ニュース

オランダのソフトドリンク製造企業、中高学校での砂糖入り飲料の販売ストップ
オランダのソフトドリンク製造会社は、2018年末までに中学、高校への砂糖入り飲料の販売を中止する。ただし「ライト」バージョンは除く。オランダ・ソフトドリンク製造業界代表が6日、RTLニュースにてこの決定を発表した。

ソフトドリンク業界は若者が「健康的な選択」をすることを奨励したいとし、2018年以降は砂糖含有ゼロあるいは甘さを控えたライトバージョンのソフトドリンクのみを学校で販売すると決定した。ライトバージョンには砂糖は含まれないが、砂糖の代替物質を入れている。これにより青少年のカロリー摂取過多を防ぐのが目的だという。
欧州のソフトドリンク業界は2019年までに中高学校には、低カロリーの飲料のみを供給すると決定しており、オランダはその先陣を切った形だ。

オランダでは青少年の肥満が問題化しており、ソフトドリンクもその一因だとし非難の的となっている。このため、すでに13歳以下の子供向けのソフト飲料のマーケティングは中止されているが、中高校生は校内で飲料を入手できるため、ソフトドリンクの摂取量が高い。
今回の決定は政府主導ではなく、業界が自発的に行ったものであることが注目される。


関連記事

オランダの大手スーパー、食品から大幅に砂糖含有量を減らす
オランダ大手スーパーチェーン、アルバート・ハインは、同社食品群から砂糖の含有量をさらに削減すると発表した。昨年すでに100の商品から砂糖の含有量を大幅に減らすことに成功したが、今回は40種のソフトドリンクとジュースから30%糖分を減らす。

栄養専門家によれば、オランダの消費者は体が必要としている砂糖分を平均年に44キロも上回る消費をしている。砂糖はあらゆる製品に含まれていて、糖分とは無縁に思われるようなジェノベーゼソースやハンバーグも例外ではない。今回は子供向け商品からの糖分削減を行う。子供が摂取する糖分の約3分の1はソフトドリンクなので、まずは子供向け自社ソフトドリンクから砂糖量を減らした。削減量は年間角砂糖5000万個分に値する。

食品から砂糖の含有量を減らす試みをしているのはアルバート・ハインだけではない。競合のユンボも今年1月、約200の商品から砂糖だけでなく塩そして飽和脂肪を減らすと発表している。

アムステルダムに砂糖中毒リハビリクリニック登場
甘いものが止められない砂糖中毒患者用に、アムステルダムのライツェ通りに昨日月曜日からリハビリクリニックが登場した。このクリニックは糖尿病基金が期間限定で開設したもので、誰でもボディスキャンが受けられる。このスキャンで砂糖が身体にどれだけ影響を与えているのかがわかるという。「ライツェ通りにはお菓子やキャンディ、チョコレートアイスクリームを売る店が山ほどあり、砂糖中毒の人を誘惑するという理由でここを選んだ。」とスポークスマン。

糖尿病基金はこの期間限定クリニックを開設することで、砂糖中毒の人に毎日どれだけ砂糖を摂取しているかを自覚してもらう。多くの人が気づかないうちに砂糖中毒になっているという。オランダではなんと80%の人が砂糖の摂り過ぎ。平均で1日150グラム(角砂糖20個)も摂取している。世界保健機関(WHO)は1日に必要なエネルギーの10%以上は砂糖から摂取すべきではないとし、約50グラムを限度としている。糖尿病基金は、お菓子だけでなく砂糖は多くの食品に添加されていて、摂ればとるほどもっと欲しくなるという中毒性があると指摘している。

このクリニックは13日(日)まで開いている。 Leidsestraat 46, Amsterdam で誰でも予約なしでチェックが受けられる。

蘭スーパー「アルバート・ハイン」自社製品の砂糖含有量減らす
オランダのスーパーマーケット・チェーン「アルバート・ハイン」は、今年末から自社製品の中の100商品から砂糖使用量を減らすと発表した。砂糖過剰摂取による健康害を防ぐのが目的である。ヨーグルト、カスタードクリーム、ケチャップそしてクッキーなどで、10-40%砂糖の含有量を減らす。さらに子供用のヨーグルトなどの新製品では、砂糖を全く使用しないものも導入計画している。また清涼飲料では10%の減糖。さらにすべての製品に、カロリー量と砂糖含有量を表示する。これにより同スーパーでは年間角砂糖5000万個分の砂糖使用量が減ると試算している。

アルバート・ハインは自社製品の「健康化」を目指しており、すでに減塩と減脂肪には取り組んでいる。スーパーマーケットが消費者の「ヘルシーな食生活」を推進する動きは、アルバート・ハイン以外でも始まっている。アルバート・ハインとユンボでは野菜と果物のオーガニック化を目指し、これを環境保護団体のグリーン・ピースや自然環境協会と共同で推進している。この2チェーンでは、2019年までにすべての野菜と果物は「環境に優しい」というお墨付きである「エコラベル」がついた製品のみを販売することを目指している。
オランダの「エコラベル」の基準は厳しい。農薬使用だけでなく、エネルギー使用量、二酸化炭素排気量、水使用料さらに肥料に関しても厳しい基準が設けられている。


子供向け飲料の砂糖含有量コーラ並み、オランダ食品監視機関警告
「オランダで売られている子供向け飲料に含まれている砂糖はコーラ並かそれ以上である」というショッキングな調査結果が、食品監視機関であるフードウォッチから発表された。フードウォッチは、アルバートハイン、ユンボ、リドルなどのスーパーマーケット5社で販売されている194種の子供向け飲料を分析調査したもの。
分析で飲料一箱には平均で角砂糖4個分である16.2グラムの砂糖が含まれていることが判明。同じ量のコーラでは角砂糖5個分の砂糖が含まれているので、ほぼ同じということになる。さらに194種類のうち4分の1の飲料はこれ以上の量の砂糖が含まれている。子供が糖分を摂り過ぎると、糖尿病や心臓病などを患う可能性があるとフードウォッチは警告している。

一番砂糖の含有量が多い子供向け飲料は、アルバートハイン、ユンボ、アルディそしてプルスのヨーグルト・ドリンクで、平均で角砂糖6個分という甘さである。「毎日、朝昼晩と飲む子供がいるが、角砂糖18個分を摂取していることになる。」砂糖の含有量が少ない飲料もあるが、たいてい他の(合成)甘味料が含まれており健康に悪い。甘味を摂り過ぎる子供は味覚が麻痺するだけでなく、生涯的に食生活が乱れることが多い。フードウォッチは国民健康省が関与すべきだとし、食品製造業者、スーパーマーケットそして飲食業者に、砂糖、塩、油の使用を減らすよう呼びかけている。