ニュース

猛暑のオランダ、将来どうなるのか?
summer_sun.jpeg
今日の予想最高気温は40度。オランダでは1年に1回あるかないかの猛暑である。ナイメーヘンで開催される4日間歩け歩け大会も、今朝スタートするはずだったが、今のところ様子見。多くの保育所も今日は閉鎖している。ここ数年オランダでも猛暑になる日が数日あるが、いったい今後はどうなるのだろうか?猛暑の日が増えて、屋外でのイベントが減る可能性があるのだろうか?

気象専門家のヘリット・ヒームストラ氏によれば、今後はもっと猛暑の日が増え、降雨量が減るが、洪水に見舞われる可能性も高くなる。近い将来に気温が下がるという可能性はほぼない。

欧州の南部では、猛暑、森林火災、不作が毎年のように問題になっているが、これが北上してきている。スペインやポルトガルはもうすでに夏に休暇を過ごす場所ではなくなりつつある。科学者は、このような猛暑や干ばつそして大洪水などの異常気象が地球温暖化によるものだと異口同音に述べている。

猛暑に襲われているのはオランダだけでなく、涼しいはずのイギリスでもコード・レッドの猛暑注意報が出ている。フランス、ポルトガル、スペインなどの南欧ではすでに猛暑と干ばつそして森林火災で大きな被害が出ている。

このような気象変動がどのような影響を及ぼすのか? 野外コンサートは猛暑とあられなどで中止となるところが増える。もし野外コンサートに行くのなら、日焼けに注意し、なるべく日陰に座り、十分な水分をとるようにと国立衛生環境研究所はアドバイスしている。



関連記事

明日からまた猛暑、水不足に拍車
blauwalge.jpeg
明日からまた一週間ほどオランダに猛暑がやってくる。ほとんどの地域で30度を超えると予想されている。また降雨がないため、この干ばつも悪化する。先週の水曜日に公式な水不足が発表されたが、これがさらに続く。

オランダを流れるマース川とライン川の水位はさらに下がる。アイセル湖も同様で、先週には船舶の運行が制限されている。水門も非常に狭いため、一度に1艘しか通過が許可されていない。

火曜日は20度から29度、そして水曜日からは30度を超えると予想されている。この猛暑は週末まで続く。

こう暑いと川や湖や海で泳ぐ人も多いが、水中の藍藻(blauwalge)に注意するよう国立水管理局が警告を出した。藍藻は水の表面に青や緑の層を形成することが多いが、水中で見えない場合もある。藍藻に接触すると皮膚の炎症を起こすだけでなく、頭痛や胃腸の痛みを引き起こす可能性がある。遊泳に危険な地域は、遊泳水域www.zwamwater.nl  で見ることができる。

干ばつは山火事を起こす危険もある。現在自然火災リスクは2段階。このため消防隊は自然地域で喫煙したり、乾燥した高い草木のある場所に駐車しないよう呼びかけている。
オランダは年々気温が上がり、降雨量が減っている。これに対してまだ対応準備ができていないというのが実情だ。

オランダも猛暑でエアコン記録的売り上げ
今年の6月と7月には数日間に続く猛暑がオランダを含む欧州全土を襲った。これまでエアコンの設置をしている個人住宅は少なかったが今年はかなりの家庭がエアコンを購入した。2016年にエアコンが設置された家庭は75,000戸。2017年にはこれが95,000戸に増えた。今年はこれがさらに増加すると見られている。この数値は専門家が取り付けたエアコンの数だが、個人的に購入し設置した数は含まれていない。

エアコンを購入し設置すると2,000ユーロは下らないが、購入は増加している。家電販売チェーンのクールブルーによれば、今年は2018年の同時期に比べ15%増加している。
ただしオランダの環境団体はエアコンの設置が、電力消費を増加させ環境に負荷を与えると反対している。建物の断熱や屋根に植物を植えるなどで、家の中を涼しく保つことを勧めている。
今夏の熱波は去り、8月は過ごしやすい日が続くと予想されている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。