ニュース

コロナ下の国王誕生日、ロックダウンにもかかわらず各地で大混雑
koningsdagamsterdam.png
国王誕生日の27日、コロナ規制にもかかわらずオランダ全土で野外パーティに集まる人で混雑するという事態が起き、多くの都市で緊急規制が発令された。アムステルダムとブレダでは混雑する公園を閉鎖。アムステルダムとユトレヒトでは市外からの市内へ移動しないよう呼びかけるなど、混雑が増長するのを防ぐ対策が講じられた。

ユトレヒト市では、一部のエリアで野外パーティーが繰り広げられたため、15時半ごろ市がツイッターにて「パーティは終了。これ以上市内に来ないで、家で国王誕生日を祝って欲しい」と呼びかけている。ハーレムやロッテルダムでも同様な混雑が見られ、一時はカフェなどのテイクアウトを禁止する指令が出た。

最も混雑がひどかったのはアムステルダムのフォンデルパーク。当局は公園の閉鎖を発表したが去る人がいなかったため、強制退去を行った。他の公園でも同様な措置が取られている。このほかにも、マーストリヒト、アイントホーフェン、フローニンゲンなどでも公園に多くの人が集まったが、あまりの違反者の多さに警察が罰金を課す時間がないほどだったという。

さて、コロナ感染者数はあまり減っていないが、今日28日12時から飲食店のテラスが6ヶ月ぶりで再開する。基本的に予約制だが、席が空いている場合にはその場での着席も可能。簡単なコロナに関する質問事項に答えれば、1テーブルに2人まで着席できる。ただし家族や同居人の場合はこれ以上の人数で座ることも許される。また、本日から夜間外出禁止令も終了し、夜の外出が可能となった。


関連記事

インド変異株で秋からまたコロナ拡大か?
vaccinationonarm.jpeg
オランダ国立衛生研究所RIVMによれば、今後コロナ感染の中心となるのはインド変異株(デルタ株)になるという。そして秋になってこれが拡大しそうだとRIVMは懸念している。これまで国内でのデルタ変異株は陽性者の1%と少なかったが先週には9%に上昇している。特にスペインやポルトガルに旅行した若い人の間で増えている。

このデルタ株はもともとの新コロナウィルスに比べ28%感染力が強いと言われている。ただし感染した場合に症状が以前の株よりも重篤化するかどうかはまだ明らかでない。ただワクチン接種により、症状は軽くてすみ、悪化して病院入院するケースは少ないと言われている。RIVMはワクチン接種がこのデルタ株に対し最も有効だと昨日火曜日に国会にて発表している。

臨床実験によれば、ファイザーのワクチンを2回接種することで、デルタ株の感染を88%防げる。12%は感染の可能性はあるが、重症化はファイザーワクチン接種者の96%以上は防げるという。アストラゼネカのワクチン接種者は重篤化して病院入院するのを92%防げる。
26日から大幅な規制緩和が始まるが、1.5メートルのソーシャルディスタンスなどの基本規制は守るべきとRIVM。ワクチン接種後のバケーション中も注意が必要である。

コロナの後退とスポーツでの躍進
eurocup.jpeg
オランダのスポーツファンにはうれしい日々が続いている。サッカー欧州選手権では17日にオーストリアを2:0でかわし、16強として決勝トーナメント出場が確実になった。20日フランスで行われたF1グランプリでは、オランダのマックス・フェルスタッペン(レッドブル、ホンダ)がハミルトンを最終の2周で抑え優勝した。

今日21日のサッカー欧州選手権では、オランダは北マケドニアと対戦する。18:00からアムステルダムのアリーナで行われる対戦では、すでにオランダの勝利が予想されている。北マケドニアは2連敗ですでに敗退が決まっている。

コロナ感染者数も減少を続け、20日に検査で陽性となった人は735名、新たに入院した人は12名となっている。ワクチン接種は、第1回目と2回目を含めた合計は1360万本と急速に進んでいる。

26日から規制緩和、ほぼコロナ以前の生活に
restaurantgroup.jpeg
ルッテ首相は金曜日夜の記者会見にて、今月26日(土曜日)からの第4次規制緩和を発表した。内容はすでに先週報道されていた通りのものである。1.5メートルのソーシャルディスタンスや手洗いの義務などを除けば、社会生活はほぼコロナ以前のものに戻る。

・マスク着用義務はほぼ不要となる。ただし人との距離が保てない場合、例えば公共交通機関、学校、そして航空機内などはマスク着用義務は残る。
・自宅へ招待できる人数制限もなくなる。ただし1.5メートルの距離は保つ。
・屋外でのグループ形成も人数制限がなくなる。ただしこれにも1.5メートル規制は続く。
・在宅勤務要請も不要となる。ただしオフィスでの勤務は通常勤務の50%以下に留めることが推奨される。
・バーやレストランも開店時間や人数制限がなくなる。ただし1.5メートル規制やテラスでのテーブル間の間仕切りは必要。また店内でのテレビスクリーンの設置は22時以降のアルコール販売も許可される。
・1.5メートルのソーシャルディスタンスを保つのは不可能なクラブやディスコも再開するが、ワクチン接種や陰性証明が求められることもある。
・劇場やコンサートホールも1.5メートルの距離を保つ条件で、最大収容人数制限がなくなる。
・遊園地、動物園、美術館など人が動く場所では、5平米に1人という条件に人数制限が緩和される。
・理学療法やマッサージといった接触業にはマスク着用義務の例外が設けられる。
・アマチュアスポーツも観客とともに再開する。
・コーラス、音楽学校、オーケストラ(吹奏楽器)もメンバーが集まり練習が可能となる。
・大規模イベントに関しては当初の予定通り6月30日に緩和される。
・7月、8月にオランダから海外に渡航する旅行者は、無料でコロナの検査を受けることができる。この検査は、まだ(2度目の)ワクチン接種を受けていない人で、渡航前の検査が必要な場合に適用される。

本日からコロナワクチン接種終了者に黄色冊子。ただしアプリの代用にはならず
geleboekje.jpeg
すでに始めている保健所(GGD)もあるが、本日からオランダ全土のGGDでコロナウィルスワクチンの接種済みの人に「ワクチン接種済み証明書」(黄色い冊子)に記録が可能となる。この黄色い冊子にはコロナウィルスだけでなく、あらゆる伝染病に対するワクチン接種が記録され、入国にワクチン接種が条件となっている国への旅行に利用できる。ワクチン接種証明冊子は、SDUで購入し(GGDで購入はできない)、ワクチン接種時に保健所で記録してもらう。

ただしこの黄色い冊子はコロナ・チェックアプリの代用にはならない。今後コロナ・チェックアプリは、国内のイベントや飲食店や美術館などへの入場、そしてEU内の旅行に使用されるようになる。アプリはすでに存在しているがワクチン接種記録はまだ登録できない。コロナウィルス検査で陰性となった結果は記録できるようになり、先週の土曜日からこれが使用開始された。最終的にはこのアプリに、検査結果、感染治癒記録、ワクチン接種などが記録され、(EU内の)旅行などにも利用できるようになる。

コロナ・チェック・アプリはCoronaCheck(英語)からスマートフォンにダウンロードできる。
さてアプリの使い方だが、陰性証明をアプリに載せるにはまずコロナウィルス検査を受ける(無料)。検査結果はメールで送られてくるが、そこにあるQRコードをアプリで読み取る。このQRコードは検査後40時間有効なので、入場に必要なイベントなどでは、チケットやIDカードとともにこのQRコードを提示する。スマートフォンがない場合にもメールで送られてきたコードを印刷すれば代用となる。

この陰性証明は、今のところワクチン接種者にも適用される。ワクチンを接種してもウィルスを拡散しないというわけではないからだ。EU内の旅行にも7月からこのコロナチェック・アプリが利用できるようになる。


 EUのコロナパスポート導入最終合意。QRコードで証明
coronapas.png
EUは木曜日、コロナウイルスの陰性やワクチン接種を証明する「コロナパスポート」の詳細に関して最終合意に達した。「COVID-19認定書」と呼ばれるコロナパスポートは、夏のバケーション時期までに間に合いそうだ。

コロナパスポートは、スマートフォンのQRコードもしくは紙の形式となり、「ワクチン接種終了」「直近の検査で陰性」あるいは「感染から回復して免疫を獲得」を示すものだ。このために1億ユーロ分のコロナ検査が無料で提供されることになる。コロナワクチンはヤンセン(ジョンソン&ジョンソン)のものを除き2度接種する必要があるが、1度目の接種でもコロナパスポートを取得は可能だ。

ただし、コロナパスポートがあれば必ず入国できるとは限らない。加盟国各国で、入国の際に再度のウィルス検査や隔離を義務付けることもあるという。

今回の合意により、欧州議会は6月7日の週に関連法案を可決する見通し。各国での正式導入は7月1日が計画されている。

(画像:NU.nl)