ニュース

窒素ガス対策、オランダの高速道路制限速度時速100kmに減速
現在制限速度が時速120kmあるいは130kmの高速道路が、すべて時速100km制限となる。ただし19:00から6:00までの夜間はこれまで通りの制限速度。オランダ国営放送が報じたニュースによれば、政府が窒素対策の一部として講じる計画である。施行は来年の初めからとなる。

連立政権は12日朝、窒素排気ガス制限対策として短期的な建設工事に関する規制にも合意した。この規制により多くの建設プロジェクトが中止あるいは停止する可能性は高い。規制の詳細は今後詰めていく模様だ。

過去に高速道路の制限速度を120から130に上げた「スピード容認派」である中道左派の自由民主党(VVD)は、今回の減速には反対だが、窒素排気削減は差し迫った問題であるため、今回は譲歩する形となった。また来年には住宅を75,000戸新規建設する計画があるため、制限速度の低下による窒素排気制限が行われれば、この住宅建設も実現化できる。

同様な理由で家畜制限対策がとられ先月から農家のデモが続いているが、政府は家畜(牛)が発生させるアンモニアを減らす酵素を含んだ飼料の導入を計画している。また自然保護地区(Natura2000)にある牛飼育農場の移転などに2億5000万ユーロの投入も検討している。

ルッテ首相は、上記計画はあくまでも短期的なものであることを強調。さらに長期的な大気汚染対策を今後進めていくとコメントしている。


関連記事

今日からオランダのすべての高速道路で制限速度100kmに
3月16日午前6時から、オランダのすべての高速道路での制限速度が時速100kmとなる。これまでは120kmや130kmの区域もあったが、窒素排出削減のため全区間での100kmが法令化された。金曜日から公共事業水道管理局(Rijkswaterstaat)は道路標識の取替を急いでいた。

ただし例外もあり、一部の区間では夕方19:00から朝6:00までこれまで通りの120kmあるいは130kmでの走行が可能だ。オランダ公共事業水道管理局は、まだ新しい制限速度が適用されていないナビシステムもあるので注意を促している。

速度制限は窒素排出低減のため昨年末から施行されている。オランダの最高諮問機関である国策会議(Raad van State)がオランダの窒素対策は不十分であると決定を下したことが、今回の速度制限実施の背景にある。

政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞
水曜日朝、農家がトラクターでオランダ全土の高速道路を通行するというデモを行っている。とくにユトレヒト付近ではかなりの交通マヒが起きている。オランダ交通局は農家に対し道路を封鎖しないように呼びかけているが、混乱は防げず朝7時45分には全土で450kmの渋滞が起きている。とくに渋滞がひどいのが、高速道路A1, A2, そしてA27で、交通局は一般車に対し高速道路を避けるよう呼びかけている。さらに集合場所であるハーグに向かうA12も渋滞が予想されている。

農家はオランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の調査結果と政府の政策に反対しこのデモを繰り広げている。最初のデモ地点はユトレヒト近郊にあるこのRIVMである。RIVMは、窒素による環境破壊の原因の40%が農家によるものだと結論づけ、政府は自然保護地域から農家の撤去を政策に上げている。農家によれば、RIVMの調査結果が適切な調査方法を取られていず、数値が不正確だという。気候変動の原因を農家だけが負うのは不当であるというのが彼らの主張である。当初デモはハーグの国会議事堂から開始する予定だったが、許可が下りずにRIVMが集合場所として選ばれた。

農家防御軍(Farmers Defence Force)と名付けられたデモには、2000人から3000人の農家がハーグに結集すると見られている。トラクターでやってくるのはその一部で、他のデモ隊はバスや公共交通機関で集まるという。このデモは10月2日も行われている。

スキポール空港、停電で前代未聞の混乱、発着便のみならず列車や高速道路も麻痺
28日(土)夜から29日(朝)にかけて起きたアムステルダム付近の停電でスキポール空港は空前の大混乱に陥った。日曜日の朝6時ごろ停電は解決したものの、出発便の遅延やキャンセルが相継ぎ数千人の利用客に影響している。KLMオランダ航空は日曜の朝の便25便、午後には40便をキャンセルした。

運良くフライトのキャンセルに遭わなかった乗客もチェックインで差止めを食った。さらに到着便の荷物の搬入にも大きく影響している。また停電のため昨夜から数時間空港が閉鎖されただけでなく、スキポール空港に発着する列車も停止、さらに高速道路の空港も閉鎖されたため、空港へ到達できない乗客も多かった。

それにしても停電のタイミングは最悪だった。オランダの5月休みが始まったばかりで、昨日は1年でも最も旅行客の多い日にあたった。空港によれば、停電は解決したものの発着などの問題は日曜日終日続きそうだ。

高速道路A10西回り、日曜日から南方向閉鎖
現在アムステルダムの高速道路A10西廻りの道路は北方向が閉鎖されているが、今度は南方向が閉鎖される。13日日曜日夜中からNieuwe MeerとBasiswegの間が3週間閉鎖されることになる。この区間を利用する車は30分の遅延を覚悟しなければならない。この区間を迂回するには、A4, A9, A5そしてA10の逆回りを使うことになる。A10西回りが前面開通するのは9月4日。それまでの間、近隣の道路や高速道路は混雑や渋滞を免れない。

ここ3週間、A10西廻り南方向が閉鎖され道路修復工事が行われている。この工事に2万3千トンものアスファルトが使用されたが、これはオリンピック用プール20基分に当たる量だ。工事で電光掲示板が新しいものに取り替えられ、水捌けもよくなる。


高速道路A10、西半分が改修工事で閉鎖に、7月24日から9月4日まで
アムステルダムの環状線A10の西半分が大規模な改修工事で閉鎖となる。16年前に大改修工事が行われて以来のこと。7月24日から9月4日まで、A10西半分ではアスファルトの新敷設と電光掲示板の取替、そして水はけを良くする工事が行われる。スケジュールによれば最初は南側、その後北側の工事が行われる。

環状線A10西半分は、最も市街地の中を通る高速道路で、周辺に建つフラットなどからは目と鼻の先にあるヶ所もある。また交通量も年々増加しており、出入り口S107(HoofddorppleinとSlotervaart)は1日17万5千台の車が通過する。このため通常より早い修復工事が必要となった。

閉鎖による混乱を緩和するため、アムステルダム市は公共交通を増便するのと、自転車の利用を呼びかけている。しかし、現実には普段車でA10を利用する人で、工事中公共交通を利用する人は5%に過ぎず、自転車利用はほとんどないと見られている。
ただ、16年前の2001年当時にはなかった高速道路A5が開通しているため、A10 を避けて迂回することが簡単になっている。