ニュース

ヨーロッパで最も美しい鉄道の旅
bernina-express.jpeg
航空便の混乱、空港の混雑そして夜行列車の復活などから、最近鉄道旅行が脚光を浴びている。ヨーロッパには 25 万キロメートルの鉄道がある。何百もの鉄道会社がそれぞれ独自の設備、路線、接続、料金を備えている。そのため、国際列車旅行の予約は簡単ではない。オンラインでチケットを販売する鉄道会社もあれば、カウンターのみで販売する鉄道会社もあります。ある列車では座席を予約義務があるが、次の列車では予約が不可。かなり前にチケットを購入すれば安くなるものもあるし、直前に予約すれば安くなり鉄道もある。要するに、列車の旅には事前の十分な調査と準備が必要なのだ。

さて、鉄道旅行をすると決めたら、どこが一番美しく印象に残るのだろうか。以下は、旅行ジャーナリスト、Sander Groen氏が選んだ5つの鉄道の旅。

1. ベオグラード - バール鉄道(Belgrado-Bar)は、ユーゴスラビアの独裁者チトーによって建設され、セルビアの首都からモンテネグロのアドリア海のリビエラまで、435 の橋を越え 254 のトンネルを通過する 12 時間の旅。

2. ポルトガルのリーニャ・ド・ドウロ川を越えて、世界遺産に登録されているドウロ川の谷間を曲がりくねったループを通過し、ポルトからピニャンを経由してポチーニョまで。港のブドウ園や紺碧のタイルの絵が描かれた駅を通り過ぎる。

3. 有名なスイス ベルニナ エクスプレス(Bernina Express)は、ドイツ語圏のグラウビュンデン州のクールからアルプスを越え、言語と国境を越えてイタリアのティラーノまで 4 時間で運行している。

4. コート ダジュールのビーチから山を通り、フランス アルプスの頂上にあるスパまで走る列車。ニースからスパのあるディーニュ・レ ・バンまで 3 時間強でピーニュ列車(Train des Pignes)が走る。

5. スウェーデンの首都ストックホルムから北極圏まで 24 時間で到着し、雪に閉ざされた山村、果てしなく広がる氷と凍った滝を通り過ぎる。Norrlandståget 別名「Arctic Circle Express」は、冬のワンダーランドを巡る壮大なツアーである。


関連記事

オランダ鉄道またスト、金曜日と来週も
staking.jpeg
8月末に各地で行われたオランダ鉄道(NS)のストで労使の合意が得られなかったため、NSはまたストを行う。9月9日(金)には西部と北西部の列車運行を中止する。9月13日(火)には東部、南部そして北部での運行停止。そして15日(木)には中央部となる。
今週の金曜日に計画されているNSのストには、地域交通(バスなど)の労組もストに加わる。フリースランド、フローニンゲン、ドレンテ、そしてオーフェルアイゼルの地域交通が労働条件の改善を求めストを行う。

NSの従業員がストを行うのは今年で2回目。8月末には4日間に渡り地域ごとのストが行われたが、30日(火)にはユトレヒトのある中央部だったため、全国で列車が運行できない状態となった。

政府はNSと労組FNVに対し「公共交通のイメージを悪化させるだけ」だとして、交渉の早期解消を求めている。しかし両者の合意には程遠いと見られる。

労組はインフレ率にあった給与の値上げを要求。賃上げにより購買力の低下を防ぐだけでなく、NSでの求人を容易くすると主張している。さらに、労働時間の短縮と仕事に対するリスペクトを要求している。合意に至らない場合には先月のように全土に影響するストを行う可能性があると労組。

オランダ鉄道、火曜日全国規模でスト
ns.jpeg
先週から労働条件改善を求めてオランダ鉄道(NS)の労組が、オランダ北部、西部、北西部と地域ごとのストを続けてきたが、今日火曜日はオランダ中央部のストとなる。このためオランダ全土がストの影響を受けることになる。NSは、スキポール空港とアムステルダムを結ぶ路線以外はオランダ全土で列車は運行しないと発表した。ユトレヒトはオランダに中央部にあたり、多くの路線がここに集中している。このため全土が影響を受けることになった。

例外はアムステルダム中央駅とスキポール空港を結ぶ路線で15分おきに運行。国際列車はタリスとユーロスター以外は運行中止となっている。

NSと労組の話し合いはまだ合意に至っていない。労組は購買力を取り戻すため大幅な賃上げを要求している。
ストが始まったのは先週の水曜日だが、毎日地域ごとのストが行われてきた。昨日も北ホランド州ではほぼ列車は全滅だった。明日水曜日がスト最終日となり、南部と東部での列車運行が中止となる。

オランダ鉄道、来週からストに。利用者補償あり
ns.jpeg
来週8月24日(水)からオランダ鉄道(NS)の職員はストに突入すると、鉄道労組FNV Spoorが発表した。ストは5日間続く予定だが、毎日別の地域で実施される。

ストがいつどの地区で行われるかについての詳細はまだ発表されていない。NSもストが与える乗客への影響についてはまだ想定していない。まずは労組の詳細計画を聞いてからだというが、「鉄道は全国ネットワークなので、一部の地区がストに入ると全体へ影響が波及するはず。」とコメントしている。NSは、先週賃上げや労働時間計画の効率化などを求めている労組と話し合ったが、合意にいたらなかった。このため労組はストを行う。
NSによれば、労組は20%の給与値上げを要求している。

鉄道労組は、「利用者がストの影響を受けることについては申し訳ないと感じているが、ストは最終的には利用者の利益になる」と述べている。「現在、NS は深刻な人手不足に悩んでいる。その結果、列車はキャンセルされ、社会の安全が深刻な圧力にさらされている。その流れを変えるには、まともな労働協約が必要だ」と広報担当者は強調している。

NSはストによる遅延などに対し利用者に補償すると、そのHP上で書いている。

旅行をするならドイツ? 鉄道やバスなど乗り放題で1ヶ月9ユーロ!
german_train.jpeg
隣国ドイツでは高騰するエネルギー価格に対処するため、燃料にかかる付加価値税を下げたり、働く人に一律300ユーロを支給するなどの措置をとっている。このほか車をできるだけ使用せず公共交通機関の利用を推進するために、料金の大幅値下げを行っている。

ドイツ国内を旅行するなら公共交通機関が格安だ。6月、7月、8月の3ヶ月間、国内の交通機関は乗り放題で1ヶ月9ユーロ。鉄道、トラム、地下鉄、バスなど、ほとんどの公共交通機関が使える。例外は高速列車(ICE)とインターシティ。例えばアムステルダムからベルリンに行くICEには適用されない。どうしてもこの9ユーロチケットを利用したいとなると、少し時間の余裕が必要だ。例えばユトレヒトからケルンには3時間かかり、ICEを使うより1時間長く要す。同じくベルリンまでは11時間。ICEを使えば6時間なので、のんびりと行く時間があればかなり安い。国境までのオランダ鉄道料金とあとは9ユーロですむ。

またドイツは今日から今後3ヶ月間、燃料税をガソリンでリットルあたり35セント、ディーゼルで17セント引き下げる。これにより平均でガソリンは1.85ユーロ、ディーゼルは1.9ユーロになる。オランダでは、付加価値税を下げたもののガソリンは2.2ユーロにとどまっている。このためオランダから給油に行く車で国境付近のスタンドは混雑が予想されている。



オランダ鉄道、ベルギー行きを止めるよう呼びかけ
antwerp.jpg
ロックダウン中のオランダから隣国ベルギーにショッピングや食事に行く人が増えている。車で行く人もいれば列車を利用する人もいるが、オランダ鉄道(NS)によれば、ベルギー行きの列車は満席。1.5メートルの距離を空けるのは到底無理になっている。満員列車を避けるために次の列車を待つ人でホームも人で溢れている状態だ。

ベルギーではオランダからやってくる人に迷惑気味だ。アントワープのカフェやレストランそしてショップもオランダ人で溢れている。アントワープ州の州知事は、「社会的でない、連帯(責任感)がない、愚かだ」と非難している。
オランダ鉄道は急用でないかぎりベルギー行きを止めるよう呼びかけている。

さてオランダのコロナ感染状況だが、感染者数は減っているものの、現在感染する人のほとんどがオミクロン変異株に感染している。とくにアムステルダム市内での感染率が高い。
ブースターショットの接種はかなりの勢いで進んでおり、今日はすでに1983年と84年生まれの人が予約可能となっている。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。