ニュース

オランダだけでない空港混乱、他国の状況
frankfurt.jpeg
スキポール空港でのフライトの遅延やキャンセルそして荷物のロストなどの混乱が報道されているが、これはオランダだけではなさそうだ。フライトの遅延でトップに上がっているのはブリュッセル空港。ロンドンのヒースロー空港の混雑も深刻だ。フランクフルトでは多くの便がキャンセルになっている。統計的には、混雑を避けるには月曜日か火曜日のフライトが良さそうだ。

以下はヨーロッパの空港別のフライトの遅延とキャンセル状況。(最初の数字が遅延、次がキャンセル)これを見るとスキポール空港の遅延率は61%と8番目にあがっている。

1 ブリュッセル 72 % 3,5 %
2 フランクフルト 68 % 7,8 %
3 アイントホーフェン 67% 1,8%
4 ロンドン・ルートン 66% 2,7%
5 ブダペスト 65% 2,1%
6 リスボン 65% 4,8%
7 パリ 62% 3,1 %
8 スキポール 61% 5,2%
9 ニース 60% 3,4%
10 ロンドン・ガトウィック 59%1,4%

アムステルダム・スキポール空港で6月に遅延なしで飛んだ便は25−50%だという。フライトのキャンセルも5.2%と高い。これよりもキャンセルが多いのは唯一フランクフルト空港で7.8%がキャンセルとなった。

統計を見ると、遅延が少ないのは月曜日と火曜日。運賃も安いだけでなく、キャンセルや遅延が少ないという。


関連記事

スキポール空港混乱でトップ辞任
schiphol_full.jpeg
スキポール空港などの空港運営会社であるスキポールグループのCEO、ディック・ベンスホップ氏が辞任を発表した。後任者はまだ決まっていないが、ベンスホップ氏は後任者が決まるまで任務を務めるという。

今年の5月からアムステルダム・スキポール空港は混乱を極めており、問題はまだ解決していない。人員不足によるサービスの低下、発着便のキャンセルや遅延、長い待ち時間、バッゲージ紛失など、いまだに混雑や不便は解消されていない。このためやむなく旅行をキャンセルされたりする人が続出している。問題の根本はセキュリティやバゲージ取り扱いなど多くの職務での人手不足にある。

「スキポール空港の問題への対処、そしてCEOである自分の責任についてもこれまで多くの批判を受けてきた。スキポール空港が新しいスタートを切れるよう辞任することにした。」とベンスホップCEOは会見にて述べている。

5月休暇以降、空港は人員不足により業務の取り扱いができなくなり、利用客の制限をするようになった。さらに航空機の利用にも制限がかかった。この秋休みにも問題は解決されておらず、混乱状態は続いている。
問題を解決しないまま辞任を発表したベンスホップ氏の無責任に対する批判も高まっている。

空港混雑によるフライトキャンセルなど、補償決定
schiphol_full.jpeg
この夏、空港混雑で予定していたフライトに乗れなかった人は、空港から補償金が出る。消費者協会(Consumentenbond)が空港に同意を取り付けた。これはスキポール空港だけでなく、アイントホーフェン空港も人手不足による混雑で、フライトを逃す人が出ており、補償は適用される。

補償は、4月23日から8月11日までの間に、スキポール空港での長い待ち時間のためにフライトを逃してしまった人に適用される。アイントホーフェン空港に関しては、これより1ヶ月後の5月23日から8月11日までに期間だ。補償は、フライトを逃したために、別のフライトを予約しなければならなかったり、別途に新しい航空券を購入しなければならなかった場合の費用となる。またフライトをあきらめ、車や列車に変更した人に対してはその費用を空港が補償する。

またフライトを逃したために目的地での宿泊をキャンセルせざる得なくなり、これが無料でできなかった場合にもこの費用も補償の対象となる。また、同日のフライトに延期された場合には、待ち時間の間の飲食費も補償される。

スキポール空港のこの決定に、消費者協会は満足している。ただし空港の補償に不満な場合には、消費者は協会に連絡するように提言している。インフラ担当大臣であるハーベル氏も今回の空港の決定を評価している。

スキポール空港の混雑と利用者制限は秋休みまで続く
schiphol_full.jpeg
スキポール空港は混雑のため乗入れ航空機制限を行い空港利用者数を減らしているが、これは夏休み中だけでなく9月と10月も続くと空港が火曜日発表した。空港は各航空会社と話し合いの上、新しい利用制限を決定した。これによれば、9月は1日最大の利用者数は67,500人、10月はこれより69,500人となる。秋休みはこの期間にあたる。

秋休み期間中は、1日平均3,500人が最大利用者数を超えている。このためさらなる制限を行うため航空会社との話し合いが続いている。空港によれば10月にはこれまで不足していたセキュリティ担当者が増えるはず。ただ、夏は持ち込みバゲージの量が少ないが、秋から冬になるとコートを来たり持ち込む衣服も増えるため、セキュリティコントロールでの時間がかかる。

今年に入ってからの空港の混乱で旅行会社は大きな損害を被っている。とくにフライトのキャンセルや再予約などが増え、クレームの処理に追われている。コロナで2年間収益がなかった後、次はこれである。消費者協会(Consumentenbond)は、スキポール空港の対策を素人だと批判している。すでに混乱を予想していたはずなのに付け焼き刃の対応しかしていないと批判。消費者協会に寄せられた苦情は6月だけで350件に上っている。

空港混雑で航空機を避け、国際列車利用客急増
traintravel.jpeg
来週からオランダの夏休みが始まり、国内外の旅行へ出かける人が増えている。この夏は例年と異なり列車を利用する人が目立つ。国内を走る列車の利用客はコロナ前ほど増えていないが、国際列車は満席というケースが多い。

オランダ鉄道インターナショナルによれば、6月の予約は372,000枚チケットとコロナ前の2019年の同月と比較して30,000枚多い。パリ行きのタリス、ベルリン行きのインターシティ、そしてロンドン行きのユーロスターの予約が増えている。とくにロンドン行きに関しては需要が急増しているため、9月から朝の便をもう1本増やすと決定した。

列車旅行の行き先として人気なのは、アントワープ、ブリュッセル、パリである。このほか今年からウィーン、ミラノ、コペンハーゲンへの列車旅行が注目を浴びている。また、欧州全土を旅行できる「インターレイルパス」の利用も増加している。とくに、インターレイルパス50周年記念で割引チケットが売り出されたので、ここ数週間このチケットを買い求める人で長い列ができていたという。

列車旅行でもうひとつ人気なのが「グリーン・シティ・トリップ」と呼ばれる寝台車で行く旅行だ。オランダからベニス、ウィーン、コペンハーゲンに向かう寝台車である。今年の夏はすでにほぼ満席だという。

飛行機での旅行は安いし速い。しかしこのところの空港での混雑とストレスを避けて余裕のある列車旅行を選ぶ人が増えている。また列車旅行ならではのゆったり感を楽しむ人や、環境問題を考え航空機を避ける人が多いという。ただし列車旅行は高いため、NSは数ヶ月前の早めの予約や人気がそれほど高くない行き先の予約を勧めている。

アイントホーフェン空港も大混雑、秋まで続く!?
EindhovenAirport.jpeg
スキポール空港の混雑は航空便の削減でやや緩和の方向に向いそうだが、今度は小規模なアイントホーフェン空港が混雑している。ときには行列が空港の外まで続くほど。混雑を避けて早めに空港に来る人が多いというのも行列が長くなる一因でもある。この空港も人員不足で乗客をさばききれないのが混雑の原因だ。この空港は主として欧州内格安航空便が利用している。

アイントホーフェン空港では今月から秋休みまで、毎日20,000から25,000人の乗客を予定している。空港は出発の2時間半から3時間前に空港に着くよう呼びかけているが、5時間前に来る人もいて、これが行列を長くしている。この空港ではファースト・トラックを用意しており、急ぎの人はこの列に並べる。ファースト・トラックを利用するには5ユーロ払えばいいシステムだったが、現在このシステムは使えず、出発に間に合わない人などが利用。

アイントホーフェン空港のオーナーはアイントホーフェン市とスキポールグループ。空港従業員は夏の間は特別に時給5.25ユーロ上乗せという契約が6月から結ばれている。またセキュリティ部門への適任者を雇用すると500ユーロの特別ボーナスも出るという。これらのボーナスや賃上げで人材を集めようとしているが、結果が出ているかは不明だ。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。