ニュース

オランダ:海洋を浮遊するプラスチックボトルを減らす方策に業界合意
海洋プラスチックゴミと呼ばれる海洋に浮遊するプラスチックが問題となっている。海に捨てられたプラスチックごみは,小さなマイクロプラスチックとなって,海洋の小さな生物に食べられ,海の食物連鎖に取り込まれる。やがて私たちの食卓にあがってくる。おまけにマイクロプラスチックには,発がん性や生殖異常を引き起こす人体に有害な化学物質が含まれている。プラスチックごみの多くがプラスチックボトルによるもので、毎年5000万から1億個のプラスチックボトルが海洋に浮遊している。

オランダ政府は業界とこのプラスチックごみを減らす合意に達した。これまで大きなボトルは販売価格にボトル代が含まれており、返却するとこの代金が戻るというシステムを実施してきた。ただ小さいボトルにはこのボトル代システム(Statiegeld)は適用されておらず、そのままゴミとして廃棄処分されていた。今回の合意は包装業界が海洋プラスチックごみを70−90%減らさない限り、2021年から小さなボトルにもボトル代を含めるというもの。これまでスーパーマーケットやソフト飲料そして包装業界からの反対で計画が進まなかった。インフラと水担当副大臣のファン・フェルトホーフェン氏は革新的な合意だと述べている。

新システムでは小さなボトルに10−15セントのボトル代が加算されることになる。ただしボトルの質はリサイクル用にもっと高いものとなる。この合意に対し環境保護団体グリーンピースは、施行が2021年では遅すぎると批判的だ。またリサイクルネットワーク、プラスチック・スープ基金そして北海基金も、海洋プラスチック増加を3年間も何もせずに放置することを非難している。


関連記事

オランダの青年が発明した海洋プラスチックゴミ除去装置、まずは対馬海峡から
若いオランダ人ボイヤン・スラット(21)が発明した、海洋に浮かぶプラスチックゴミを清掃するという夢のような装置が、来年から実用化される。世界の海に50万トンあるいは数百万トンも浮かんでいるとされるプラスチックごみは、「プラスチックのスープ」とも呼ばれ、漁業や観光業に毎年、数千億円もの損害を与えている。プラスチックごみは海洋生命を奪い、海洋生物が摂取すると食物連鎖に入り込み、イルカや鯨をも巻き込む。

スラット氏は本日韓国のソウルにて、自分の会社である「オーシャン・クリーンアップ」が2016年には最初のプラスチック捕獲機を設置すると発表した。最初の捕獲装置は日本と韓国の間にある対馬列島の付近に設置される予定。対馬には約4万人の人が暮らしているが、ひとりあたり1立法メートルものゴミが海岸に打ち寄せられるという。この2キロメートルに及ぶ海洋ゴミ除去装置はプラスチックゴミが対馬に漂流してくる前に捕らえる。

スラット氏は2013年に19歳の若さで「オーシャン・クリーンアップ」を設立。海流の力を利用してプラスチックを集めるという画期的な方法を発明した。資金はクラウドファンディングを利用し、160カ国から13万8000人の人から約200万ドルを調達するのに成功した。スラット氏は高校生の時にこのシステムを思いつき、その後デルフト工科大学に進学した。昨年には国連の地球のチャンピオン賞という環境保全に尽力した人に与えられる賞を受賞している。

スラット氏の発明は、V字型の浮きアームを海洋に設置し、海流によって流されてきたゴミを捕獲するというもの。このゴミはタンカーで収拾されて最終的には裁断し再利用される。オーシャン・クリーンアップの計画はさらに拡大する。5年以内にカリフォルニアとハワイを結ぶ太平洋に100kmにわたる除去機を設置する計画。これが実行されれば、太平洋に浮かぶプラスチックゴミの半分は除去されるという。