ニュース

新政府の大臣任命式には髪の毛伸び放題で出席?
dejonge.png
ロックダウン規制で接触業である美容・理容室が閉まっているため、髪の毛伸び放題の人が多い。来週月曜日に予定されている新政府の閣僚任命式に、新大臣らはこの規制を遵守した「コロナヘア」で出席する(はず)だ。この規制に反対する美容・理容協会は、任命式には美容院に行ったばかりのすっきりした頭で出席するなと警告している。きれいにカットやセットしたヘアスタイルで式に列席すると「国民に誤った印象を与える」と同協会。

コロナ大臣で知られたヒューゴ・デ・ヨング元健康省大臣(新しく住宅・空間計画省大臣となる)は、「ジェルでなんとかごまかすが、たぶん見る人にはわかってしまうかも」と話している。元副大臣で、新規に貧困・年金担当大臣となるカローラ・スハウテンは昨日ルッテ首相と会見したときに、美容院に行ったばかりのような髪型で登場。本人は自分でやったと述べている。来週の月曜日の任命式にも、ヘアドライヤーとヘアアイロンでごまかすとインタビューに答えている。

国務・王室担当大臣となるハンケ・ブラウンス・スロット氏は、月曜日にはきちんとした髪で出席できるはずと述べている。さてヴィレム・アレクサンダー国王だが、広報局(RVD)によれば、「月曜日にコロナヘアで出席するか否かはまだ検討中」だとしている。

式には大臣などのほか報道関係者などが多数集まることから、この任命式自体を延長すべきだという声も出ている。


関連記事

家賃の大幅値上げに規制か?
apartment.jpeg
インフレによる家賃の大幅な値上がりが懸念されている。現在の法律では、インフレ率+1%までの家賃の値上げが許されている。当初はこの規制はテナントを守るための措置だったのだが、このところの急激なインフレで家賃の大幅上昇が続いている。

例えば今年のインフレが7%だとすると(実際にはもっと上がると見られる)、家賃は8%まで上げることができる。1ヶ月1000ユーロの家賃を払っている人は毎月80ユーロの値上がりで年間960ユーロ余計に払わねばならなくなる。テナントの利益を擁護する団体「住宅協会(Woonbond)」は、この値上げを懸念し下院に書面を送り、家賃値上げの見直しを要請した。

住宅協会は「現在の規定が2023年まで継続されたとしたらテナントにとって大きな問題となる。家賃凍結を決めてテナントを守ってほしい。」とコメントしている。

政府でもこの家賃の値上がりを重く見て、討議が行われてきた。過半数の議員がこの法改正を支持している。

これに対し、11日国務省は法改正に向けて準備を行っていることを発表した。すでに低所得者用のソーシャルハウス年間の家賃値上げのシーリングは決まっているが、通常の賃貸でも最大値上げ率を定める方向だ。インフレ率とは関係なく値上げ率の制限をするなどの改定案が提案されている。

旅行の季節、オランダの近隣国のコロナ規制は?
shoppingstreet.jpeg
オランダではコロナ規制がすべて撤廃されたが、近隣諸国も撤廃あるいは緩和が進んでいる。イースターや5月休暇に国外に行く場合に、それぞれの国の規制を知っていると便利だ。

■ベルギー
ベルギーでもほぼすべての規制が撤廃されている。ただし公共交通機関や病院や高齢者施設ではマスク着用が義務付けられる。
48時間以上ベルギーに滞在する場合にはコロナ証明が必要だ。バス、列車、船、飛行機でベルギーに入国する際にワクチンの摂取あるいは陰性証明が記載されているアプリ(あるいは書面)の提示を求められる可能性がある。

■ドイツ
ドイツも4月2日からほぼすべての規制が撤廃された。ただし病院、施設、公共交通機関、一部のコンサートホールなどでマスク着用が義務付けられている。ベルリンではオペラ鑑賞にマスクが必要。オランダから入国する際にはコロナ証明書の提示を求められる可能性もある。

■ フランス
3月14日からほぼすべての規制が撤廃されているが、コロナ証明書(ワクチン証明書)は持っていったほうがいい。飛行機で入国する際にはEU-PLF(欧州デジタル乗客ロケーター)という書類が必要だ。

■ 英国
ほぼすべての規制が撤廃されている。ただしスコットランドやウェールスではまだ残っている規制もある。規制はマスク着用に関するもので、小売店や公共交通機関内での着用義務である。
「コロナとともに生きる」という政策のもと、英国ではコロナに感染しても隔離の必要がない。

キューケンホフ、今日から規制なしオープン。2年ぶり
keukenhof.jpeg
過去2年のコロナ禍の間、限定的に公開はあったもののほぼ閉園状態だったキューケンホフ公園が今日から一般公開となった。時間ごとの予約で誰もが入場でき、時間制限なしに公園を歩くことができる。キューケンホフ公園は、オランダのリッセある世界最大の花の公園である。総面積 32 ヘクタール の園地に植えつける花の球根は毎年700万球にのぼる。

昨年は4月の週末に2回ほど公開されたが、入場にはコロナテストを受けるなど制限つきだった。今年は入場時間の予約以外は特に規制はない。また昨年までは行き来が自由でなかったドイツやフランスからもイースター前後に多くの観光客が訪れそうだ。ただ、アメリカやアジアからの観光客は入国手続きの複雑さなどが影響し、今年はまだやってこないとキューケンホフは見ている。
3月24日から閉園する5月15日までの訪問者数は、コロナ前の2019年の70%程度になると予想している。おそらく70万人から100万人程度になりそう。

コロナ規制さらなる緩和。マスク着用義務の廃止など
tulip_corona.jpeg
政府はコロナ規制のさらなる緩和に踏み切ると15日発表した。公共交通機関内でのマスク着用義務も来週3月23日から廃止される。また在宅勤務要請も不要となる。500人以上のイベントには1Gといわれる規制で事前のコロナ検査が必要だったが、これも撤廃される。

唯一残る規制は、コロナ検査陽性となった人の自己隔離義務である。もちろん、くしゃみや咳をするときには腕で口を覆うなどの基本的なものは残る。政府に助言を行っているOMT(アウトブレイク・マネジメントチーム)は、公共交通機関内でのマスク着用は残す意向だったが、政府はこれを義務付けずに自由化する決定をした。
コロナ感染数はまだ高い。先週一週間の陽性者は42万9千人と先々週とほぼ同じレベルだ。ただ、入院患者数とIC入院者数は増加していないため、今回のさらなる緩和決定となった。

ただし今回の決定はコロナ禍の終焉を示すものではない。オミクロン変異株のサブ変異株である感染性の高いBA2に感染する人が多い。ただ入院するまでに重症化する人は少ないというが、これが今ピークであると示す証拠はない。1日4万人近い感染者がいることから、OMTは義務化廃止後も公共交通機関内などではマスク着用は効果があるとコメントしている。また在宅勤務アドバイスが撤廃されても、週の半分は自宅、半分は職場という働き方が望ましいとしている。

「思い切った段階的規制緩和」2月15日の記者会見
envenJPG.JPG
15日夜、国民健康省のエルンスト・カウパース大臣が記者会見にてコロナ規制緩和について発表した。陽性患者数は過去最大となったが減少傾向にあること、入院患者数は今年1月のレベルとほぼ変わらないこと、オミクロン株感染による症状は比較的軽いことなどに基づき、今回の「思い切った」緩和政策がとられることになった。以下が段階を踏んだ規制緩和である。

本日からの緩和
・在宅勤務の要請は緩和される。できるかぎり在宅が望ましいが、職場に出勤する場合には最大でも勤務時間の半分までとする。
・自宅に招待できる人数制限は廃止される。

2月18日(金)からの緩和

・飲食店や文化施設は18日から午前1時まで開店できる。レストランやバーだけでなく、劇場やサッカースタジアムも同様である。
・コロナパスの提示が必要な場所はそのまま続くが、映画館、スタジアムなどでは1.5メートルの距離をとることが不要となる。
・公共の場でのマスク着用もほぼ撤廃される。500人以下を収容する場所では着席の義務もなくなる。500人以上が集まる場所では着席とマスク着用は必須である。
・サッカースタジアムも満席が許可される。ただしコロナパスの提示とマスク着用は義務付けられる。
・感染陽性の場合には5日間の自宅待機が必要だ。またその後24時間以上症状がない場合には外に出られる。

2月25日からの緩和

・コロナパス提示が不要となる。ただしQRコードは航空機利用の際や他国への入国に必要。
・飲食店や文化施設の閉店時間規制がなくなる。
・1.5メートル規制も撤廃される。
・マスク着用義務もなくなる。ただし航空機や公共交通機関の中ではマスク着用義務続行される。
・屋内の大きなイベントでは「1G」ルールが適用される。1Gとは、ワクチン接種の有無にかかわらず、検査で陰性を証明する必要がある。屋外で行われるサッカースタジアム、会議やフェアなどの人が動いている場所では不要。
・感染したら自宅待機、手洗い、咳はひじで覆う、屋内の換気を良くするといった基本規制は続行する。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。