ニュース

オランダの電力企業「エネコ」、日本企業に買収される
オランダの大手電力会社エネコ(Eneco)が日本企業に買収される。三菱商事と中部電力が新会社を通し41億ユーロ(約5000億円)で買収する。エネコは現在オランダ44市町村が株主となっている。

買収入札には、シェルのペンションファンドであるPGGMとラボバンクと投資会社KKRが参加した。推定価格は30億ユーロであったが、日本企業はこれを大きく上回る金額を提示し、優先交渉権を獲得している。

エネコによれば、日本企業連合は株主である市町村そして従業員にとって最も理想的な買収元だという。買収後も就業規約や人員数は変わらず、本社もロッテルダムにとどまる。エネコのCEOであるルート・ソンダハ氏は買収終了後には退陣するが、監査役として留まるという。

エネコは、オランダ、ベルギー、ドイツの3カ国を中心に、再生可能エネルギーを中核とした発電事業、電力・ガス取引事業、電力・ガス小売事業、地域熱供給事業を展開する。


コロナウィルス、拡散に対しオランダの対策は?

世界一旅行好きな人種オランダ人、行き先は?

アマゾンがオランダにやってくる

オランダの音楽、引き続き有力輸出品に

家庭教師・スカイプレッスン 生徒さん募集(国語・日本語・英語)

グリーンディールでもオランダのエネルギー費は変わらず

オランダ、飲食業が10年で60%の伸び

アムステルダム、観光客を減らす努力にもかかわらず客室数大幅増加

「オランダの文豪が見た日本」を翻訳した國森由美子さんにインタビュー

翻訳者として活躍する國森由美子さん