ニュース

「プラスチックごみの分別意味なし」オランダ経済企画局
「現在行われているプラスチックごみの分別は環境保全にほとんど寄与していない。」と水曜日に発表されたオランダ経済企画局(CPB)報告書は結論づけた。現在オランダ全土で分別収集されたプラスチックごみは、リサイクルが目的で加工され別の原料にされている。しかしこの原料の質が悪いためほぼ利用されず結局焼却処理となっている。分別されたプラスチックには金属や他の物質が混じっているため、リサイクルしても質の高いものが生産されない。「分別するならもっときちんとした方法で行うしかない。それにはコストがかかるが環境への負担は減る。」とCPBは報告書で述べている。

現在行われているプラスチックごみのリサイクルが二酸化炭素排出減少にどれだけ寄与しているかを調査したところ、オランダ全体の排出量の0.15%にも満たないことが発覚した。オランダでは紙類、植物性ゴミ、そしてその他のゴミ、プラスチックなど分別収集されているが、その他のゴミに混じっているプラスチックは14%もある。このうち90%が包装用だ。現在多くの飲料にデポジットシステム(びんの値段が購買価格に上乗せされ、空き瓶を戻すとこれが戻ってくるシステム)が適用されているが、これを包装などにもっと広範囲に適用させるべきだとCPB。



関連記事

衣料品用コンテナに普通ごみが混ざり、再生不可能に
古い衣料を回収する収集コンテナが危機に陥っている。この衣料収集コンテナに普通ごみを捨てたり、ひどい場合には化学液体を捨てる人がいるため、衣料を回収している団体は財政危機に見舞われている。通常古い衣料はアフリカなどに送られ再販されるほか、裁断しリサイクルされる。ところが、生ゴミや化学物質などで汚れた衣料は再生不可能なので燃やすしかない。市町村によっては衣料用のコンテナは廃止し、リサイクルショップに持っていくか通常ゴミといっしょに捨てるよう促すところもある。

安い衣料が大量に出回るなか、廃棄も増えている。その上、分別が行われなくなるとゴミが増えるばかり。危機感を覚えたテキスタイルの再生連盟(VHT)は、本日政府のファン・フェルトホーフェン次官に事態の改善を呼びかける書簡を送った。VHTは分別に関する市民の教育を訴えるとともに、自治体のゴミ政策の徹底的見直しを要求している。衣料用コンテナに普通ごみを捨てる人が多いことから、コンテナを開けるための特別なパスを導入したり有料化することも提案に含まれている。

古い衣料を集めている団体大手は、救世軍とシンパニーという慈善団体だが、両者とも将来に見通しがたっていない。両団体は自治体と契約を結び、古い衣料1キロに対し41セントを支払っているが、このままでは売上(リサイクルや再生)が減りコストを回収できないと懸念。現在、約8000万キロのテキスタイルがこういった団体で集められている。

海のプラスチックごみ回収プロジェクト開始、オランダの青年の構想が実現
5年の歳月と273個の模型作成を経て、8日やっとこの「オーシャン・クリーンアップ」プロジェクトがサンフランシスコで開始した。オランダ人青年ボイヤン・スラット氏(24)が開発した世界初の海のプラスチックごみを回収する清掃システムだ。プラスチックごみを回収する巨大な浮遊装置がこの日「太平洋ごみベルト」に向け、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを出港した。装置は長さ600メートル、深さ3メートルのU字フェンス型。動力源はなく、波や風そして海流を利用して海面を浮遊しながら、ごみを回収する。

浮遊装置はこれから太平洋ごみベルトを1800キロに渡って移動する。ハワイとカルフォルニアを結ぶフランス国土の3倍の面積といわれるプラスチック・スープを回収する。回収されたプラスチックごみはリサイクルされる。約2000万ユーロ(25億6000万円)の費用は寄付や企業の協賛金でまかなった。

ボイヤン・スラットはスラットはギリシアの海でダイビング中に、魚の数よりプラスチックバッグが多いことにショックを受けた。高校在学中にプラスチックによる海洋汚染、そしてこれを清掃・回収するための経済的、ロジスティック、技術的な方法を6ヶ月かけて研究した。2012年、スラットが17歳のときにTEDのローカル版TEDxDelftでこの海流を利用してごみを回収するシステム計画を発表、大きな反響があった。 その後デルフト工科大学で宇宙工学を学んだが中退し、このオーシャン・クリーンアッププロジェクトに注力している。