ニュース

旅行代理店が倒産したなら買ってしまおう!?
diving.jpeg
最近ではオンラインで航空券や宿泊施設を予約するのが当たり前になっているが、それでも特殊な分野での旅行予約は旅行代理店経由という場合も少なくない。例えばダイビング専門のツアーに特化している代理店である。

セバスチャンとロバート・オプ・ヘット・ホフ兄弟が毎年ダイビング旅行を予約していたEWDR(Eigen Wijze Duikreizen自分のやりかたでダイビング旅行)は、今年の6月コロナ禍の影響で倒産した。セバスチャンとロバート兄弟は今年もこの代理店を通じてダイビング旅行を予約していたが、倒産したため先に払っていた料金は戻ってきたものの、旅行に行けなくなった。「たいていの人は返金されたお金で他の旅行を予約している。しかし僕たちはこの旅行会社が好きなので戻ってきてほしいと思った。」と兄弟。そこで2人は相談してこのEWDRを買い取ることにした。兄弟はオンライン・マーケティングで財を成している。

EWDRは30年前に設立され、ダイビング業界では高い評価を得ていた。ただしオーナーの病気や大手代理店による競争力低下で、2019年には160万ユーロの売上があったが、損失38,000ユーロを計上していた。そして、コロナ危機が来て経営は最悪の状態に陥り、今年6月に倒産した。

兄弟は旅行代理店の経験や知識が全く無いが、そのまま仕事を続行する元オーナーについて勉強するという。「キュラソー島へのパック旅行などは、ほぼコスト価格で旅行を提供している大手代理店には勝てない。」と兄弟。「僕たちは、中身で勝負する。単なるリゾート地でのダイビングではなく、例えば南米でワニやアナコンダといっしょに潜るといったユニークな旅行を作りたい。」

コロナ後は旅行業界は復活すると兄弟は信じている。「衝動的に買ったのは確かだが、僕たちには起業精神とオンラインマーケティングの知識がある。」と意欲的だ。管財人によれば、倒産したEWDR購入に興味を示した会社は10社ほどあった。しかし元オーナーは、旅行業界には不案内でも最も意欲的な2人を選んだという。
(画像:PexelsのJohn Cahil Romによる写真)


関連記事

木曜日から大半のEU国への旅行が解禁に
vacation_greek.jpeg
オランダ外務省が渡航国別にコロナ感染危険度を色分けしている。緑は渡航に全く問題ない。黄色は注意して渡航可能。オレンジは不要不急の渡航を禁止し、赤は渡航禁止となっている。これまで多くのヨーロッパ諸国がオレンジに塗られていたが、明日木曜日から黄色に変わる国が増える。つまり不要不急でないバケーションでの渡航が可能となる。黄色となった国はドイツ、オーストリア、イタリア、ノルウェイ(ほぼ全土)、ルクセンブルグ、ポーランド、チェコ、そしてスロバキア。
これらの危険度が黄色の国からオランダに帰国した際の陰性証明や自己隔離も不要となる。

ただしオランダ人が好んで行く旅行先であるフランス、スペイン、スイスそしてベルギーは、まだオレンジ。フランスはコルシカ島、スペインではカナリア諸島とバレアレス諸島のみが黄色である。またインド変異株の感染が増えているイギリスもオレンジ。

オランダ外務省によれば、感染者が減っている国はオレンジから黄色になったものの、国によってはオランダからの渡航にPCR検査などの条件をつけているところもあるので注意。詳細は外務省のサイト(以下)で。

ヨーロッパでの休暇旅行。どこの国にどんな条件付きで行けるのか?
vacationdestination.png
5月15日オランダからポルトガルやカリブ海の国々(コロナコードで黄色)への渡航が可能となったが、隣国のドイツやベルギーそしてフランスなどへは休暇旅行に行けるのか? オランダ人にとって人生で最も大切なイベントであるバケーション、多くの人の関心事項である。
これに答えるため。オランダの国営ニュースNOSが、欧州各国での旅行者受入情報を作成した。(下のリンク)
この中で、各国の人口100万人ごとの感染者数、レストランやカフェ、ホテル、ビーチ、美術館などが利用できるか否かがわかる。そして、もしその国に行く場合、PCR検査が必要か否か、自主隔離が必要かどうかなどがひと目でわかるようになっている。(サイトはオランダ語。翻訳ソフトなどで日本語に)

例えば、イタリア。感染者数はオランダに比べかなり低いにもかかわらず、コードは未だにオレンジ(不要不急での渡航禁止)。 レストラン、バー、小売店、ビーチ、美術館などすべて通常通りオープン。ただし、遊園地やテーマパーク、そしてクラブは閉鎖中。屋内の公共地域ではマスク必須。23時から5時まで夜間外出禁止となっている。入国の際には48時間以内のコロナ検査陰性証明が必要。7月からはEU共通のコロナパスポート(QRコード)の提示が求められる。
ベルギーへは78時間以内の陰性証明書が必要だが、48時間以内の滞在であれば不要。

このように各国への入国状況がわかるので便利である。ただし状況は刻々と変わるので出発前にオランダ外務省のサイトでチェックするのがいい。

今日から国外旅行解禁、渡航できる国は?
yellowcountry.png
オランダ外務省は15日、渡航可能な国を発表した。地図上で黄色に塗られている国や地域が渡航可能である。黄色は注意して渡航が可能。オレンジは不要不急の渡航が禁止されている。現在黄色の国や地域は以下の通りで、今日から渡航可能だ。ただし国ごとにマスク着用や夜間外出禁止といった規制はある。またオランダからの渡航にはコロナ検査の陰性証明が必要な国がほとんどだが、タイへの渡航には不要。アイルランド、フィンランド、タイ、ルワンダ、ポルトガルでは到着後隔離が義務付けられている。

カリブ海に浮かぶオランダ領の島(アルバ、ボナール、キュラソー、サバ、シントマールテン、シント・ユースタティウス)
カナリア諸島
スペインの島(マジョルカ、イビザ、フォルメンテーラなど)
ギリシア エーゲ海の島 (クレタ島を除く)とイオニア海の島
フィンランド
アイルランド
マルタ
ポルトガル(マデイラとアゾレス島を含む)
ルワンダ
タイ


スペイン、ポルトガル、ギリシアへの旅行が解禁に?
portugal.jpeg
ハーグの情報筋によれば、一部の国外への旅行が5月15日に解禁されそうだ。外務省が国ごとの渡航禁止アドバイスを指定しているが、ポルトガル、アイスランド、スペインそしてギリシアが、黄色(注意して渡航)の地域となる可能性が高い。国外への旅行禁止解除については本日火曜日夜の記者会見で詳細が発表される予定だ。

ただしオランダからの渡航先が黄色であっても、その国の受け入れ先にオランダが入っているかどうかをチェックする必要がある。多くの国が、国外からの旅行者が入国した際に隔離やコロナ検査陰性証明を求めている。例えばポルトガルではオランダから入国する際には2週間の自主隔離が必要だ。同様にオランダもポルトガルからの帰国者に隔離が義務付けられている。

旅行業界協会ANVRは、5ヶ月目にしてやっと渡航アドバイスがオレンジ色(不要不急の渡航禁止)から黄色(注意して渡航)へ変わることを喜んでいる。ただ今のところ黄色になるのはEU諸国だけのようで、アジア諸国や日本への渡航アドバイスはまだ明らかにされていない。さらに、受入国が国外からの旅行者を受け入れるか否かが最も重要な点である。

ロードス島(ギリシア)へのテスト旅行に17000人が応募
rohodos.jpeg
ギリシアのロードス島への実験的パッケージツアーに17,000人が応募した。。サンウェブという旅行会社が企画した、コロナ禍下のパッケージツアーを試験的に行うもので、応募者の中から189人が選ばれる。航空券、ホテル、食事がすべて含まれたこのパッケージツアーは4月12日に出発するもの。オランダ政府は3月23日に5月15日まで国外旅行を禁止しているが、この試験ツアーはオランダ政府とトランサビア航空も共同参加する。サンウェブ社は「旅行業界を代表して、トランサビア航空と共同でこのテスト旅行を行えることは、今後の旅行業界復活の第一歩だ。」とコメントしている。

この旅行中、参加者はロードス島のミティス・グランド・ホテルに滞在し、そこを出ることができない。またこのツアーに参加するためにはサンウェブ社の厳しい選択テストを通らななければならない。コロナ感染リスクの高い人はこの選抜からはずれる。参加者は検査を含めすべて自費。ホテルはこのテスト旅行のために特別にオープンしたもので、参加者以外に他の宿泊者はいない。

このテスト旅行は、コロナ禍下でどのように安全な旅行ができるかを調べる実験だという。参加者は旅行前と後にコロナウィルス検査を受けなければならない。また旅行中も数々のコロナ規制を遵守することが義務付けられている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。