ニュース

オランダにもゴールデンパスポートがあるのか?
passport.jpeg
オランダへの移住は、日本人に関しては起業ビザという制度がある。しかし、他国からの移住に関してはこの制度は適用されていない。これに対しポルトガルやギリシアは、超富裕層や資産家にいわゆる「ゴールデン・パスポート」を発行して移住を可能にしている。オランダにもこのような制度があるのだろうか? オランダから外国へ出ていく富裕層と入ってくる富裕層を見ると、今年だけでプラスマイナス350人の億万長者がオランダに増える見込みだ。富裕層向けの移住コンサルタントであるヘンリー&パートナーズ(Henley and Partners)によれば、「昨年オランダに移住した億万長者が多い。とくにブレグジットのせいでイギリスからの移住者が増えている」

同社の調査によれば、世界で年間15万人の「グローバル・シティズン」と呼ばれる億万長者が移住している。特にロシア、中国そしてインドでは富裕層の流出が目立つのに対し、アラブ首長国、オーストラリア、そしてシンガポールへの流入が増えている。とくにウクライナでの戦争により、ロシア人のドバイへの移住が増えている。

オランダにも富裕層を優遇する「ゴールデン・ビザ、パスポート」のような制度があるのだろうか? 特別な制度はないが、オランダに125万ユーロ投資すれば滞在許可を得ることが可能だ。投資は不動産は除くのと、かなり厳しい資格審査があるため、ポルトガルなどに比べると障壁は高い。ただし、オランダには「高度なスキルを持つ人の移住制度(Kennisimigrantenregeling)」という「裏口」がある。この制度がかなり悪用されていることが最近の調査で明らかになった。(リンクの記事) 実際にこの制度を悪用し、オランダ国内でスパイ行為を行うロシア人と中国人が見つかっている。

欧州で超富裕層に滞在許可(ゴールデンビザ、ゴールデンパスポート)を発行している国でポルトガルとギリシアがトップである。ポルトガルは今年の5月だけで119人の外国人を受け入れている。このうち中国人が17人、ブラジル人が10人、そしてインド人が7人となっている。50万ユーロ以上の不動産をポルトガルに買うという条件でビザが買えるのである。このビザで5年間はシェンゲン協定国内を動くことができる。マルタも同様で、ここではすぐにパスポートが取得できる。これらの国が欧州委員会では頭痛の種となっている。


関連記事

中国やロシアの大富豪はEUのパスポートやビザを簡単に入手!?
EU各国のパスポートやビザを持っていれば欧州どこにでも行けるため欲しがる人は多い。世界の腐敗や汚職を調査するトランスパレンシー・インターナショナルと欧州議会の調査によれば、欧州各国でパスポートやビザが販売されているという事実が発覚した。「黄金のビザ」と呼ばれる欧州のパスポートや居住許可証は、毎年数千人のロシア人や中国人が購入している。価格や購入条件は国によって異なるというが、簡単に購入できる国もいくつかある。

オランダの欧州議会議員であるピリ氏(労働党)によれば、「欧州以外の国民へのパスポート販売には、明確なルールもないし不透明。そしてなんの管理も行われていないのが実情」だという。「パスポートを得た人は自由に欧州内を動けるため深刻なセキュリティの問題だ」と警鐘を鳴らしている。とくに、暗黒界を仕切る大富豪たちが欧州のパスポートを購入した場合が問題だ。オランダの労働党や民主66党は、「シリアのアサド大統領やロシアのプーチン大統領の友人たちが簡単にパスポートを購入している」と指摘している。

例えばプーチン大統領の友人でドナルド・トランプ氏の選挙キャンペーン担当者とも近いデリパスカ氏はキプロスのパスポートを購入している。キプロスでは最低200万ユーロを投資し5人の従業員を雇えばパスポートを獲得できる。
ポルトガルでは50万ユーロ投資すればビザを獲得でき5年後には市民権を得られる。ブラジルの富豪で汚職事件で逃亡していたオリベイラ・ディアス氏もこの方法でポルトガルのパスポートを取得した。さらにリトアニアではビザは1万ユーロと安価なため、ロシアや旧ソビエト連合国からの申請が後を絶たない。アサド大統領の従兄弟もオーストリアのパスポートを取得している。ハンガリーでのパスポート価格も30万ユーロと安く、とくに中国人からの申請が多いという。

この問題について本日30日に欧州議会で討論が行われる。


スペインのイビザ島へ行くオランダ人観光客激増
以前から欧州の若者の間では人気があったイビザ島だがオランダ人観光客の数が爆発的に増えている。2003年にはオランダからの旅行者は38,370人だったのが、2013年には237,000人と大幅に増加している。とくに2011年からは54%も増えている。

この人気の裏には、これまでのクラブ、DJ文化もあるが、最近では有名なサッカー選手がこの島で結婚式を挙げることが多くこれを真似てイビザで結婚式を挙げる人が増えているという背景もある。今回のオランダ代表チームでプレーしている選手の何名かもここで結婚式を行っており、「イビザで結婚式」というのが以前日本で流行った「ハワイでの結婚式」を彷彿させるブームとなっている。
さらに、有名なクラブで何人かのオランダ人のDJが演奏しているのと、家を持つ人が多いことなどが、このオランダ人がイビザ島に大挙して押しかける背景にあるという。


ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。