ニュース

オランダでのオミクロン感染、南ア以前?
omicron.png
11月28日南アからオランダへの渡航者13名から新型コロナウィルス変異株であるオミクロン変異株が見つかった。これに関連し、オランダ国立衛生環境研究所(RIVM)は、11月19日と23日の陽性者の検体を調べた結果、2人がオミクロン変異種に感染していたと発表した。南アがWHOに報告した24日よりも前に感染者が存在していたということになる。このうち一人は南アフリカに滞在していたが、もうひとりはアフリカに行ったことがない。感染源をたどることで、どんな経由で感染したかがわかるというが、まだ明らかになっていない。

RIVMは、過去の検査結果をさかのぼって再調査し、オランダにこのオミクロン変異株がどの程度広がっているのかを突き止める。検査結果は2ヶ月前までが追跡可能だという。
このほか、最近アフリカ南部に渡航したことがある人にも検査をするよう依頼している。過去のデータと新規検査により、国内のオミクロン変異株の広がりを調べるという。

RIVMは「結論を出すにはまだ時期尚早かもしれないが」、現在流通しているワクチンはオミクロン変異株に対しての防御効果はこれまでの変異株と比較し、高くないと述べている。ワクチンメーカーがオミクロン変異株にも効果があるワクチンを開発するには数ヶ月かかりそうだ。

EU内では44件のオミクロン変異種感染が見つかっている。オランダの他にはベルギー、ドイツ、デンマーク、スエーデン、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、オーストリア、チェコである。英国では14件が確認されている。


関連記事

変異株オミクロン感染者オランダで13名
omicron.jpeg
アフリカ南部で発生したと思われる新しいコロナ変異株オミクロン感染者が、南アフリカからオランダへ到着した2便から13名見つかった。日曜日午後の国立公衆衛生研究所(RIVM)の発表によれば、624名の乗客のうち61名が陽性。このうち13名がこの変異株オミクロンの感染者だった。

南アフリカのケープタウンとヨハネスブルグから金曜日にスキポール空港に2機が到着。乗客は全員コロナ検査を受け、結果が分析された。結果はまだ全員分ではないため、13名以上がこの変異株に感染している可能性もあるという。

デ・ヨング健康省大臣は、日曜日の記者会見にて今回の陽性者はすべて隔離、さらにアフリカ南部からオランダに戻る旅行者は全員隔離義務があると発表した。「オミクロン感染者がもっと拡大していた可能性も否めない。これまでの感染者検査ではこのオミクロン変異株は分析されていない場合もある。この変異株は感染力が高いことが懸念される。」と同大臣は述べている。南アフリカなどからの飛行制限はEUの規定に従うというが、オランダのような国での国境閉鎖は事実上難しいとしている。

WHOによればオミクロン変異株はデルタ株に比べ感染力が高いという。しかし重症化の可能性、そして現在のワクチンの効果についてはまだ判明していない。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。