨットハーバーだという。KMARはこれらの空港などで国境警備を徹底化すべきだとしている。

昨年7月にはオランダの小さな空港から人身売買の被害者である11人のアルバニア人の大人と子供がイギリスへ密航している。さらにイギリスからドイツへ密輸出された60キロのヘロインがアペルドールンに近いテウへ空港で没収されるという事件も起きている。現状では小さな空港は日の出から日の入りまでが開港しているが、日が暮れてからはほぼ無法地帯。許可なしに発着が可能だ。小規模空港は主として自家用飛行機の発着やグライダー、パラグライダーなどに使用されており、自家用機はオランダ国内と近隣諸国が目的地。飛行機の規模はほとんどが12名乗りまでと小型である。
2018-01-16
アムステルダムの中心地ローキン通りに「ユニクロ」が開店する可能性が濃厚だ。現在「フォーエバー21」の大型店舗がある場所がその候補地。不動産会社ファストネッド(Vastned)は、公式な発表は2月に行うとしている。

オランダでのユニクロはここが第一店舗目となる。ただ欧州の流通センターはオランダのローゼンダールに昨年5月に設置されている。敷地の広さはなんと3.2ヘクタールと巨大だ。今回店舗となる元「フォーエバー21」の総面積は4500平米。このうち一部は事務所となる。

ダム広場へと向かう地下鉄南北線が通るローキン通りはだいぶ整備が進んでおり、国際的...
2018-01-15 続きを読む ▶
世界的に性的な被害を受けたことを告発する(#MeToo)という動きが広まっているが、オランダの女性の半数以上(53%)そして男性の19%が何らかの形で性的な嫌がらせを受けたことがあるという調査結果が発表された。調査はは2017年11月にリサーチ会社ルトゥガースが行ったもので結果は本日月曜日に公開された。報告書によれば性的な行為を強要(強姦)されたことがある被害者は女性の22%、男性の6%となっている。このうち半数が肉体的、精神的そして性的な後遺症に悩んでいる。調査は17,000人を対象に行われた。

「#MeToo」は、セクハラや性暴力被害を受けた女性が、泣き寝入りせず声を上げようという米国発のムーブメント。今年10月、ハリウッドの著名プロデューサーによるセ...
2018-01-15 続きを読む ▶
英国のEU離脱にともない、欧州医薬品庁(EMA)がアムステルダム移転を決定。現在ロンドンに拠点を置くEMAは2019年3月までに900人の従業員の81%がアムステルダムに異動する予定だ。アムステルダム市はすでに従業員およびその家族を受け入れるプロジェクトチームを結成、住宅や学校などの手配を行っている。昨今の住宅難から、チームはインターナショナルスクールがあるライデン、ハーグ、ユトレヒト、アルクマールなどへも手を広げている。

ハーグにはすでに国際機関や大使館が所在するため、外国人居住者の受け入れ体制も整っている。ロンドンでの長い通勤時間に慣れている人にとってはハーグからアムステルダムへの通勤も問題ない、とプロジェクトチームは目算しており、アムステルダムへの集中を...
2018-01-12 続きを読む ▶
西洋式の反射区を優しく刺激する技術と東洋式の経絡やツボを適度な強さで刺激する技術を融合させた、フットマッサージを受けて日頃の疲れを癒しませんか。フットリフレクソロジストの小林留美が担当します。このマッサージは、お客様にリラックスしていただき、自然治癒力を活性化させる効果があります。

場所   フジヘアー アムステルフェーン店
施術日時  1月20日より毎週土曜日 9:30?18:00
施術時間 45分 *足から膝までのマッサージとなります。
料金 通常35ユーロのところ先着30名様のみ25ユ...
2018-01-11 続きを読む ▶
「オランダの情報・諜報機関である情報安全局(AIVD)は過去6年間に4件のテロの危機を回避してきた。」インタビュー番組「カレッジツアー」でAIVDのトップであるロブ・ベルトレー氏が10日語ったもの。4件ともかなり具体的で危険度の高いものだったという。最近ロッテルダムで逮捕されたジャウアドは、非常に危険な爆発物と自動拳銃を所持しており、AIVDの言ではジハードの信奉者だった。爆発物は1台の車を爆破する破壊力を持っていた。ジャウアドには4年の禁固刑が下されている。ベルトレー氏は他の3件については言及していないが、ここ4年間で数百件のテロ関連の事件を捜査してきたという。これまでにオランダでテロ事件が起きなかったのは、警察や司法による阻止力によるところが大きいが、「たまたま運がよかった」とも言えると、同氏。

2018-01-11 続きを読む ▶
マイクロソフト・ネーデルランド社は、父親の産休を6週間までに延長すると発表した。同社はオランダに続き世界の他国でも父親産休を延長する予定だという。新規定の下、出産後父親は有給で6週間まで休暇がとれる。オランダの法律では2日が義務付けられているが、これを大幅に上回るもの。さらに、同社では女性の産休は16週間から20週間(有給)に延長された。産休のみならず、子供を養子に迎えた場合も6週間の有給休暇が与えられる。また家族に重病患者が出た場合も4週間の有給で看病できる。

オランダで長期間の父親産休がとれるのは、テクノロジー企業ではマイクロソフト社が初めてではない。マスターカードやING銀行も同様な休暇制度をとっている。優秀な社員を雇用するためにはこの父親産休も大きな鍵となるようだ。
2018-01-10 続きを読む ▶
オランダ北部フローニンゲン州で月曜日午後15時ごろマグニチュード3.4の地震が発生した。2012年以来最大規模の地震で、被害届けは約300件に及んでいる。オランダでは基本的に地殻変動による地震は発生しないが、フローニンゲン州の地震は天然ガス採掘が原因で、これまでにも数回家屋に損傷を与える地震が起きている。

今回の地震発生を受け経済省のウィーブス大臣は、今期政権中にガス採掘量をできるかぎり縮小すると発表した。これまでの公約にとらわれることなく、最大限の縮小を狙うという。政府は2021年までにこれまでの216億㎥から200億㎥まで縮小すると公約しているが、ウィーブス大臣はこれをさらに推進したい意向。「オランダは天然ガス依存から脱出すべき」だという急進的なコメントも発表している。
2018-01-09 続きを読む ▶
外食産業の大幅な成長にともない、オランダの飲食店協会(Horeca Nederland)が、新しいレストラン予約サイト「ブックディナーズ(Bookdinners)」を始める。すでに2000軒がこのサイトに参加している。これまでオランダで幅を利かせていたのは「イーンス(Iens)」というレストランを採点する参加型サイトで、ここで予約管理も行っている。ただ、このサイトは飲食店業界では費用がかかりすぎると批判が相次いでいた。予約ひとりあたり1.5から2ユーロがレストランに課されるほか、毎月29から69ユーロの維持費がかかる。

新しく登場する「ブックレストラン」は月額15ユーロのみ。その他のコストはかからないという。「Iens」に加盟しているレストランは、予約者の連絡先(メールアドレス...
2018-01-08 続きを読む ▶
クラウドファンディングで19万4千ユーロ(約2千6百万円)を調達し、この春にもオランダ初のカラオケボックス「デューク・オブ・トーキョー(Duke of Tokyo)」がアムステルダムに開店する。店内にはバーの他、6部屋のカラオケ専用ルームが備えられていて、友達と借り切ることができるという日本式のものだ。

このカラオケボックスを開店するアムステルダム出身の4人の若者は、2016年にジプシー・キャラバンを2台購入してカラオケボックスを始めている。その後コンテナを2基購入、これを酒とカクテルバーへと改造し、キャラバンと合わせてポップアップ(一時的な)モービル・カラオケクラブを開始し、アムステルダム・ダンス・イベントなどで営業を行っていた。
2018-01-05 続きを読む ▶
オランダ、ベルギーのドラッグストア「クライドファット」と「トレックプライスター」でタバコの販売を中止すると、同チェーンの社長であるファン・ブレーン氏が発表した。クライドファット(Kruidvat)とトレックプライスター(Trekpleister)は、薬、化粧品、雑貨などを販売する格安ドラッグストアチェーンだが、商品をヘルス志向へと焦点を絞りつつある中、タバコはコンセプトに合わないというのが背景にある。

タバコの販売中止は2019年から。 ただし一気に中止に踏み出さず在庫があるうちは販売を続けるという。「クライドファット」と「トレックプライスター」はオランダとベルギーで1373店舗を営業している。同チェーンの売上中タバコ占める割合は発表され...
2018-01-04 続きを読む ▶
*オランダ語が不自由でも車の免許取得は通訳付きで可能だ。しかしこれまで通訳は家族や友人でよかったが、これが廃止され、法廷通訳者のみが同乗が許可される。

*これまで、結婚あるいは公的なパートナーシップ契約を結ぶ場合は、すべての資産と負債を共有することができた。しかし2018年からは、特別にこれを選ばない限り、資産と負債は別途となる。また遺産相続や贈与もそれぞれ個別に課税対象となる。

*2歳から参加できるプレーグループ(Peuterspeelzaal)は、今後法的に保育所として扱われる。またプレーグループに子供を参加させている場合には助成金が出る可能性がある。
2018-01-03 続きを読む ▶
2018年に予定されている主なオランダそして世界のニュースやイベントは以下の通り。

1月から3月
オランダの北部フリースランド州にあるレーワルデン(Leeuwarden)がヨーロッパの文化首都となる。欧州文化首都(European Capital of Culture)は欧州連合 (EU) が指定した都市で、一年間にわたり集中的に各種の文化行事を展開する事業だ。スペースX社(テスラ)のロケットが、テスラ車載オーディオからデヴィッド・ボウイの『スペース・オディティ』を流し火星へ向けて打ち上げられる。2月9日から25日には、韓国の平昌にて冬季オリンピックが開催される。アムステ...
2018-01-02 続きを読む ▶
オランダでは食料の22%、重さにして200万トンが毎年廃棄処分されている。このほとんどが消費者によるものだが、生産者や小売業界でも大量に食品を廃棄している。しかし、最近では食品の廃棄を減らそうという動きが盛んになり、産業界でも改善を初めている。
例えば、スーパーマーケットチェーンのLIDLでは、卵を産まなくなった雌鳥のハンバーグを2個2.49ユーロという破格値で提供。通常では廃棄処分になる雌鳥もひき肉にすれば十分食べられる。オランダ北部オンストウェッデにある農場では、通常では廃棄処分にする不揃いな形のかぼちゃを12万個も流通させた。廃棄処分になりそうな野菜をスープやソースなどに加工して流通に乗せる企業「フェルスピリングスファブリーク」によれば、5年前にこの事業を開始した当時はほとんどの小売は興味を示さなかったという。...
2017-12-29 続きを読む ▶
オランダの大晦日は、家族や友人が集まりシャンペンを開け、燻製のサーモンやうなぎ、そしてオリーボルと呼ばれる揚げパンや揚げりんごパイなどを食べるという風習がある。そして伝統の最たるものは、12時きっかりに打ち上げ花火を上げるというもの。他国との違いは、花火打ち上げが誰にでも許されているという点だ。街のいたるところで打ち上げ花火が点火され大きな音と光が炸裂する。これが数時間も続くため大晦日を静かにゆったりと過ごしたい人には向いていない。ちなみに、オリーボルは年末になると屋台やパン屋で売られるが、オランダの全国紙ADの試食調査では、ロッテルダムの「Bakkerij Klootwijk」が最高点を獲得している。

さて、オランダのインターネットニュースサイト「Nu.nl」の調査によれば、44%...
2017-12-27 続きを読む ▶
2017年、世界ではテロ事件やハリケーンなどによる自然災害など痛ましい惨事が続いたが、好景気に湧くオランダは比較的平穏な年だった。2016年に社会問題にもなった難民や移民の流入も大幅に減り、難民のほとんどが住居を得ている。また7ヶ月近くにわたる政権不在にもかかわらず政治は安定、国民の多くが現在の生活に満足しているという調査結果も出ている。以下にオランダで紙面を賑わしたニュースを振り返ってみる。

3月15日、ポピュリズムの台頭が憂慮されていた欧州の先陣を切りオランダで総選挙が行われた。当初最大議席を獲得すると予想されていた極右の自由党(PVV)は、20議席にとどまり、オランダ国民のポピュリズムへの否定が体現される結果となった。この後に続いたフランスでも極右国民戦線は大統領選で敗北、欧州におけるポピュリズムの台頭...
2017-12-25 続きを読む ▶
空き巣による保険請求が昨年は2015年と比較し5%増えている。とくに、アルメール、ブレダ、そしてアイントホーフェンでの空き巣の増加が目立つ。住居侵入リスクモニターによれば、2015年の保険請求は61,000件だったのに対し、2016年には64,000件へと増加している。好景気のおかげで高級品を購入する人が増えていることが、逆に泥棒にとっては好都合らしい。
空き巣に入られるリスクが高いのは大都市だが、ライデンやアムステルダムでは増加率は最低を記録している。州別では、フリースランドが最も高く、ゼーランドが最も低くなっている。

全体では毎日平均175件の空き巣が保険会社に報告されている。クリスマスと新年にか...
2017-12-22 続きを読む ▶
いつもFUJI hair をご利用いただきありがとうございます。クリスマスと年末年始の営業時間のお知らせです。

12月25日(月)
10:00~18:00 【アムステルフェーン店 ・ アムステルダム店】
2月26日(火)
10:00~18:00 【アムステルフェーン店 ・ アムステルダム店】
12月31日(日)
9:30~17:00 【アムステルフェーン店】
10:00~17:00 【アムステルダム店】
2017-12-21 続きを読む ▶
好景気に湧くオランダで働き方そして余暇の過ごし方は変わったのか? 社会文化計画局(SCP)の調査によれば、10年前とほとんど変わっていないことが判明した。仕事をしていない時間は10年前とほぼ変わっていない。ただし、低学歴者は高学歴者よりも週に5.5時間余分に自由時間があるという結果が出た。

学歴で余暇の過ごし方も違いが出ている。特に子供を持つ家庭では顕著。子供を持つ高学歴女性は、就業時間は低学歴の女性に比較して長いにもかかわらず、家事に費やす時間は同じ。したがって子供を持つ働く高学歴女性は自由になる時間が極端に少ない。男性では高学歴の人は低学歴の人に比べて家事をする時間が長いという結果が出ている。高学歴者は男性も女性も、自由にできる時間が少なく、食事や睡眠時間を削っているようだ。
2017-12-21 続きを読む ▶
ノルウェーの格安航空会社ノルウェージャン・エアは、来年5月から週4回アムステルダム・ニューヨーク線を開始すると発表した。同航空によれば、片道料金は199ドル(約168ユーロ)からを設定している。現在、いくつかの航空会社がアムステルダム・ニューヨーク路線を提供しているが、一番の競合となるのはKLMエア・フランス。KLMの往復料金は約700ユーロなので、ノルウェージャン・エアの価格は破格だ。ただしこの価格には手荷物や食事の料金は含まれておらず、すべてオプションとなる。

これまで格安航空会社は欧州内での路線が中心だったが、大陸間路線にも参入し始めている。ノルウェージャンは、マドリードやミラノなど欧州16の都市からニューヨークへ飛ぶ路線も開始する。
2017-12-20 続きを読む ▶
オランダ中央銀行(DNB)が18日に発表した統計によれば、2017年のオランダ経済成長率は3.3%と絶好調だった。また今後2年間もそれぞれ3.1%そして2.3%の成長率を見込んでいる。失業率も4.9%まで下がっており、2019年には3.5%にまで減少する。インフレ率は2017年1.3%と低く、来年度も1.4%、そして2019年から上昇傾向にあると、中央銀行はその報告書で述べている。

この経済成長(GNP増加)は国内消費が牽引している。また2018年、2019年もこの傾向は続くと見られる。雇用の増加と給与上昇で可処分所得が増えているため、消費はさらに活発となる。失業率も低下し、金融危機以前の状態に戻っている。

2017-12-19 続きを読む ▶
オランダの最大オークション・売買広告サイト「マルクトプラーツ(Marktplaats)」の検索ワードで最も多かったのは「無料(Gratis)」。1日に約5万回がこのワードで検索されている。オランダ人は「無料、(Gratis, Free)」が大好きなようで、ここ数年検索ワードではトップに輝いている。2012年には「自動、オートマティック」と「iPhone」が上位2を占めていた。しかし2014年からは「無料」がこれに取って代わり、「iPhone」は雑貨・家具ブランドである「Riviera Maison」にその地位を退かされることになる。そして今年の「無料」に次ぐキーワードは「キャンパー(キャンピングカー)」。中古のキャンパーは特に若い人に人気上昇中だ。バケーションに使うだけでなく、屋外フェスティバルにキャンパーで出かけるのが流行っているという。
2017-12-18 続きを読む ▶
「タブレットやスマートフォンを四六時中見ているせいで、子供の近視が増加しており、時には失明する子供も出ている」とロッテルダム・エラスムスメディカルセンターの眼科医で教授のキャロライン・クラーフェル氏は、全国紙NRCのインタビューで警鐘を鳴らした。両親は、子供がなるべくスクリーンを見ないよう、外で遊ぶよう指導してほしいと延べている。

同教授によれば、子供の近視は失明に至る可能性が高いという。近視の子供の多くが、大人になってから近視に気づき眼科へかけこむが、これも問題だとクラーフェル氏。日本のような視力検査はオランダの学校では行っていない。眼科基金(Ooogfonds)によれば、20歳以上の人の半数が近視で、この数は増える一方だという。
2017-12-14 続きを読む ▶
オランダ政府はオーストリア政府と連携し、ドイツが実施予定の高速道路全面有料化を反対し欧州裁判所へ提訴すると発表した。両政府によれば、ドイツの計画は「欧州内の移動の自由」というEU基本方針に違反するものだとしている。ドイツ国内で登録されている車両の所有者は、有料道路で支払った金額を道路税から差し引くことができる。つまり、ドイツを通過する外国ナンバーの車両のみが有料化されるということになる。現状、ドイツでは7.5トン以上のトラックのみが有料で、自家用車やバスなどは無料となっているが、この有料化計画ではすべての車両に料金が課されることになる。

オランダのインフラ担当省が試算したところによれば、ドイツの高速道路有料化でオランダの車両は6000万から1億ユーロの支出を余儀なくされることになる。オランダから...
2017-12-13 続きを読む ▶