ニュース

オランダの食肉処理場、動物虐待で閉鎖
slachthuisGosschalk.jpeg
先週2日オランダのエープ(Epe)にある食肉処理会社ホスハルク(Gosschalk)での動物虐待の映像がRTLテレビで放映された。動物保護団体のメンバーが、覆面でこの処理場で働き現場を隠しカメラで撮影したものである。豚がパドルで頭を激しく殴られたり、5000ボルトという高電圧で脅されたりする映像が流れた。同日、農業省のスハウテン大臣は実情を把握するまで営業停止の命令を下した。

オランダは食肉が安い。この安さと動物虐待は関係しているのだろうか? この会社による虐待は特別なケースなのだろうか? 

素性を隠しこの食肉処理場で働き、動画を撮影した動物保護団体「豚の危機(Varkens in Nood)」によれば、このような虐待は近年稀であるという。オランダ食品消費者製品安全庁(NIWA)や別の動物保護団体アイズ・オン・アニマルズによれば、今回ほどひどい虐待の例は明るみに出ていないが、より頻繁に発生する可能性は排除していない。屠殺会社は閉鎖的な企業文化を持つため、政府が実情を把握できない場合もある。

大臣は「虐待は容認されず、この食肉処理場または他の食肉処理場で虐待が再び発見された場合、NVWAは再び確固たる行動を取ることを躊躇しない」と議会に通知した。覆面で現場で撮影した動物保護団体のメンバーは、面接時に「1分の作業の遅れが100ユーロのコスト増となる。」と言われたという。改善するには、食肉処理場の速度を落とさねばならないことは確かだ。そしてこれを実施すれば、最低でも2%価格が上昇する。これは消費者が払わねばならないコストである。食肉処理場の監督を担当しているNVWAは、監視カメラを増設したり、スタッフのトレーニングを行うことが必要だとしている。

コンサルタント会社のデロイトは11月の調査で、NVWAの人員が不足しているため、タスクの3分の2が不足していると結論付けている。デロイトによると、動物福祉の分野における最大の問題は、食肉処理場の監督にあるという。


関連記事

オランダ人の75%は巨大食肉産業に反対
Trouw紙が行った「動物の状況」調査結果によれば、オランダ人は農村の工場化に対し嫌悪感を抱いていることがわかった。家畜が生まれてから食肉にされるまでベルトコンベアに乗った工業製品のように扱われている。工場のような巨大畜舎で飼育され、生きたまま海外に輸送されていく実態に非常に批判的である。

10,000羽以上の鶏、豚、仔牛などが巨大畜舎でぎゅう詰めになって飼育されていることは、動物愛護精神に反すると考えている人は4分の3もいる。また約同数の人が生きたままの動物の輸送に反対している。動物愛護党という政党が支持を得ているような国オランダでは、家畜が動物でなくモノとして扱われていることに嫌悪感を抱く人が多い。

しかし理想と現実の乖離は大きい。多くのオランダ人はプロフキップと呼ばれるホルモン剤と抗生物質を打たれ悲惨な状況で育てられているブロイラーチキンや大量生産の豚肉を、その廉価に惹かれ購入している。

1,300人を対象に行なったこの調査で、オランダ人のほとんどは動物愛護を唱えており、これに反する者は罰されるべきだと答えている。96%の人が動物虐待を見たら通報するという結果も出ている。しかし、オランダ人にとってペットと食肉用動物は別物らしく、その「偽善者」ぶりがこの調査で裏付けられた。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。