ニュース

スリナムがオランダの農業問題を解決できるかも
srinam.png
今日からオランダのルッテ首相が南米のスリナムを訪問する。オランダの首相が元植民地であったスリナムを訪問するのは14年ぶり。スリナムは南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する国だ。16世紀にオランダ、イギリス、フランス、スペインの探検家によって探検され、17世紀に入るとイギリス人とオランダ人が入植し、黒人奴隷を使用してタバコ栽培を行った。両国は領有権を巡り争ったが1667年のブレダ条約でオランダはニューアムステルダム(現ニューヨーク)とスリナムを交換しオランダの領有権が確定した。オランダから完全に独立したのは1975年。スリナムの経済は、強く鉱業に依存している。総輸出額に占める鉱物資源の割合は2000年時点で8割に達した。

スリナムのサントクヒ大統領は、ルッテ首相との会談にあたり、オランダに経済援助を求めるだけでなく、スリナムからオランダに提供するものがあると述べている。同国はコロナ禍とウクライナ戦争で大きな経済的打撃を受けている。インフレ率は50%にも上る。ただサントクヒ大統領は「両国が主従関係ではなく、大人同士として協力したい。」とし、「オランダは窒素問題が大きな問題となっているが、スリナムがこれを解決できるかもしれない。広大な土地を持つスリナムは農地を開発できる。その上、最近石油とガス田が発見されたことで、エネルギー問題でも手を貸せる可能性がある。」と話している。農業製品輸出では世界第2を誇るオランダは、窒素排出による農家の削減問題でここ数ヶ月農家によるデモが続いている。


関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。