Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ全土での平均家賃1000ユーロを超える
オランダ不動産協会(NVM)が7日発表した統計によれば、2017年平均家賃が月額1000ユーロを超えたという。これは2016年に比較して2.5%の上昇である。オランダの賃貸には2通りあり、ひとつは助成金による比較的安い家賃で入居できるもの(Sociale Huurwoning)、もうひとつはフリーセクターと呼ばれる家賃を自由に決められるもの。上記数値はフリーセクターの家賃である。助成金による安い賃貸住宅の入居には収入の上限規制や長いウェイティングリストがあるため、日本から駐在や移住でオランダに住む人の入居はほぼ不可能だと考えていい。フリーセクターの住居は入居は簡単だが家賃は高い。オランダの賃貸住宅の62%はこのフリーセクターのものである。

家賃が高いのはアムステルダムがある北オランダ州。平均で1平米あたり15.22ユーロとなっている。ユトレヒト州と南オランダ州の平均は同10.78ユーロ。家賃が一番低いのはフリースランド州で8.09ユーロである。
家賃の上昇が一番大幅だったのがアルメール(18.6%)、アイントホーフェン(11%)そしてロッテルダム(10.2%)で、ロッテルダムの平均家賃は1平米あたり12.25ユーロ。

オランダでは中間クラスの賃貸住宅(710−1000ユーロ)が慢性的に不足している。昨年には15000戸の新規賃貸住宅が建設されたがそれでも需要に間に合わない状況だ。とくに需要が高いアムステルダムでは新規建設の住宅のうち中間クラスのものは7%にすぎない。
ただ国内外の投資家による賃貸住宅への投資は増えている。個人投資家によるものだけでなく、不動産ファンドや保険会社による投資である。

2018-02-08

関連記事

受刑者減少で空き状態となっているアムステルダムの刑務所群「ベイルマーバーエス(B... 続きを読む ▶
オランダの不動産価格、とくに都市部での価格の上昇が止まらない。その背景には歴史的... 続きを読む ▶
中央統計局(CBS)が本日発表した犯罪統計によれば、2015年にもっとも暴行事件... 続きを読む ▶
インターナショナル・スクールが少なく住宅費が高騰するアムステルダムを、駐在員が避... 続きを読む ▶
アムステルダム市は、難民認定の下りた難民のために1000戸の仮設住宅を新規建設す... 続きを読む ▶
オランダの不動産市場は回復した様相を示しており、2008年のリーマンショック以前... 続きを読む ▶
オランダにやってくる難民はまず難民センターと呼ばれる場所に一時的に収容される。そ... 続きを読む ▶