ニュース

東京オリンピック、オランダ選手団6人目のコロナ陽性。感染源は不明
corona-5174671_640.jpeg
東京オリンピック出場予定の選手など、オランダからの選手団にコロナ陽性者が相次いでいる。ボートの優勝候補であったフィン・フロライン選手を始め、国営放送のコメンテーターであるエルスホフ氏まで、総計6人が陽性という結果になった。

17日に東京入りした選手団に共通しているのは、KLMのアムステルダム・東京便に搭乗していたこと。しかし、KLM機内での感染の可能性は高くないと専門家はコメントしている。国立衛生研究所(RIVM)はこの件についてはノーコメント。ただしRIVMは6月にオランダ航空宇宙センター(NLR)と共同で、機内の感染について調査しており、危険性はかなり低いとの結果を発表している。この結果はWHOとIATAによる結論と一致する。

KLM側も、機内での衛生には十分注意しており、座席なども消毒しているとコメントしている。飛行中は機内の空気は外部に放出。さらにHEPAフィルターを利用しており、ウィルスやバクテリアを99.99%シャットアウトしているという。

感染は、機内だけでなく出入国手続き時なども考えられる。また機内が清浄化されていても、マスクをせずに会話したり接触するなどの行為もありえる。いずれにせよ、オランダでの調査は限界があるため、現在日本側で調査を進めている。


関連記事

オランダ全土、またレッドに。欧州感染地図
ScreenShot2021-09-02at14.48.43.png
欧州疾病予防管理センター(ECDC)は木曜日、欧州のコロナウィルス感染状況地図を更新した。オランダは全土でレッド(赤、感染度高い)に塗られた。これはダークレッドに次ぐ危険度の高さである。北ホランド、南ホランド、フレーフォランド州はすでに赤だったが、残りの9州もオレンジからレッドへと変わった。

ほとんどの州で人口10万人に対し検査結果陽性者は75から200人だった。検査の結果4%以上が陽性だとオレンジからレッドへと上がる。オランダの水曜日の感染者数(検査陽性)は2878人。過去7日間の平均(2513人)を上回った。

隣国も感染者数が増えている。南に隣接するベルギーのフランダース地方はオレンジからレッドへ、ドイツのオランダ国境地域もレッドへと上がった。欧州他国はあまり変化が見られない。イタリアではローマのあるラチオ地方がオレンジからレッドへ。ギリシアもレッドからダークレッドへ。

これに対し中東欧はグリーン。ポーランド、チェコ、スロバキア、そしてハンガリーの感染者は非常に少ない。これらの国は数週間にわたりグリーンを維持している。

コロナ感染、先週より速度を増す可能性
ecdccoronamap.png
オランダで新規にコロナウィルスに感染する人は、先週より速いスピードで増加している。おそらく、地域によっては危険度が上がりそうだ。また欧州全体の地図でもオランダがさらに赤(危険度)が濃くなる可能性もある。

過去7日、RIVMに報告された検査陽性は18,104件。これはその前の週に比べ8%増加している。これは4度目のピークであった7月から最大の増加である。

とくに増加が目立ったおは、ザーンス・ウォーターランド地区。この地区では42%も増加している。フリースランドでも567から765と35%の増加。このほか、ケネマーランド地区、ホーイ地区、フェフト地区などでも20%増加している。

オランダ25地区のうち18地区が感染者の増加を示している。これにより、各地区での危険度が上がる可能性は高い。危険度は毎週水曜日に検査陽性数と入院患者数に基づき決定される。

欧州全体でもECDCにより地域による色分けがされていて、グリーン(安全)、オレンジ、レッドそしてダークレッドと危険度が上がる。今週木曜日に、この色分けが更新されるが、北ホランド州、南ホランド州、フレーフォランド州はレッドが続。オーファーアイゼル州、フリースランド州はおそらくこれまでのオレンジからレッドへと変わりそうだ。その他の地域はオレンジが続くと予想される。

7月にオランダがこの地図でダークレッドに染まった際には、ドイツとフランスがオランダからの入国に厳しい措置をとっていた。

コロナ感染者激減し、先週の半数に
damsquare.JPG
昨日まで1週間のコロナ感染者(検査陽性者)数がその前の週の約半数に減った。RIVMによれば69,731名から37,343名への減少である。また一人が何人に感染させるかという再生数Rも、7月16日の2.91から、1へと減った。検査陽性となった人のほとんどが18歳から24歳の若者(64%)である。
ただ陽性となった人の11%はすでに2回のワクチン接種済みという結果も出ている。

感染者数は減ったが入院患者数はこの1週間増え続けており、先週538名。これは先々週より115名増加している。ルッテ首相によれば、高齢者の感染は減っているため、今週が入院患者数がピークとなり、その後減ると予想される。

先月末からの規制緩和から、1日1万人を超すほど急激にコロナ感染者数が増えたが、政府は規制強化は行わなかった。マスクも公共交通機関以外では不要と、ほぼ通常生活に戻ったまま。それでもワクチン接種がほぼ全員に行き渡ったこともあり、感染者数は減り続けている。コロナとともに生きる道を選んだオランダの結果である。

1週間で7万人の感染者、これまで最大の増加だが追加規制なし。
corona20-7-21.png
RIVMによれば昨日火曜日まで1週間の新たなコロナ感染者数は69,731名にのぼった。これは先々週の34%増である。この増加はコロナ危機始まって以来の急激な上昇である。さらに入院者数も3倍に増えている。
政府はこれでピークに達したと見ているが、RIVM(国立衛生環境研究所)は、まだ予断を許さないとし、来週には状況が安定したかどうかがわかるとコメントしている。

政府は入院患者数が増えて入るものの爆発的な増加ではないため、現状では追加規制はない。ただし今後の状況の変化で来週にも記者会見が行われる可能性もある。ウイルス感染者1人が次に何人に感染させるかを示す「実効再生産数 R」は先週2.91だったがこれが1.75に減っているのも良い兆候と政府は見ているようだ。

今回の爆発的な感染は若い人が中心だ。陽性者の62%は15歳から29歳だ。34歳まで含めると70%にのぼる。

国外旅行から帰ってきた人のコロナ感染者も多い。今週は4129人が陽性確認された。コードレッドのポルトガルからの帰国者の感染はそれほど多くないが、ギリシア、ドイツ、フランス、イタリア、ベルギーからの帰国者の感染が目立つ(1週間で1500人)。またスペインに旅行した人の1250人が感染している。オランダ人の間で人気の旅行先はほぼ危険国(政府による渡航ネガティブ・アドバイスの国)となりつつある。またオランダ自体がコード・レッドのため、オランダからの渡航にコロナ証明(ワクチン、陰性証明など)を義務付ける国(フランスやドイツ)も出てきている。

感染増加で在宅勤務が再び標準化
onlinemeeting.jpeg
6月26日からのコロナ規制緩和で、勤務時間の半分は職場で働くのが許可されるようになった。しかしその後の感染拡大で、政府は再び在宅勤務を標準とすると発表した。どうしても職場に行かねばならない事情がない限り、在宅で仕事をするようアドバイスしている。

在宅勤務の緩和は、コロナ感染防止を管理するアウトブレイク・マネージメント・チーム(OMT)が反対していたが、これを押し切って政府は緩和対策に入れていた。のちにルッテ首相は早すぎる緩和について謝罪している。

政府はこれまでどおりの手洗いやソーシャルディスタンス、検査のほかに、換気にも注意するよう強調している。最近の感染のほとんどが、密閉したクラブやパーティで起きている。議会ではエアロゾル感染を防ぐための換気が以前から議論されていたが、換気に気をつけることが、今回初めて政府のコロナ対策に加わった。国立衛生環境研究所(RIVM)は、換気がどれだけ感染を防げるかの実験結果はないというが、換気に気をつけることは重要だとしている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。