ニュース

コロナワクチン、病人と高齢者優先
coronavirus-vaccine.jpg
オランダ健康管理委員会(Gezondheidsraad)は、木曜日政府に対しコロナワクチン接種について提案書を提出した。提案書によれば、数ヶ月以内にワクチンが実用化される見通しだが、オランダの住民全員が接種を受けられる量はないとみられる。最初は重篤患者そして、老人ホーム入居者、60歳以上の人、そして糖尿病患者や心臓循環器系患者などリスクグループと呼ばれる人たちが優先される。また医療上ワクチンが接種できない病人を看護する人たちも優先対象となる。

さらに医療機関で働く人達も優先される。その後、接触業の人なども他人への感染を防ぐためにワクチン接種が可能となる。
政府はコロナワクチン接種の義務化は行わない意向だ。閣僚の中でもワクチン接種は行わないという人もいる。

先週から有望なワクチンが開発されたというニュースが相次いでいる。ファイザーは臨床試験で95%の予防効果を、競合のモデルナも94.5%の予防効果と高い効果を発表している。他の製薬会社もおそらくこれに続くとみられる。オランダは欧州委員会(EC)を通してワクチンの取得をする。ECは数社に対し数億回分を注文しているが、オランダは人口比に応じその中から4%程度割り当てられる見込み。


関連記事

1月7日のニュース、米議会暴動、ワクチン、ロックダウン効果
vaccination_first.jpg
オランダのメディアは米国でのトランプ大統領支持者による国会侵入・暴動で紙面や画面が埋め尽くされており、オランダの米国政治に対する関心が高いことを物語っている。
コロナ関連では、昨日6日、オランダで初めてのワクチンが医療・介護従事者に対し接種された。今後の接種予定は、「オランダのワクチン接種計画」を参照。現在はファイザー社のワクチンが配布されているが、モデルナ社製のワクチンもEUで承認され、今後オランダにも配布されることになった。コロナウィルス陽性者数は1日7000人台へと減ってはいるが、RIVMによれば、ロックダウンの効果はまだ現れていないという。コロナ検査で陽性となる割合が1週間前の13%から13.7%へと増えていることが問題となっている。またイギリスで発生した変異体コロナウィルス感染もオランダで50件報告されている。ロックダウンの効果が現れていない原因は、3月の第一回ロックダウン時と比較すると、外出が増えていること、感染に注意しなくなっていること、在宅勤務を守らない企業が増えていること、そして感染力の強いイギリスの変異体ウィルスが侵入していることなどが挙げられる。
報道によれば、ロックダウンは当初の1月19日までの予定より最低2週間は延期される可能性が高いようだ。

オランダでのコロナワクチン接種、水曜日から開始。今後の予定は?
vaccination-640x360.png
当初は1月8日(金)からコロナワクチン接種を開始すると政府は発表していたが、これが早まって明日6日(水曜日)が最初のワクチン接種となる。これまでデ・ヨング国民健康性大臣は高齢者を優先という方針を貫いていたが、コロナ患者の病院入院者数が急増し医療関係者が脅威にさらされている現状で医療・介護界からの強い批判と要請により、急遽医療・介護従事者へのワクチン接種が優先されることになった。

図のようなワクチン接種計画が政府から発表されたが、ワクチン接種場所(保健所GGD、ホームドクターなど)、ワクチン接種対象者、ワクチンの種類(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカなど)で分類されている。この表のオレンジ色がファイザー、ピンク色がモデルナ、水色がアストラゼネカなどである。実際の接種開始日はおおまかにこの表の通りである。
まずは医療・介護従事者、そのあと養護施設入居者が、そして第一四半期の終わり(3月頃)から75歳以上の後期高齢者が接種可能となる。
通常(疾病のない)60歳から75歳までの高齢者は第1四半期の終わりごろ(3月)から、そして18歳から60歳までの人は第2四半期(4月から6月)の間に接種が可能になりそうだ。


本日欧州医薬品庁(EMA)が承認するファイザーワクチンとは
pfizer.jpg
長いこと待たれていたコロナワクチンが本日欧州医薬品庁(EMA)によって本日承認される予定だ。もちろんこのワクチンに対し疑問を持つ人もいれば、絶対に接種を受けたくないという人もいる。このワクチンはいったいどういうものなのだろうか。

最初に承認されるファイザーのmRNAワクチンは、コロナウィルスの遺伝子コードの一部を注入し、免疫系がそれに対する反応を構築するもの。オランダ国立衛生研究所(RIVM)によれば、このワクチンの接種後90%の人が免疫を形成するという。

ファイザーのワクチンの難点の1つは、零下75度の温度で輸送および保管する必要があることだ。おそらく次に承認されるモデルナ社のワクチンは零下20度で保存できるため輸送などのロジスティックはファイザー社のものより簡単だ。

さてこのファイザーワクチンは副作用があるのだろうか。テスト段階では副作用は筋肉痛が発生や発熱などだったが軽度だと発表されている。ただ米国や英国ですでに接種が始まっているが、アレルギー反応を起こした人もいる。

EMAによるファイザー社のワクチンが承認されると、オランダではいつからどのように接種が開始されるのか? 通称コロナ大臣のデ・ヨング大臣によれば、オランダでは2021年1月8日から、まず介護士を優先に接種開始する。次に障害者ケアと在宅ケアの従業員、そして介護施設の入居者となっている。その他の人は来年春になりそうだ。


デ・ヨング大臣「ワクチン接種は1月の初頭にも」
vaccinationEMA.png
国民健康省のデ・ヨング大臣は、最も楽観的なシナリオでは、1月の最初の週にオランダでコロナウィルスのワクチン接種が可能になると語った。欧州医薬品庁(EMA)は現在開発されたコロナワクチンをテストし承認する段階に来ている。
オランダではワクチン流通のロジスティックに関しては1月4日を目指しており、現在RIVM、保健所、ホームドクター、養護施設の医師などが協力体制に入っている。

デ・ヨング大臣は「ワクチンはすぐそこまで来ており、コロナ危機の夜明けは近い。」と楽観的な姿勢を見せ、「EMAが慎重にテストを行うことを期待するばかりだ」と述べている。
政府はまず施設に収容されている高齢者や身体・知的障害者へのワクチン接種を優先すると決定。約15万人がこれにあたる。ただ最初のワクチンがこのグループの人達に適しているのかどうかのテストが必要である。もし不適切な場合には他のグループが先に接種する可能性もある。

現在ファイザーがEMAに申請しているワクチンがEUで12月29日までに承認され、モデルナのワクチンが1月12日に承認される、というのが最も楽観的なシナリオだ。承認やロジスティックがすべてシナリオ通りに行けば、1月4日にはオランダでもワクチンが接種可能になる。EUは複数のワクチン製造製薬会社と契約を結んでいる。オランダはEUが取得するワクチンの3.89%が配給される仕組みだ。オランダはファイザーのワクチンのうち780万本が入手できると見込んでいる。 (画像:EMA)

オランダ、他の3国と共同でコロナワクチン開発に英製薬会社と契約
coronavaccine.png
オランダはドイツ、フランス、イタリアとともに、コロナウィルスを開発中の製薬会社アストラゼネカと少なくとも3億回分のワクチンを購入する契約を結んだ。ワクチンはまだ研究中で実際に製造が可能かどうかまだ不明であるが、国民健康省大臣デ・ヨング氏が国会で報告した。ワクチン開発には英国のオックスフォード大学の研究員が関わっており、現時点で大規模な臨床段階にある。現在1万人が臨床実験に臨んでいるが、今月末には3万人が参加する予定だ。

デ・ヨング大臣によれば、開発の失敗はあらゆる段階での可能性がつきまとう。そのため、オランダは他の3国とともに「ワクチン同盟」を結び開発に参加することとなった。WHOによれば現在世界で臨床が行われているワクチンは10種類ある。さらに臨床実験以前の段階では126のワクチンが開発準備中だ。

今回のコロナワクチン開発が成功すれば、今年末にはヨーロッパで3億から4億回分のワクチンが利用可能となる。
アストラゼネカ社はEU諸国だけでなく、イギリスやアメリカとも契約を結んでいる。