広告

辻井伸行 コンセルトヘボウでのマスター・ピアニスト・シリーズに出演!(12月15日)
ユジャ・ワン、エフゲニー・キーシンら世界的ピアニストが出演することで知られるコンセルトヘボウでのマスター・ピアニスト・シリーズに、日本人ピアニスト・辻井伸行の出演が決定しました。本来、ブラジル人ピアニストの巨匠、ネルソン・フレイレ氏の出演予定でしたがキャンセルとなり、その代役として急遽辻井が指名された形となりました。

今回のリサイタルでは、辻井が得意とするショパンの中でも、技術的にも音楽的にもピアニストとして高い表現能力が問われる、バラード全4曲とスケルツォ全4曲をオランダ・デビューの特別プログラムとして披露します。
高い人気を誇り、今、日本では最もチケットの入手が難しいピアニストとされる辻井のソロ・リサイタルを、コンセルトヘボウの大ホールで聞けるまたとない機会です。辻井伸行、オランダ・デビューの特別な演奏会。皆様お誘いあわせの上、 是非ご来場ください!

日時:2019年12月15日(日)20時15分開演
場所:アムステルダム・コンセルトヘボウ・メインホール
プログラム:オール・ショパン・プログラム
バラード全4曲
スケルツォ全4曲
※チケット詳細は下記URLをご覧ください。


コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん