ニュース

オランダなど「倹約」4カ国がEU復興資金に同意。ルッテ首相も交渉結果に満足
スクリーンショット2020-07-219.42.59.png
17日に開催された、コロナ後の欧州経済復興目的の支援策に対する欧州27カ国の首脳会談は、火曜日朝最終合意に達した。オランダなどの「倹約国」4カ国が最終的にEUに対する支援金額の値下げ交渉に成功したもの。補助金額に異論を唱えていたオランダとオーストリア、デンマーク、スウェーデンの4カ国が補助金部分を3900億ユーロとする案に満足し、妥協案を受け入れることとなった。今回の交渉同意についてオランダのルッテ首相は「オランダの利益が保護された包括的で良いパッケージ」だと、これまでのオランダに対する各国の批判や反対を押し切ってきた成果を喜んだ。フランスのマクロン大統領はドイツのメルケル首相との共同記者会見にて、「欧州各国が協力することを示す歴史的な同意」だと今回の同意を評した。

今回の欧州サミットでは、コロナ危機で大きな経済的な被害を被ったスペインやイタリアなどを支援する復興資金7500億ユーロの分配を巡り、フランス・ドイツ等と「倹約」4カ国が対立してきた。当初のEU案は仏独の提案をもとに、内訳を5000億ユーロを返済不要の補助金、2500億ユーロを返済が必要な融資とした。だが財政規律を重視する「倹約4カ国」は自国の負担増をが公平性に欠けると反対。返済なしでは倫理欠如を起こすとして融資を主体にすべきだと主張した。 オランダは、交渉を主導したフランスとドイツに大きな圧力をかけ、各国から「嫌な国」「冷酷な国」として批判を浴びてきたが、これに耐え最終的に合意に達することができた。
最終的には総額7500億ユーロの復興支援金のうちち返済が不要な補助金が3900億ユーロ、残り3600億ユーロが低利融資となる。


関連記事

オランダ全土、またレッドに。欧州感染地図
ScreenShot2021-09-02at14.48.43.png
欧州疾病予防管理センター(ECDC)は木曜日、欧州のコロナウィルス感染状況地図を更新した。オランダは全土でレッド(赤、感染度高い)に塗られた。これはダークレッドに次ぐ危険度の高さである。北ホランド、南ホランド、フレーフォランド州はすでに赤だったが、残りの9州もオレンジからレッドへと変わった。

ほとんどの州で人口10万人に対し検査結果陽性者は75から200人だった。検査の結果4%以上が陽性だとオレンジからレッドへと上がる。オランダの水曜日の感染者数(検査陽性)は2878人。過去7日間の平均(2513人)を上回った。

隣国も感染者数が増えている。南に隣接するベルギーのフランダース地方はオレンジからレッドへ、ドイツのオランダ国境地域もレッドへと上がった。欧州他国はあまり変化が見られない。イタリアではローマのあるラチオ地方がオレンジからレッドへ。ギリシアもレッドからダークレッドへ。

これに対し中東欧はグリーン。ポーランド、チェコ、スロバキア、そしてハンガリーの感染者は非常に少ない。これらの国は数週間にわたりグリーンを維持している。

オランダのビール輸出高、欧州一位をキープ
beer_sunset.jpeg
オランダのビール輸出高は毎年欧州一位を記録しているが、昨年も21年続けてトップの地位を確保した。世界ではメキシコに続き第2位である。

2020年、オランダは20億ユーロのビールを輸出している。これは2000年以来欧州ではトップだが、2位のベルギーとの差がだんだんと縮まりつつある。両国とも輸出高は年々増加しているが、ベルギーの追い込みは激しい。ベルギーはとくに価格の高いスペシャルビールに力を入れている。

オランダのビールの最大の輸出先は米国で、輸出量全体の37%となっている。ただアメリカ市場ではメキシコの力が強くトップ。1年でメキシコは43億ドル分のビールを輸出。これはオランダの約2倍である。ベルギーのビール輸出先トップはフランスとなっている。

今一番ホットな製品はノン・アルコール・ビール。健康志向などを反映しノン・アルコール・ビールの需要は年々高まっている。これまでドイツが先行していたが、最近では勢いを失い、現在ではこの分野でもオランダがトップ。2017年以来ノン・アルコール・ビールの輸出は83%増え、昨年は1億2100万ユーロを記録した。2位はブルガリア。

オランダは感染率欧州トップ、他国も上昇中
corona_europe_july2021.png
規制緩和後、オランダでの感染率は急上昇しているが、欧州他国も増加の一途をたどっている。夏休みが始まり、国外旅行を計画する人が多いが、この再発でブレーキがかかりそうだ。

ポルトガルで人気の海岸アルガルベのファロでは、夜間外出禁止令が発令され、ホテルのチェックインにもコロナテスト証明書が必要になった。
フランスも1週間前と比較し63%の増加。7月21日からは、映画館や美術館などの文化施設で、ワクチン証明やコロナテスト証明書が必要になる。さらに8月からは、長距離列車、飛行機、レストラン、バーなどでのコロナ証明提示が義務付けられる。
欧州で最も感染率が高いオランダに続くのがスペイン。カタロニアでは飲食店は12時半に閉店。さらに店内は10名までという規制が敷かれた。また公共の場での飲食が禁止される。
ギリシアでは金曜日から飲食店や映画館などがオープンする。ただしコロナワクチン接種証明書が必要となる。

感染率が比較的低いドイツやイタリアではとくに規制はない。感染率が上がっているベルギーやオーストリアではまだ新規の規制は発令されていない。
オランダでは本日規制について議会で討議される予定。

画像:Volkskrant

欧州、多くの国が「コロナ安全国」に
bz_advice.png
オランダ外務省は、欧州内渡航に関するコロナ感染地図を木曜日更新した。これはあくまでもオランダからの渡航アドバイスである。これまで不要不急の渡航が禁じられていたベルギー、ギリシア、フランス、クロアチアなども「注意して渡航」に変わった。しかしスペインはいまだにオレンジ(不要不急の渡航禁止)である。またEUでもオランダを安全国に含めるようになった。

感染状況によりグリーン、イエロー、オレンジ、レッドと国が色分けされている。グリーンは安全、イエローは注意して渡航可能、オレンジは不要不急の渡航が禁止、レッドは渡航禁止である。イエローに塗られた国からオランダに帰国した場合、隔離や検査は必要でなくなる。
国ごとの他に都市だけの色分けもある。たとえばポルトガルは全土でイエローだが、首都リスボンはインド変異株が蔓延しているためオレンジだ。ベルギーでもブリュッセル、ギリシアもアテネのみオレンジ。

EUは、オランダを木曜日から一部の地区をオレンジからグリーンへと変更した。国全体はこれまで危険度が高いレッドに指定されていたが、RIVMによれば、先週の検査結果陽性率は4.3%と低いため、外国からの旅行者も自由に入国できるようになるという。

欧州ワクチン・パスポート、7月1日から利用開始に
italy.jpeg
コロナ危機が始まって以来2度目の夏のバカンスシーズンを迎えるが、欧州連合(EU)ではこれに先立ちディジタル・コロナ・証明書(DCC)の利用を開始する。一般にコロナパスポートあるいはワクチンパスポートと呼ばれるDCCは7月1日からEU内で利用できるようになる。DCCにはワクチン接種が完了したか、すでにコロナに感染し回復したか、至近に検査陰性となったかが記録される。

1.ディジタルコロナ証明書(DCC)について

オランダでは、すでにスマートフォンのアプリであるコロナチェック・アプリ(CoronaCheck−App)がイベント入場の際などに利用されている。しかし欧州内の旅行の際には、第2回目のワクチン接種が少なくとも旅行の2週間前までに接種されていることが必要。ワクチン接種証明はGGD(保健所)やホームドクターがディジタルで発行。証明はQRコードで見せることができる。QRコードには、個人情報とワクチン証明が記録されている。スマートフォンがない人には紙の証明書が発行される。すでにオランダではワクチン接種証明として黄色い冊子が発行されているが、これはDCCの代わりにはならない。ただしフランスはこれを証明書として受け入れている。

2 DCCがあればどこに行けるのか?

基本的に欧州(EU)ほぼ全土での旅行が可能だ。ただし一部の国ではアプリが完全に機能していない。例えばフランス、ハンガリー、フィンランド、マルタ。また実際にどれだけチェックされるかということは不明だ。欧州疾病予防管理センター(ECDC)の地図上で国が緑色(安全国)に 変わった場合、旅行者の証明書を確認する必要はなくなった。一方、EU諸国は、たとえば新しい亜種が出現した場合にも、対策を強化する可能性がある。

3 7月1日にワクチンを受けたらすぐにDCCが発行されるのか?

ワクチンを接種したあと、詳細データは国立衛生研究所(RIVM)に送られる。その時点でDCCに記録されるのだが、接種場所によってRIVMへのデータ送付にかかる時間が異なるため、すぐにDCCに反映されるわけではない。記録されるのを待つか、急ぎの場合はワクチン接種場所で記録を依頼すればいい。またワクチン接種の際にデータをRIVMとの共有を拒否した人もDCCに反映されないが、あとから変更可能だ。

4 ワクチンを接種完了していないか、ワクチン接種を拒否するとDCC発行はないのか?

DCCがなくても欧州内での渡航は可能だ。ただし、陰性テスト証明や隔離が必要となる場合もある。コロナ抗原検査は48時間以内、PCRテストでの陰性証明は78時間が有効となっている。
オランダでは暫定的にコロナ検査の無料化が決定している。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。