ニュース

オランダの女子の精神状態5年前より悪化
jongens.jpeg
オランダの子供や青少年は比較的幸福度が高いと言われている。ただ最近精神的に不安定な女子生徒の数が2017年に比較して大幅に増加している。ユトレヒト大学の調査結果である。調査は11歳から16歳の青少年を対象に行われた。男子の精神状態も5年前に比較し悪化しているものの、女子はそれを大幅に上回っている。

グループ8(日本の小学校6年生)では女子の33%が感情的に不安定という結果が出ており、中高生になるとこれが43%にも上る。2017年にはそれぞれ14%と28%だった。男子は感情的な問題だけでなく行動にも問題が出る場合が多い。さらに集中力の低下や多動問題にも直面している。

調査によれば中高等学校での勉強の重圧を感じている青少年が20年前と比較し2倍に膨れ上がった。とくに女子にこれが多い。親からの期待や将来に対する不安も不安定な感情に影響している。小学校では最終学年に進路を決めるアドバイスに、6人に1人がストレスを感じている。

青少年の精神的な問題はコロナ禍も大きく影響しているようだ。ただ疫病が去っても精神的な問題が消え去るというわけではない。
調査が始まった2001年以来、オランダの青少年は一般的に両親、友人、クラスメートなどとの社会的な関係は良好だという結果がでている。とくに男子に関しては父母や親友となんでもオープンに話せると答えている。しかし中高の女子に関してはクラスメートや教師との関係は昔より肯定感が下がっている。いじめに関しても2017年以来変わらず大きな問題となっている。


関連記事

オランダの青少年、スマホやPCの使いすぎに自ら懸念
オランダの青少年は自分たちが携帯電話やタブレットそしてPCの画面を見る時間が長すぎると心配している。10人に7人はこれにより野外で過ごす時間が減ったことを残念に思っている。オランダの全国紙フォルクスクラントが、10歳から22歳の青少年569人を対象に調査した結果である。

調査によれば青少年は平均3時間20分画面を見ている。これはあくまでも自由時間内の使用時間で、学校や仕事でPCなどを利用している時間は含まれていない。そしてほとんどが画面を覗く時間を減らしたいと考えている。とくに18−19歳の青少年の画面に釘付けされる時間は長く、平均で一日4時間。彼らも2時間ぐらいが適切だと感じているが、なかなか減らすことができないと答えている。

長時間画面を見つめることで心身に支障をきたすと考えている青少年は57%と半数以上いる。目に悪いとする青少年は47%、集中力が下がると答えているのは45%、そして肩こりや背骨の痛みの原因となるという子供が50%近くいる。ただしほとんどが軽い症状ではあるが。

国立健康衛生研究所(RIVM)によれば、夜間にスマートフォンやPCを使う人は睡眠障害を起こす率が高い。またエラスムス大学病院の専門家は、長時間の画面凝視は近視さらに失明の危険も伴うと警鐘を鳴らしている。

青少年自身がスマートフォンなどの使いすぎによる心身の問題を心配している(50%)反面、親はそれほど気にしていない(38%)のも興味深い。また使いすぎを心配するものの、青少年はソーシャルメディアなどで人生を楽しむ機会が増えていることも認めているのも確かだ。

オランダの青少年の初体験年齢上がる
オランダの青少年が初めて性交渉を体験する年齢が5年前の17.1歳から18.6歳に上がっている。ルトヘルス研究所と性病・エイズ研究機関が12歳から25歳までの2万人の青少年を対象にした調査の結果である。1960年代から性的交渉には自由なオランダだが、最近は「まだ早すぎる」と考える青少年が増えている。とくに宗教的な背景が強かったり、非西欧出身者にその傾向は強い。

調査機関によれば、最近の青少年は前世代に比較し性に対する興味が低いという。また、性に関し親や友人とオープンに話したり、情報を収集することが5年前の調査より低くなっている傾向がある。性交渉が少なくなっていのには、インターネットの利用増加が関係しているのでは、と調査機関は分析している。週末はネットフリックスで映画を見てソーシャルメディアで時間をつぶすのが当たり前になっているため、性交渉に費やす時間や気力がない。

この傾向は青少年だけでなく大人も同様だ。スウェーデン政府が昨年行った大規模な調査でも、性交渉が希薄になっているという結果が出ている。ベルギーでもカップルは週に一度は親密になる「デートの夜」を作ろうと社会健康保健省が提唱している。この世界的な傾向はオランダも例に漏れない。ソーシャル・メディアに費やす時間やエネルギーがこれに代わっているというのが、調査機関の分析だ。

オランダ人青少年の「模範生化」進む?
オランダ人というと酒、タバコ、ドラッグ、セックスに奔放というイメージがあるが、青少年(16歳以下の未成年)ではその親あるいは祖父母世代とはうって変わり、飲酒や喫煙をあまりしなくなった。15歳の青少年が喫煙経験があると答えたのは2009年には44%、これが2013年の間には34%と下がり、この下降傾向は続いている。同じくアルコール飲酒も同22%から16%へと減っている。さらに性体験についても15歳では2005年の26%から2013年の16%へと大きく減少している。調査は4年ごとにWHO(世界保健機関)が欧州の20万人の子供を対象に行っているもので、オランダでもユトレヒト大学や社会文化計画局などがこの調査に参加している。

しかしこの調査結果とは裏腹に、急性アルコール中毒で病院に担ぎ込まれる青少年の数は増える一方で、2015年には931人と、2014年より19%も増加している。さらに若年でXTCなどのパーティドラッグに手をだすものも少なくない。飲酒や喫煙、ドラッグも全くやらないという青少年が増える一方で、このような極端な飲酒やドラッグにはまる者も増えているといえる。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。