ニュース

今日から新ニシンが店頭に!
hollandse-nieuwe.jpeg
今日16日から正式に「新ニシン(Hollandse Nieuwe)」が店頭に出回る。通常は前日にスヘーフェニンゲンの港でオークションが行われるが、今年は大きなお祭りはコロナ規制で中止された。最初に水揚されたニシン、今年は保健所(GGD)職員に提供された。コロナ禍の真っ最中だった昨年はICU従事者が最初のニシンを味わっている。

これから数カ月間の新ニシンシーズン中、7500万尾のニシンがオランダで販売される。今日から9月末までに流通する新ニシンだけで、オランダでは一人あたり4−5尾消費するという。もちろんこのシーズン後にも生ニシンは販売されるが、新ニシン(Hollandse Nieuwe)という名称は消え、ただのニシン(マーチェス・ハリング)という名前に変わる。新ニシンと呼べるのは5月1日から8月31日までに捕獲されたニシンのみである。
オランダ名物と思われている生ニシン、実はドイツでは9000万尾、ベルギーでも1500万尾も消費されている。

ニシン漁は、ノルウェーやデンマーク水域で行われる。今年は漁師もコロナ規制でオランダに上陸してから2週間の隔離が必要だったという。ニシンが一番美味しいのは6月1日から7月半ばに採れたもので、脂肪含有量が高いらしい。


関連記事

新ニシンのポン酢和え
mayumi_ponzuae.jpg
新ニシンの季節です。オランダ人はそのまま玉ねぎやピクルスといっしょに食べたり、パンと組み合わせて食べる人が多いようですが、やっぱりご飯との相性が一番いいと思っています。
以前にご紹介したお茶漬けもそうですが、タタキやナメロウ、手巻き寿司と、なんにでもできます。
今回は手作りポン酢で和えてみました。

オランダ、今年の初ニシンは医療関係者へプレゼント
hollandsenieuwe.jpg
オランダでは毎年最初に水揚げされたニシン樽がオークションで競られ、売上金が慈善団体などに寄付されるという伝統がある。本日6月11日は、初ニシンの日だが、コロナウィルス感染防止規制により、35年ぶりで競りが行われないことになった。その代わりに今年はコロナウィルス患者を介護した医療関係者に贈られる。

オランダインテンシブケア協会会長のホメルス氏、そして全国救急医療会長のカイパー氏が、最初の樽を受け取る。その後エラスムス大学病院のスタッフに初ニシンが贈られる。そしてもちろん他のオランダの病院やオランダの患者を受け入れてくれたドイツの病院のスタッフにも、コロナ危機での献身的な看護に感謝し、オランダ漁業協会(Het Nederlandse Visbureau)が初ニシンをプレゼントする。同協会はオークションは行われないが、自身を顧みず働いてくれた医療関係者への感謝を示したい、と今回の粋な措置を説明している。

一般の人は新ニシンを明日金曜日から購入可能だ。街角にある魚屋台などは毎年混雑するが、今年は1.5メートルを守り行列するため例年ほど混まないと予想される。また例年ではこのオークションの様子が報道されるため、一般の人が初ニシンシーズンに気づくのだが、今年はこのお祭りがないためニシンを求めて屋台に集まるという事態はなさそうだ。

塩ニシン(ハーリング)のお茶漬け
mayumi_haring_chazuke.jpg
オランダで一年中入手できる生(塩)ニシン。これを切って丼にするのはフツー(笑)。
私はこれにお茶をかけてお茶漬けにします。刻みネギとお醤油ちょっと。これにお茶をかければ完成。昆布茶でも行けます。
おいしいのなんのって。
私はお茶漬け全般が好きで、世界一のご馳走がお茶漬だと思っています。
最後の晩餐は大阪の神宗さんの塩昆布でお茶漬け、そしてデザートは叶松寿庵さんの「あも」と決めています。

おつまみ、塩ニシンのたたき
mayumi_haring_tataki.jpg
オランダ人の大好きな塩ニシン(ハリング、ヘリング)は、一年中スーパーや魚屋さんに売っています。
私はこれを叩いて、たたきにしてお酒のおつまみにするのが気に入っています。
もちろん、ご飯の上に載せて、ニシン丼にするのも美味しいです。
たたきには、おろし生姜、青ネギなどお好きなものを混ぜてください。

オランダの初ニシン解禁
オランダ人の大好きな生ニシン。本日6月11日が公式な初ニシンの水揚げ日である。ハーグの近郊の港町スヘーフェニンゲンでは恒例の初荷の競りが行われ、一樽が史上最高額である99,500ユーロで競り落とされた。この競りは通常のオークションとは違い、競り落とした価格を入札した人全員で払うというもの。今年は卸売店であるマクロが最高価格をつけた。参加者はオランダとベルギーの企業。売上金は小児がん撲滅のための協会に寄付される。

ニュー・ハーリング(Hollandse Nieuwe)と呼ばれる初ニシンは明日12日から店頭に並ぶ。
生ニシンといっても、実は塩水に漬けたもの。この保存方法は中世にオランダ人によって発明されたという。原材料のニシンは5月から6月にかけてデンマークやノルウェー付近の北海で捕獲されオランダに運ばれる。

ポートフォリオでは迅速かつ正確そして役に立つ記事の配信に努めております。コメントはinfo@portfolio.nlまで。
財政的なご支援も大歓迎です。
こちらをご参照ください