ニュース

タイラース博物館「ホックニーの目」展覧会
hockney.jpeg
ハーレムにあるタイラーズ博物館(Teilers Museum)で、英国の著名アーティスト「デイビッド・ホックニー」展が今日から開催される。展覧会では約60点が展示されるが、そのうち12点はのカメラ・ルシダと呼ばれる19世紀の光学機器を使って制作された肖像画だ。この器具を使うとカメラのように被写体を簡単に描くことができるという。

「ホックニーの目(Hockney's Eye)」と題したこの展覧会では、85歳のホックニーがレンズや鏡そして光学機器を使うことへの挑戦が披露される。過去にアーティストがカメラ・オブスキュラといった器械を利用して絵画を描いていたのと似ている。フェルメールがカメラ・オブスキュラを使っていたという理論も研究されている。

ホックニーが2001年に「秘密の知識(SecretKnowledge)」という本で光学機器を使った過去の作品の研究結果を発表したとき、美術史研究者の批判の波にさらされた。しかし「ホックニー自身は美術史家ではないが、アーティストとして自分の目で観た研究結果」だと、タイラース博物館のキュレーターが擁護している。

タイラース博物館は1778年に設立された芸術、自然史、科学の博物館。 当事は美術と科学のセンターという最新情報を発する場所だった。現在では美術作品、化石、科学器具、コインなどを常設する博物館である。


関連記事

熱帯博物館(文化人類博物館)でマスクを作ろう!
mondkapjes.jpg
オランダではまだマスクをファッション・アイテムとして使用している人は少ないが、今後増えそうである。アムステルダムの熱帯博物館(文化人類博物館、Tropenmuseum)では、今年の夏に有名ファッションデザイナーのデザインしたマスクのワークショップを開催している。
カリム・アドゥッチ(Karim Adduchi)、ヤムナ・フォザーニ(Yamuna Fozani)といったモロッコ系そしてアフリカ系オランダ人、日本で動物柄のマスクを発表したサミラ・ボーン、トーゴ生まれのソフィア・ベントー、そしてカラフルなデザインで有名なバス・コスターズのデザインした生地でマスクが作れる。どれも明るく目立つアイテムだ。

このマスクのマスタークラスへは7歳以上なら誰でも参加できる。
申込みは以下のサイトから。

日時:毎週水曜日と日曜日の14:00-15:30
費用:2.5ユーロ(入場料は別途)
期間:7月5日から8月12日まで

この博物館はアジア・アフリカ・オセアニア・アメリカの文化や歴史を示す貴重で素晴らしいアイテムが展示されている。また併設のカフェでは世界中のエスニック料理が食べられる。

100年以上個人所有されていた日本の傑作がライデンの民族学博物館に
歴史的に重要な屏風がライデン国立民族学博物館日本コレクションの目玉に

現在までその存在が知られていなかった、川原慶賀(1786頃-1860頃)の傑作が最近になり発見され、ライデン国立民族学博物館によって購入されました。この屏風は1836年頃の、出島に設けられたオランダ商館がある長崎湾の風景が描かれたものです。この屏風が完全修復に入る前に、2018年7月5日(木)から7月22日(日)の約2週間に渡りライデン国立民族学博物館にて特別一般公開されます。

同博物館館長のステイン・スホーンデルヴールドは「本作は慶賀作品の中でも大変ユニークなもの、慶賀が製作した唯一の屏風だと言われています。日本とオランダの歴史的な関係を壮観に描き出しており、本作がオランダの国立コレクションに入ることは非常に重要であると考えます。」と述べています。
この作品は日本コレクション、特に500点以上を有する世界最大の慶賀コレクションの中でも目玉になることでしょう。完全修復後、この屏風はライデン国立民族学博物館の中心的な展示品となります。

「長崎湾の出島の風景」は、絹の上に鳥瞰的視点で描かれています。1836年頃の作と推測されるこの八曲一双屏風のサイズは、高さ171cm、横幅470cmにも及びます。制作当時、オランダはヨーロッパ諸国の中で、人工の島・出島を通して日本との貿易が唯一許された国でした。屏風に描かれているオランダ船Marij en Hillegonda(マライ・エン・ヒレホンダ)は1836年にたった一度、日本へと航海しました。この作品は、川原慶賀が出島の裕福な住民に依頼され、制作したものだと考えられています。唐人屋敷や停泊した2隻の中国船なども緻密に描かれています。そして、墨で書きれた「慶賀」の名の下に、彼の通称である登与助(Tojosky)が朱色の落款印にアルファベットで表記されています。

その繊細な描写が故に、川原慶賀は「カメラを持たない写真家」の異名を持つ程でした。日本の文化や自然を色彩豊かに描き出した彼の作品の大半は、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(1796-1866) などのコレクターにより依頼され、製作されていました。
川原慶賀は例外的に出島への行き来が許されていたため、日蘭の関係性を絵画として記録に残す事が出来たのです。この機会によって慶賀は、この屏風に見られるような遠近法などのヨーロッパの絵画技術に触れ習得することができました。

クールジャパン展@ライデン民族博物館(4月14日ー9月17日)
ライデンの民族博物館(Museum Volkenkunde)では4月14日から「クールジャパン」展を開催する。ホラーアニメからカワイイ系、そして歴史的な浮世絵と、日本を代表する文化を紹介するもの。日本のレンブラントとも呼ばれる北斎から、日本のキャラクター文化をグラッフィクで表現する松浦浩之の昨品まで、一度に多くの昨品を鑑賞できる。
また日本のポップカルチャー好きにはたまらない、デスノート、もののけ姫、ファイナルファンタジーなどの原画も展示される。4月29日と30日の週末は、クールジャパン・ウィークエンドで、ワークショップなどが開催される。詳細はウェブページで。

開催期間:2017年4月14日ー9月17日
開催場所:Museum Volkenkunde, Steenstraat 1, Leiden

ヨーロッパの知られざる博物館トップ10にアムステルダムのバッグ美術館
英ガーディアン紙が選んだ「ヨーロッパの知られざる博物館ベスト10」に、アムステルダムのバッグ美術館(Tassenmuseum Hndrikje)が選ばれた。観光客は大きくて有名な博物館には出向くが、小さくてガイドブックにも載っていない博物館や美術館には足を運ばない。ガーディアン紙は観光客に知ってもらいたい小さくても素晴らしいミュージアムを選んでいる。
アムステルダムのヘーレン運河にあるヘンドリッキェ・バッグ美術館には16世紀から現代までの5000ものバッグのコレクションがある。世界では知られていないものの年間8万人がここを訪れている。バッグのコレクションでは世界でも最も権威ある博物館だという。さらにこの博物館のミュージアム・ショップも魅力的。おびただしい数のバッグを鑑賞したあと、自分もひとつ欲しくなるのが常であるが、ここではオランダのデザイナーや博物館オリジナルのバッグを購入できる。また17世紀に建てられた部屋でランチやハイティも楽しめる。

ガーディアン紙のリストに載っている小さくて個性的な隠れ家美術館は、プラハのカンパ博物館、アムステルダムのバッグ博物館、パリのザッキン美術館、マドリッドのカイクサ・フォーラム、リスボンのカサ・メデイロス・エ・アルメイダ、ブダペストのバサレリー美術館、ローマのチェントラーレ・モンテマルティニ、ウィーンのホフモビリエン・デポ、ワルシャワのカリカチュリ美術館そしてベルリンのデザイン・パノクティクムである。

ベルギー ブリュッセルユダヤ博物館発砲事件 続報
5月24日の午後、ブリュッセルのユダヤ博物館で起きた発砲事件で、フランス警察は容疑者とみられる29歳の北フランス出身の男をマルセイユで逮捕した。男はライフルとリボルバー銃そして多くの弾薬を所持していた。この男はベルギーのコルトレイクに何らかのコネクションがあると考えられている。 またフランス国内で2度強盗の罪を犯し逮捕暦があった。 

この男は昨年、シリアに滞在し過激勢力と共に戦闘に加わっていたと捜査官は述べている。押収されたライフルはISIL(イスラム過激派武装組織)の旗に包まれていた。フランスの諜報機関は、この男がシリアから帰還した後、彼の監視を続けていたが、男は監視の目をくぐり抜け事件を起こした。ディルポ首相は「過激派組織との戦いを強化するべきである」という声明を発表した。

男はアムステルダム発のバスにブリュッセルから乗車し、マルセイユまでたどり着いたが、麻薬の無作為検査に遭遇し、偶然逮捕された模様だ。男は先週の金曜日にマルセイユのバスステーションで逮捕されていたが、このニュースの報道は日曜日の朝まで控えられていた。

この男がマルセイユで身柄を拘束された際に所持していた武器が、この事件で使用された物かどうかを判定していたものと思われる。また防犯カメラに写った際、男が被っていた帽子と、所持していた小型カメラの映像も動かぬ証拠となった。

ベルギー側は既にこの男を引き渡すようフランスの司法当局に要請している。この男を逮捕したニュースは、ユダヤ組織へもたらされたが、彼らはこの事件以上の攻撃の可能性を恐れている模様だ。 

この事件が果たして男の独断で行われたのか、あるいは大規模な組織ぐるみだったのか、早期の究明が求められている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。