ニュース

コロナウィルスに関するロシアの「偽情報」が拡大、欧州内の対立を深める
ConspiracyTheory(1).jpg
「ロシアはコロナ禍を利用し欧州各国を混乱させている」と、オロングレン国務大臣(Ollongren)は国会に書簡を送った。この中で大臣は、偽情報から民主主義を守らねばならないと述べている。「ビル・ゲイツがウィルスを作った」「5G電波がコロナ拡大」といった情報だ。

オランダ国内でもソーシャルメディアを中心にコロナウィルスにまつわる信頼性の低い情報が交錯している。オランダ情報安全局(AIVD)によれば、ウィルスに関してロシアが流したと思われる根拠が疑問視される情報だという。この偽情報は欧州各国に散布され、各国の対立を助長し連帯を崩壊させるするものだと、同大臣は懸念を示している。
今年の3月報道機関ロイター通信は、「ロシアが大規模な偽情報キャンペーンを行っている。」という内部情報を発表している。これにより、EU各国の連帯を崩壊させるのが狙いだという。ロシアはソーシャルメディアを利用し、米国が生物兵器を開発しこの拡大にイランが一役を買っていたり、ビル・ゲイツに今回の世界的コロナウィルス拡大の責任があるといった根拠がはっきりしない情報を流しているという。このような陰謀論を信じる人はオランダにも15%程度いるという統計結果もある。

また5Gネットワークとコロナウィルスの拡大が関連しているという情報を信じ、オランダでも5G送信塔に火をつけるなどの事件が何度か起きているが、これも偽情報によるものだと同大臣。根拠のない情報は危険だとコメントしている。


関連記事

ロシアからのガス供給停止で価格急騰
gasprice.png
月曜日朝、取引所でのガス価格が急騰した。ロシアがパイプライン「ノルド・ストリーム1」のメンテナンスのために予定より長く閉鎖すると金曜日に発表したことで、価格は一気に31%上昇した。280ユーロに近づいている価格は、1年前には30ユーロ未満だった。

このパイプラインはロシアと西欧を結ぶ重要なラインである。ロシアは追加のメンテナンス作業が必要だというが、ドイツはクレムリンが政治的取引のためこれを延期していると反論している。ノルドストリーム1は先週水曜日に3日間の予定でメンテナンスのために閉鎖されていたが、途中で問題が発生したため閉鎖は延長すると、ロシアは発表している。

このニュースは、ドイツなどを含む主要国がロシアからの石油価格に上限を設けると決定した直後にもたらされた。G7で結束した国々は、上限を設けることでロシアがウクライナでの戦争に資金が流入しないよう合意した矢先だった。

ガス価格は先週下落の傾向だった。先々週にメガワット時価格346ユーロだったものが金曜日には214ユーロにまで落ち込んでいた。

2021年の秋からガス価格は上昇を続けている。これは家計に大きな影響をもたらしており、ガスと電気の消費者価格は天井知らずとなっている。このため、低所得者だけでなく中所得者も光熱費の支払いに問題を抱えるようになった。中央計画局はこのまま光熱費が上昇し続ければ35万人が貧困ラインを下回ることになると懸念している。

ロシアからのガスの供給が止まってもオランダは大丈夫!
gas.jpeg
欧州はEUによる制裁とウクライナへの支援に対する報復として、ロシアが天然ガス供給を完全に遮断する事態を懸念している。しかしオランダのガスユニー輸送サービス社(GTS)の調査によれば、それでもオランダはガス危機に陥らないはずだという。ガス輸送を行う同社は、ロシアからの供給が止まって、しかもフローニンゲンでのガス採掘が再開されなくても、産業界にガスの供給がなくなる心配はないと、FD紙に語った。さらに、ガス不足が深刻なドイツがオランダに頼ってきたとしても、援助できると述べている。

GTS社は、ロッテルダムとエイムスハーフェン(フローニンゲン)に新たにガスターミナルを設置。これによりこれまでの2倍の液化ガスを輸入し貯蔵できるという。また政府の助成によりガス貯蔵庫は現在80%満たされている。

オランダではガス代の値上がりで需要が20%減っている。今回の予想は今年の冬の気温が平年並みであることを前提に行われたものだが、もし寒冷化が起きれば需要は予想よりも上がる。また、石炭火力発電所がフル回転し、米国などから輸入する液化ガスの貯蔵が使われることを前提にしている。

ドイツはロシアへのガス供給依存がオランダよりもずっと高い。このためロシアがガスの供給を止めると危機に陥る。今週の月曜日、ドイツの経済大臣は最悪の(悪夢)シナリオに対応できるよう準備を始めると発表している。

ロシアの大型豪華ヨット20隻、オランダで没収
super_yacht.jpeg
オランダ税関はロシアに対する経済制裁の一貫で、昨日6隻の大型ヨットを差し押さえた。先週にも14隻の豪華大型ヨットへオランダ国外への航行を禁止している。オーナーはロシア人かベラルーシ人あるいは関連企業である。

20隻のヨットのうち14隻はオランダで建造中のもの。4隻はメンテナンス中そして2隻は船庫にあった。オランダはアマゾンのオーナーであるジェフ・ベゾスが世界最大のスーパーヨットを注文するなど、豪華ヨットの建造を多く手掛けている。ロシアのオルガルヒたちも競ってオランダに注文している。

差し押さえられているヨットの海上公試は引き続き許可されているが、沿岸警備隊と税関の監督下にあるため国外へは出られない。
英国のガーディアン紙は先週末、ロシアの億万長者であるローマン・アブラモヴィッチ氏が所有する豪華ヨットがメンテナンスのためにオランダにあると報じている。
オランダに係留されている船のサイズは大きく異なるが、最小のヨットの長さは8.5メートル、最大のものは120メートル。

オランダに隠されているロシアの資産800億ユーロ!? ほとんど制裁の影響を受けず
yacht.jpeg
オランダにあるロシアの資産は800億ユーロと見積もられている。先日オランダ中央銀行が発表した凍結ロシア資産額は2億ユーロだったが、実際には数百倍の数字である。これはオランダの経済紙フィナンシエール・ダハブラットが調査したもので、このうち450億ユーロは欧州のブラックリストに載っている企業や個人だという。

中央銀行が凍結した資産は銀行口座にある金融資産のみだ。しかしオランダはタックスヘイブン(税回避国)と名付けられるほど、ペーパーカンパニーを使い資産を世界各国の税回避地域に送る中継地点としての役割を果たしてきた。FD紙はロシアの資産は株式という形でオランダに存在していると疑っている。ブラックリストには14人のオリガルヒとSogas銀行、VTB銀行、ロシア銀行、そしてガスプロム銀行が含まれる。

しかしながら、実際の所有者の名前が出てこない複雑な企業組織となっているため、実際に資産の凍結は難儀であるという。オランダ政府のロシアに対する制裁は限定的で、実際にはオランダに資産を持つオリガルヒやロシア企業はあまり影響を受けていないようだ。

ロシアの核懸念で、オランダでのヨウ素剤品切れ
nuclear-power-plant-gb35d29fd2_640.jpeg
ロシアがウクライナの原発を占拠して以来、オランダ国内でも核の被害を懸念する人が増えている。ヨウ素剤は従来原発近くの住民に国が配布してたものだったが、最近では薬局やドラッグストアで購入する人が増大し品切れが起きている。カリウムヨウ素剤の需要が急増しているため、オランダ健康省は月曜日、薬局では一人1箱のみ販売するよう通達した。

しかし、被爆に対しヨウ素剤が実際に効果があるのだろうか? 専門家の意見は別れている。論理的にはシンプルだ。ヨウ素剤を服用すれば、甲状腺が安定したヨウ素で飽和状態になる。その後も放射性ヨウ素を吸入すると、甲状腺はそれを吸収しなくなる。これにより、特に幼児の甲状腺がんのリスクが軽減される。オランダ政府が原子力発電所の近くに住む 120万人以上の人々にヨウ素錠剤を配布した理由である。

しかし、ヨウ素剤だけで被爆の被害を防げるのだろうか? 国立毒物情報センター(NVIC)の放射線専門家であるマリアンヌ・レインダース氏は「核兵器が使用されると、ヨウ素以外にも多くの放射性元素が放出される。これらがガンを発生させる可能性はある。ヨウ素剤だけで防げるわけではない。」とコメントしている。また核爆弾から放射線ヨウ素が直接身体に入るわけではない。「広島や長崎での例を見ればわかるが、ヨウ素粒子の大部分が結合している。砂の粒を思い浮かべればよいが、人はそれを吸入しない。ヨウ素錠剤は吸入されたヨウ素に対してのみ保護する。それが甲状腺に到達するヨウ素だからである。これは、原子力発電所で事故が発生した場合(ヨウ素粒子が結合していない)とは異なる。」

健康省は「ウクライナでの原発で事故があった場合でも、2000キロも離れているオランダでヨウ素剤を購入する必要はない。」とコメントしている。「放射線粒子が風によって運ばれて来たとしても、病気になる可能性はない。」という。「しかし近くに原爆が落ちた場合にはヨウ素剤は役立つかもしれない。」と原子力安全放射線局は健康局に助言している。またアムステルダム・メディカルセンター(AMC)の放射線専門家ルーカス・スタルペルス氏も、「原爆投下の直前か直後にヨウ素剤を服用するのは賢明かもしれない。」とコメントしている。ヨウ素剤はなんといっても安い。北海はヨウ素剤の無尽蔵の宝庫なので、全住民に配布するのは簡単だと、同氏。ただし、ヨウ素剤の服用には副作用があることも覚えておきたい。カリウムは不整脈を引き起こす可能性があり、ヨウ素は肝臓の障害を引き起こす可能性がある。

保健省は、恐怖からヨウ素剤を買い求める人が殺到し、買い占めが起きることを懸念し、「一人1箱」という制限をつけたもの。コロナ禍の初めに、トイレットペーパーの買い占めが起きたが、同じような状況だ。また、ヨウ素剤の服用は健康省の決定後にのみ服用が許されている。

ヨウ素剤に関しては、オランダのSciNethさんが詳しく書かれているので、以下のリンクをご参照ください。

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。