ニュース

世界経済フォーラムの統計でオランダの競争力世界4位、欧州トップに
オランダの経済競争力は欧州でトップ、世界で4位。世界経済フォーラム(WEF)が8日発表したランキングでは、ドイツとスイスを抑え欧州でトップに登った。世界ではシンガポール、米国、そして香港がオランダの上位にある。このランキングによれば、オランダが上位に来たのはは、企業設置の容易さ、急速に発展するイノベーション企業の多さ、そしてインフラの整備といった点が上げられる。

さらにオランダの教育が企業家精神養成に目を向けている点を上げている。これは大学だけでなく中高等教育レベルでも同様だという。また政府の安定した財政状況や強力で公正な司法制度も競争力を上げる一端となっている。そしてなによりも、労働力の質の高さがある。

しかしオランダ経済も良いことづくめではない。弱点もある。例えば長期的な視点に立った技術発展計画だ。研究開発への投資、ICTや技術発展は金額的に見ると、ドイツ、スイス、そして米国に大きく水を開けられている。例えば人工知能(AI)の分野ではオランダは乗り遅れた感が否めない。オランダ政府の研究開発費負担はGNPの2% これに対しドイツでは3%と差がある。
このランキングによれば、5位はスイス、6位が日本、7位がドイツとなっている。


関連記事

来年のオランダ経済やや減速、ドイツに足を引っ張られる
オランダ中央計画局(CPB)は、2020年の経済成長率が1.4%になると予測した。これまでの高成長がやや後退する予測で、来年度の予算や購買力に影響する。この減速の背景には外国の経済悪化が大きく影響しているという。購買力は、実質賃金の上昇と、やや程度は低いが政策措置の結果として、2020年も引き続き積極的に伸びる予想だ。 CPBは、政府予算にも余剰が出ると予想している。ただし黒字は今年よりは減る模様。

2019年の失業率は最低の基準に達したが、来年もさらに下がりそうだ。ただし労働供給の継続的な増加により、雇用の伸びは2020年に低下する。

水曜日に、2019年第2四半期のオランダの経済成長は0.5%とかなり良いと発表されているが、他のヨーロッパでは低い成長率が報告されている。隣国ドイツの経済は縮小している。ユーロ圏最大の経済は、特に外国貿易の減少の影響を受けている。ドイツの経済成長または縮小はオランダにとって伝染性であると言われているが、これまでのところまだその影響は表面に出ていない。

オランダ中央統計局のチーフエコノミストであるファン・ムリゲン氏は、「ドイツの産業は長い間業績を上げていないが、オランダの産業は回転し続けている。しかしドイツの不調が長く続くなら、オランダの産業が来四半期に縮小する可能性が高い。それが成長にとって何を意味するのかはまだ不明」とコメントしている。


オランダ経済絶好調、ただし欧州他国が不安材料に
オランダ経済は絶好調だ。オランダ中央計画局(CPB)によれば「経済は好調で、今年と来年の成長率はそれぞれ3.2%と2.7%と、欧州他国と大きく水をあけている。」
雇用の充実、可処分所得の増大、消費の拡大そして投資の増加と統計結果は良いことずくめだ。とくに失業率は2001年以来最低のレベルである3.5%にまで落ちている。今回の発表は今月末に行われる地方選で、現在の連立政権を優位に立たせる要因となるだろう。

世界的に好景気に湧く中、オランダもその波に乗ったが、この他にも2つの好景気の要因がある。不動産市場の爆発的な成長と拡大を優先する財政政策である。言い換えれば、政府財政支出の拡大だ。医療、介護、教育そして防衛予算を拡大したことが経済に好影響を与えている。
ルッテ政権は、数年間この中央計画局の統計を掲げ経済の好調を訴えてきたが、消費者はあまり実感がわかなかった。しかし今回の発表は実感を伴うものであるに違いない。

ただし、オランダ国内経済は好調ではあるものの、海外の経済の不確実性は軽視できないと中央計画局は警告している。イギリスのEU離脱と同国経済の悪化もそのひとつだ。ユーロゾーンの中でもいくつかの銀行の弱体化や欧州中銀の景気対策に効果が表れないことなどが不安材料となっている。今回の経済予測には反映されていないが、4日のイタリアの総選挙の結果も欧州経済に影を落とすことになるだろう。

オランダ経済相、フローニンゲンのガス採掘量を半分に減産。地震被害も賠償に
オランダ政府は、フローニンゲン州におけるガス採掘量を現状の半分である120億㎥まで減らすと1日発表した。ヴィーベス経済相は半減までに要する期間については明言してないが、おそらく数年かかると見られる。フローニンゲン州ではガス採掘による地震が続いており、家屋やビルの破損被害が出ていたが、これまで政府はガス採掘と地震との関係を認めず損害賠償も行ってこなかった。

地震による被害多発にもかかわらず、減産に踏み切れなかった背景には、オランダのエネルギー供給源の40%がフローニンゲンで採掘される天然ガスによるものだということがある。国内産ガス供給がカットされると必然的にロシアやノルウェー産のガスあるいは高価なLGPに依存せねばならなくなり、これまで減産に踏み切れなかった。ヴィーベス大臣は、今回の決定は大きな前進であり、早急に実施したいと意欲を示している。

採掘を行っているガス企業NAM(シェルとエクソンモービルが母体)は、徐々に減産するにしても需要に追いつけるかどうかは、気温の変化による需要にもよるとしている。
オランダは過去数十年間にわたり、国産の安い天然ガスによるエネルギー供給を享受してきた。家庭用の暖房だけでなく、産業用の電気やエネルギーの確保が廉価でできることで競争力もつけてきた。しかし欧州連合最大のガス供給国と名を馳せていたオランダも2013年までにすでに60%も減産している。

シェルは1日夜、これまでの地震による被害額を支払うことに同意した。

フローニンゲンで大きな地震、原因であるガス採掘を積極的に削減と経済相
オランダ北部フローニンゲン州で月曜日午後15時ごろマグニチュード3.4の地震が発生した。2012年以来最大規模の地震で、被害届けは約300件に及んでいる。オランダでは基本的に地殻変動による地震は発生しないが、フローニンゲン州の地震は天然ガス採掘が原因で、これまでにも数回家屋に損傷を与える地震が起きている。

今回の地震発生を受け経済省のウィーブス大臣は、今期政権中にガス採掘量をできるかぎり縮小すると発表した。これまでの公約にとらわれることなく、最大限の縮小を狙うという。政府は2021年までにこれまでの216億㎥から200億㎥まで縮小すると公約しているが、ウィーブス大臣はこれをさらに推進したい意向。「オランダは天然ガス依存から脱出すべき」だという急進的なコメントも発表している。

フローニンゲン州では2017年だけでマグニチュード1.5以上の地震が18回起きている。地震の原因となっている天然ガス採掘を行っているのはNAM(De Nederlandse Aardolie Maatschappij オランダ石油会社)。オランダ国内外で石油と天然ガスの採掘を行っている。オランダで使用される天然ガスの75%がNAMから供給されている。93%のオランダの家庭では天然ガスを利用しており、全エネルギーの45%は天然ガスと、オランダでのガス依存度は極端に高い。このため急激な減産は無理というのが現状だ。

オランダ経済速いテンポで成長、2017年3.3%の成長、失業率低く
オランダ中央銀行(DNB)が18日に発表した統計によれば、2017年のオランダ経済成長率は3.3%と絶好調だった。また今後2年間もそれぞれ3.1%そして2.3%の成長率を見込んでいる。失業率も4.9%まで下がっており、2019年には3.5%にまで減少する。インフレ率は2017年1.3%と低く、来年度も1.4%、そして2019年から上昇傾向にあると、中央銀行はその報告書で述べている。

この経済成長(GNP増加)は国内消費が牽引している。また2018年、2019年もこの傾向は続くと見られる。雇用の増加と給与上昇で可処分所得が増えているため、消費はさらに活発となる。失業率も低下し、金融危機以前の状態に戻っている。

この好況で住宅市場も過熱し、不動産価格は2017年で前年と比べ7.5%も上昇している。ただこの上昇率も今後2年間はやや下がると見られ、平均6%程度が見込まれている。とくに今年不動産価格が大幅に上昇したアムステルダムとユトレヒトでは価格上昇は抑えられそうだ。

【花とテーブルCija】クリスマスリースとグリューワインの会

ゴッホ美術館とドレンテ美術館が共同でゴッホ作品購入

新規生徒さん募集 家庭教師・オンラインレッスン(国語・英語・日本語)

窒素ガス対策、オランダの高速道路制限速度時速100kmに減速

FLYING FISHのウインターセールとおせち料理のお知らせ

オランダのロゴ、チューリップから「NL」へ変更で20万ユーロ。

オランダの貧困層、教会に頼る人が増える

(公財)在蘭邦人相談窓口 設立15周年記念 講演第1回

スキポール空港で誤ってハイジャックの警報

「ブック・フリーマーケット」11月28日(木)