ニュース

オランダの身分証明書から性別記載がなくなる
dutchID.jpg
イングリッド・ファン・エンゲルスホーフェン教育・文化・科学省大臣は金曜日「数年のうちにオランダの身分証明書から性別の記載を廃止する」と下院への書簡で発表した。おそらく2024年あるいは2025年から性別を記載する欄はなくなるという。ただしヨーロッパでの規定によりパスポートでは記載が必要のままだ。

さらに同大臣は各企業や組織に対し、不要な性別登録を防止するのに尽力すると述べている。不要な性別記載の廃止についてはすでに2017年に現在の連立政権(自由民主党、キリスト教民主党、民主66党、キリスト教連盟党)で同意している。LGBIの組織でもこれ以前から政府機関での書類上の性別記載義務廃止を主張してきた。

内務省の調べによれば、身分証明書から性別を省いても警察や軍警察などの公務には全く差し支えないということが判明した。ただし、旅券として国際的な規定があるパスポートについては例外となる。マルタやニュージーランドでは女性、男性という性別のほかに第3の性別「X」を記入が可能だが、オランダでは出生証明書に基づく個人記録データベース(BRP)に対応している必要があるため未だに実施されていない。「性別未定」と呼ばれる第3カテゴリーに登録されている人がすでにいるが、自分で性別に対して訴訟を起こした後にのみ可能である。この変更手続きについても検討が進んでいる。


関連記事

LGBTIインデックス、オランダ欧州トップ10から転落
欧州における同性愛者や性転換者の権利を守るための団体ILGAが14日に発表したレインボーインデックスによれば、オランダは49カ国中11位に転落した。LGBTCと呼ばれるレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、性転換者、両性有具者に対する差別や犯罪、結婚、社会的地位位などを調査したこのランキングで第一位となったのはマルタ。続いてベルギーとノルウェーとなっている。これに対しLGBTIが虐げられている国ワースト3はアゼルバイジャン、アルメニアそしてトルコ。

ゲイの結婚を世界で最初に認めた国であるオランダは、これまで先進的な政策を推し進め常時トップ10に入っていたが今年は11位に。この結果に対しオランダのLGBTIの権利を代表する会であるCOCは遺憾を表明した。オランダはゲイやレズビアンに対する差別は法律で禁じられているが、性転換者や両性有具者に対する権利は未だに明文化されていない。これが今回の転落の一因ではないかと見られている。この調査は、LGBTIの機会均等、家族問題、ヘイトスピーチ、法の整備、言論の自由、保護の観点から点数をつけている。

アムステルダムでLGBTの祭典「ユーロ・プライド」始まる
ゲイの祭典であるゲイプライドの欧州版「ユーロ・プライド」が23日土曜日にアムステルダムで開幕した。皮切りは「ピンクの土曜日」と呼ばれるイベント。ゲイ、レズビアン、バイセクシュアルそして性転換者 (LGBT) が、彼らに対する理解を広めてもらうため、フォンデル公園からダム広場まで行進を行った。 

しかし、米国のオーランドで起きたゲイクラブでのIS信奉者によるテロ事件、さらにミュンヘンでの乱射事件の直後であったため、オランダにおける警戒態勢は高まり、このイベントに対する警備は厳重なものとなった。オランダ・テロ対策安全委員会(NCTV)は、オランダにおけるテロ攻撃の可能性も軽視できるものではないとしている。

8月7日まで続くこのユーロ・プライドのハイライトは、8月6日に行われる運河パレード。約80隻の船の上に、それぞれ独特の衣装をまとったLGBTやその支持者たちが乗り込み、音楽に合わせ踊りながらパレードする。