Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 暖冬で、花粉症の時期も早まりそう
ハンノキの花粉にアレルギー反応を起こす人はそろそろ花粉症に注意したほうがよさそうだ。ここ数日の異常な気温の高さで植物の開花も早まり、オランダ内に生息する約2700万本のハンノキがもうすぐ開花すると予想されている。これは通常より1ヶ月も早い。コーカサス原産のハンノキは12月にすでに開花しているが、ピークは2月6日ぐらいになりそうだ。ライデン大学病院(LUMC)が昨年計測したデータによれば開花時には1㎥あたり70の花粉という高密度である。

ハンノキ花粉あるいはハシバミ(ヘイゼルナッツの木)の花粉にアレルギー反応を起こす人は注意が必要。この木も例年よりずっと早い時期に開花している。自然科学雑誌ネイチャー・トゥデーによれば、これらの花粉にアレルギーがある人は、ヘイゼルナッツ、リンゴ、にんじん、セロリ、ナッツ、キウィ、メロン、オレンジ、トロピカルフルーツなどにアレルギー反応を起こす可能性も高いという。この時期にはアレルギーを起こしそうな食物を避けるほうがいいと警告している。

今年の暖冬は著しく、先週の水曜日には14.4度と1月24日では計測史上中最も高い気温を記録している。

2018-01-29

関連記事

花粉症に悩む人にはやっかいな春がやってきた。とくに気温が上昇するについれて、大気... 続きを読む ▶
オランダのライデン大学病院(LUMC)の調査によれば、今年は大気中に花粉が一定量... 続きを読む ▶
オランダでは例年よりも1ヶ月ほど早く春の訪れを知らせるクロッカスや水仙が咲き始め... 続きを読む ▶