ニュース

今週末は流星群通過で流れ星が見える
ryusei.jpeg
今日から週末にかけて夜を外で過ごすと流れ星を見ることができそうだ。流星群が地球のそばを通過するため、流れ星が多く発生する。土曜日の朝早く起きれば一番よく見えるという。
地球は今週比較的大きな流星群2つを通過する。とくに土曜日の朝8時ごろにベルセウス流星群の最も活発な場所を通過する。1時間に約100の隕石が大気に突入すると予想されている。宇宙のチリが大気を通過するときに光るため、流れ星と名付けられている。


ピークは日の出直後なので見えないが、夜でも十分に観測可能だ。月が沈む午前4時45分がベストタイムだといわれている。その後、1時間に約20個の流れ星を肉眼で見ることができる。小さいデルタみずがめ座の群れも通過しているため、土曜日前の空も比較的流れ星が活発だ。
オランダで目に見える最大のものでは双子座流星群と牛飼い座流星群。7 月下旬から 8 月上旬にかけて地球を通過するため、一番よく見えるという。

さてどの地域で流星がよく見えるのだろうか。国立衛生環境研究所(RIVM) が分析した衛星データによると、南オランダ州は国内で最も光害が測定されおり、星が見えにくい。とくに園芸温室は夜でも電光をつけているため、光公害が激しい。とくに園芸農家地帯にはさまれているデルフトは光害が最も深刻だ。アムステルダム近郊も南オランダ州ほどではないが光害の影響は受けている。このほかの地域では比較的光害はないようだ。



関連記事

13日明け方、オランダでも流星群が観測可能
天気がよければオランダでも日曜日の夜中(13日月曜日の明け方)に流星が見えそうだ。一番流星が多く見られるピークは月曜日の明け方3時から4時の間で、1分間に1個が期待できそうだ。この流星群は3大流星群のひとつであるベルセウス流星群。今年は11日が新月にあたり、12日夜から13日の明け方も月明かりに邪魔されないので、観測には絶好の条件となる。このためピーク時には、1時間あたり40個以上の流星を期待できそうだという。
流星(流れ星)とは、宇宙空間にある直径1mm~数cm程度の塵粒(ダスト)が地球の大気とぶつかり、地球大気や気化した塵の成分が光を放つ現象である。ペルセウス座流星群の母天体は、スイフト・タットル彗星で、太陽の回りを約130年の周期で公転している。流星群は放射点があるペルセウス座の周辺のみに出現するわけではなく、放射点を中心に四方八方に流れるため、夜空のどこにでも現れるという。オランダではいくつかの天文台が流れ星を観測するために一般公開される。

週末にはオリオン座流星群が観測できそう
今週末には多くの流れ星が見えそうだ。これはオリオン座流星群で、オランダ時間土曜日(21日)の夜中から日曜日(22日)の朝6時ごろにかけて、1時間に37個(1.5分間に1個)の流れ星の出現が予測されている。

オリオン座流星群は毎年10月の後半に観測できる。オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある。比較的速度が速いため、明るい流星が多くみられる。母天体はハレー彗星で、約3000年前のハレー彗星の塵によるものだという。

天気予報では土曜日の夜から日曜日の朝にかけては晴れで、オランダからもよく見えそうだ。ピーク時には一番良く見えるのは、オランダの北部と東部で、フローニンゲン、ドレンテ、オーフェルアイセル、ヘルダーランド、そしてリンブルグの各州からだと気象予想サイト。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。