ニュース

8月1日から労働法が変わり学費の払い戻しなどが可能に
newlaw.jpg
月曜日から労働法が変わり従業員の立場が改善される。パートタイムやアルバイトに関する法律の緩和やトレーニングや学習費用の払い戻しなどが含まれる。ただし、権利の強化には義務も伴うことも忘れてはならない。例えば雇用主はオンコールで働いている人に出勤を義務付けたり、正規の仕事以外にアルバイトやボランティアの仕事をする場合に報告をしなければならない。

これは「透明で予測可能な労働条件(Wet Transparante en Voorspelbare Arbeidsvoorwaarden)」と呼ばれる新法である。この法律で、従業員が仕事の規則が明確になることを目的としているが、他の分野でも従業員の権利が拡大する。

とくに、医療関係や飲食店などで労働日時が決まっていないオンコールで働く人達には朗報である。雇用主は従業員と相談の上、働く日時を前もって決めねばならなくなる。決まった日時以外に呼び出された場合には従業員はこれを拒否する権利を持つ。ただし、逆に従業員は決められた日時に働く義務が生じる。

新しい法律では、従業員が仕事に関する学習やトレーニングを自分で受けた場合に、その学費が請求できるようになる。また可能であれば学習やトレーニングを勤務時間中に受けることもできる。また学習やトレーニングのための交通費などの費用も会社に請求可能となる。

8月1日から、通常の仕事以外にアルバイトをするのも簡単になる。雇用主は正当な理由がない限り、これを認めねばならない。ただし、アルバイトだけでなくボランティアの仕事に関しても雇用主に報告する義務が生じる。


関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。