ニュース

スーパーで販売の鶏肉、25%が耐性菌に汚染
トラウ(Trouw)紙が報じたところによれば、オランダのスーパーマーケットで販売されている鶏肉の4分の1は耐性菌に汚染されている。

オランダのみならず世界中で、豚や鶏などの家畜に危険な感染症を防ぐため、非常に強い抗生物質コリスチンが使用されている。しかし最近この抗生物質に耐性を持つ耐性菌が発見されている。ブレダにあるアンフィア病院の医師で微生物学者であるクライトマンス氏は、新しい検査方法でこの耐性菌を発見するのに成功し、スーパーマーケットで販売される鶏肉を検査した。

放し飼いの鶏では14%がこの耐性菌に感染しており、ブロイラーに至っては30%という高い率だ。しかしクライトマンス医師によれば、人体への直接な影響はないという。「コリスチンはまだ人間には使用されていない。他の抗生物質でほぼ感染症は完治できている。」とはいうものの、抗生物質耐性菌で死亡している人も増えているのも確かだ。欧州全土では毎年約25,000人の人が耐性菌で命を落としているという。


関連記事

オランダ、東南アジア産の魚介類の半数に多剤耐性菌が発見される
オランダに輸入されている東南アジア産の魚やエビの半分近くに抗多剤耐性菌(抗生物質耐性バクテリア)が含まれていることがわかった。この検査を行ったのは、ブロイラーチキンの養育などに反対する団体「Wakker Dier」で、オランダの卸市場やスーパーマーケットで販売されている43種類の魚とエビに含まれる耐性バクテリアを検出調査を行った。中でもベトナムから輸入されているエビに、ESBLバクテリアという危険な薬剤耐性菌が含まれていたことがわかった。この耐性バクテリアは鶏胸肉、ステーキ肉そして仔牛肉では発見されているが、魚では初めてだという。

ESBLなどの多剤耐性菌は抗生物質が効かないあるいは効きにくいバクテリアである。ただしこの菌が含まれていてもよく火を通せば感染のリスクは下がるという。この調査結果を受けオランダの健康省のスヒッパー大臣はオランダ食品管理局(NVWA)に対し養殖魚にふくまれる多剤耐性菌を監視するよう命じた。