Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News アルバイトの女子学生、ドラッグストアの配送用プラスチック100万枚節約
オランダ大手ドラッグストア「Kruidvat(クラウドファット)」でアルバイトをしていた学生のカーチャ・ディープストラーテンさん(21)が、プラスチックバッグを大量に節約できる計画案を提出、これが採用された。

カッチャさんがクラウドファットの店舗で働いていたとき、配送用のプラスチック包装素材の多さに驚愕した。店舗に配送されてくるメイクアップ用品を包装から出したときに、大量のプラスチックのバッグや包装素材が残った。「プラスチックごみが環境に及ぼす被害は十分理解しているので、この大量の包装プラスチックを見たときには怒りを感じました。」と化学専攻の21歳のカーチャさん。アルバイトだけれども意見を発せねばならないと思ったカーチャさんは、自分のLinkedinのページに写真を載せた。さらにクラウドファットの親会社である A.S. Watson Benelux社宛にこれを送付した。すると驚いたことに流通担当部長のマルセル・エフェルス氏から配送センターに来るようにという返事が届いた。配送センターに行ったカーチャさんはエフェルス氏とともにセンター内を視察、どうしたらプラスチックを減らせるかについて自分の計画を話した。

「私の計画というのは高等数学を必要とするようなものではなく、非常にシンプル。これまで例えばマスカラをひとつひとつ別の袋に入れていたのをひとつにまとめるといった簡単な解決法です。」やりかたを工夫するだけで使用するプラスチック包装の量は劇的に減った。エフェルス氏によれば、今回の提言で年間100万袋以上のプラスチック包装が節約できたという。

これは配送センターでの話だが、実店舗でも多くのスーパーマーケットで包装用のプラスチックの使用を減らす動きがある。

2019-06-07

関連記事

石鹸や洗剤、化粧品そして紅茶からアイスクリームなどの食品を製造販売する大手消費財... 続きを読む ▶
フライドポテト(フリッツ)やコロッケといった揚げ物のスナックなどを売るスナックバ... 続きを読む ▶
少し前まで使用済みのプラスチックは中国に輸出されリサイクルされていた。しかし1年... 続きを読む ▶
5年の歳月と273個の模型作成を経て、8日やっとこの「オーシャン・クリーンアップ... 続きを読む ▶
海洋のプラスチック汚染は深刻だ。現在海中や沿岸に浮遊するゴミの85%がプラスチッ... 続きを読む ▶
海洋プラスチックゴミと呼ばれる海洋に浮遊するプラスチックが問題となっている。海に... 続きを読む ▶
「現在行われているプラスチックごみの分別は環境保全にほとんど寄与していない。」と... 続きを読む ▶