ニュース

オランダは犯罪組織に牛耳られているのか
drugmafia.jpeg
火曜日夜に起きた犯罪捜査ジャーナリストの銃撃事件について、コメントを求められたフラッパーハウス司法大臣は、憤りと困惑が混ざり言葉少なげだった。オランダは年々激しさを増す地下犯罪組織のドラッグ戦争に直面している。アメリカのドラッグ戦争のような戦いが、オランダのマフィアによって日々繰り広げられているのだ。これまで一般人は巻き込まれなかったので、大きなニュースにはならなかったのだが、2019年に事件に関与していた弁護士が殺害されてから明るみに出てきた。殺害されたヴィエルスム弁護士は、ドラッグ犯罪組織によるマレンゴ事件の証人の弁護をしていた。これまでオランダでは組織による司法への攻撃はなかった。

前政府はドラッグマフィア撲滅のために1億ユーロの予算を計上し、警察、税務署、税関など複数の組織が共同で戦うシステムを作り上げた。しかし、この予算内でマフィア撲滅に成功していない。オランダは米国のドラッグ犯罪撲滅組織DEAのモデルを採用しようとしたが、警察の人員不足による抵抗にあっている。

オランダはコカインの取引におけるメインポートになりつつある。ロッテルダム港での大量のコカイン発見、アールスメール花市場を通してのコカイン取引、そして東部の農家への嫌がらせまで、マフィアによる犯罪はとどまるところを知らない。

2020年だけでドラッグ関連の殺人事件は115件。弁護士に続きジャーナリストへの攻撃が起きた今、オランダは犯罪組織撲滅にさらに投資をするだろう。しかし、コカインやクリスタルメスといったドラッグの需要は高く、貧しい家庭で育った若者が犯罪組織へ入るというルートがある限り、いたちごっこに終わる可能性もある。
(この記事の下に犯罪組織関連の記事を掲載)


関連記事

犯罪ジャーナリスト、アムステルダムで銃撃を受け重体
peterdevries.JPG
オランダではおそらく最も有名なジャーナリストであるペーター・デ・フリース(Peter R de Vries)氏(64)が、6日午後19:30ごろアムステルダムの中心地で銃撃を受け病院に運ばれた。事件が起きたのは繁華街ライツェプレインに近い道路上。目撃者によれば5発が撃たれデ・フリース氏の頭を直撃したという。警察はすでに容疑者3名を逮捕しているが、実際の犯人であるのか否か、動機などは明らかにしていない。警察はさらに捜査を進めると発表している。

デ・フリース氏は犯罪捜査ジャーナリストとして活躍している。 犯罪捜査ジャーナリストというのは、警察やときには犯罪組織と協力し、犯罪を捜査し、犯人を追いつめメディアで発表するというジャンルのジャーナリズムである。デ・フリース氏は数々の本の出版をはじめとし自身のテレビ番組も持っていた。過去40年以上に渡り、多くの犯罪を解決したり未解決事件に取り組んできた「人道派」ジャーナリストだ。1980年代にハイネケンの社長であったフレディ・ハイネケンの誘拐事件で名を馳せたのが始まりで、その後数々の重大事件に関わり、最近でもモロッコマフィア関連の犯罪に関わっている。

事件の直後、アムステルダム市長を始め、ルッテ首相、フラッパー司法大臣が記者会見で、怒りと遺憾を発表。国王夫妻もフェイスブックにて法治国家への攻撃だと憤りを表明している。


 アムステルダム北部で強盗と警察の銃撃戦。まるで犯罪映画
broek.jpeg
アムステルダム北部で水曜日、貴金属輸送車を襲う強盗事件が発生。犯人は2台の車で逃走したが、追跡する警察との撃ち合いとなり2名が負傷、1名が死亡という事件が起きた。逃走車は、アムステルダム北部からブルック・イン・ワーターランドまで警察とのマシンガンによる銃撃戦を繰り返しながら逃走し、最終的には7人が逮捕された。逃走に使われた車2台は犯人によって燃やされていたが、その後別の車に乗り換えロッテルダム方面に逃走した犯人もいた。最終的には全員が逮捕された。

貴重品輸送車には5000万ユーロ(60億円)相当の金塊や宝石が積まれていた模様だが、強奪されたものはまだ見つかっていない。

銃撃戦が繰り広げられたブルック・イン・ワーターランドはアムステルダム北東にある静かな村。そばにはスーパーマーケットなどがある。目撃者によれば銃撃戦は戦場のようだったという。犯人は、オランダ人とベルギー人だと言われているが、まだ詳細は発表されていない。

オランダ検察、犯罪組織の拷問部屋を発見、7つのコンテナの中
chair.png
オランダ検察は、ブラバント州のローゼンダール近郊で行った捜索で、輸送コンテナ7個の中に隠された拷問部屋と思われる設備と、剪定ばさみなどの拷問道具を発見したと発表した。このうち6個のコンテナは拘束用、1つが拷問部屋だった。捜索は6月22日に実施され、誘拐や人質事件にかかわった容疑でオランダ人6人を逮捕した。

6個のコンテナにはそれぞれ、人を縛りつけるための手錠が天井と床に取り付けられていて、防音パネルと断熱材が張られていた。
コンテナの1つには歯科用の椅子があり、足と両腕を縛るストラップが付いていた。拷問用と思われる道具の入った袋もあった。さらに、のこぎり、手術用メス、ペンチ、手錠、指錠、テープ、目出し帽、頭にかぶせる黒い綿の袋も見つかったほか、ロッテルダムの民家の捜索では、24キロ分の合成麻薬が発見された。
輸送コンテナには、離れた場所から監視するためのカメラも取り付けられていた。ほかにも盗難ワゴン車やBMW車、拳銃や中国版のカラシニコフや自動小銃など25の武器が見つかっている。

当局によると、今回の捜査は4月から開始し、暗号化されたチャットプログラム「EncroChat」にアクセスすることに成功。2500万件のメッセージを盗聴、グループの動きや犯行計画を監視して、狙われていた複数の人物を割り出した。検察はこの拘束施設と地下組織の犯行計画を「冷酷で衝撃的」だ動揺を隠せない。容疑者は誘拐、暴行、恐喝、犯罪組織への参加の容疑で逮捕されたが、アムステルダムの地裁は月曜日、さらに90日間の拘束を命じている。(画像:オランダ検察)

国際指名手配の犯罪人タギ、ドバイからオランダへ
国際指名手配中のオランダの犯罪者リドウアン・タギが昨夜ドバイからオランダへと搬送された。ドバイ警察がオランダ警察へ要請し、タギを特別機でオランダへ送還することになった。41歳のタギは、コカイン取引の組織のトップで犯罪組織の抗争などで複数の殺人を犯している。被害者には弁護士も含まれる。

タギは月曜日にドバイにある豪邸で逮捕され、その後勾留されていた。木曜日の12時にオランダの拘置所に搬送されるが、安全性を慮りその場所は非公開である。テレグラーフ紙とパロール紙によれば、オランダ南部フフト(Vught)にある厳重警備体制の刑務所だという。

タギは最初は高校でハッシシを販売する程度の軽犯罪者であったが、コケイン取引に手を出してから、オランダでも最大の犯罪グループを組織するようになった。オランダは世界のコケイン取引の中心地と言われている。タギはモロッコ出身のオランダ人。オランダにはモロッコ出身者が多い犯罪組織がいくつかあり、テレビ番組の題名にちなみ「モクロマフィア」と呼ばれている。

アムステルフェーンで射殺事件。犯罪組織の抗争か。
木曜日午後、アムステルダム郊外アムステルフェーンのスポーツ・ジム「Health City」の駐車場で、39歳の男性が射殺された。この男は警察にはすでに目をつけられていた犯罪者だった。射殺時、男が乗った車には4歳の子供も同乗していたが、事件後無事に家族に保護されている。

この射殺事件は犯罪組織の粛清と見られている。被害者は犯罪者のラシッド・コーターで、現在逃走中の犯罪者リドゥアン・タギの組織と抗争中の組織の構成員らしい。リドゥアン・タギはオランダ犯罪史上でも最多数の殺人を含む犯罪を犯したお尋ね者で、麻薬取引犯罪組織のトップ。通報者には100,000ユーロの懸賞金が支払われる。

ラシッド・コーターやリドゥアン・タギは、モロッコ系オランダ人で構成される犯罪組織に属する。現在オランダではこのモロッコ系の犯罪組織が勢力を増しており、TVシリーズにちなみ「モクロ・マフィア」と名付けられ警察に追われている。

今回の射殺事件の容疑者は、シルバー色のフォルクスワーゲン・トランスポートで逃走。その後車はダウフェンドレヒトで燃やされている。警察は目撃者を探している。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。