ニュース

週末にはオリオン座流星群が観測できそう
今週末には多くの流れ星が見えそうだ。これはオリオン座流星群で、オランダ時間土曜日(21日)の夜中から日曜日(22日)の朝6時ごろにかけて、1時間に37個(1.5分間に1個)の流れ星の出現が予測されている。

オリオン座流星群は毎年10月の後半に観測できる。オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある。比較的速度が速いため、明るい流星が多くみられる。母天体はハレー彗星で、約3000年前のハレー彗星の塵によるものだという。

天気予報では土曜日の夜から日曜日の朝にかけては晴れで、オランダからもよく見えそうだ。ピーク時には一番良く見えるのは、オランダの北部と東部で、フローニンゲン、ドレンテ、オーフェルアイセル、ヘルダーランド、そしてリンブルグの各州からだと気象予想サイト。


関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。