ニュース

オランダの電力企業「エネコ」、日本企業に買収される
オランダの大手電力会社エネコ(Eneco)が日本企業に買収される。三菱商事と中部電力が新会社を通し41億ユーロ(約5000億円)で買収する。エネコは現在オランダ44市町村が株主となっている。

買収入札には、シェルのペンションファンドであるPGGMとラボバンクと投資会社KKRが参加した。推定価格は30億ユーロであったが、日本企業はこれを大きく上回る金額を提示し、優先交渉権を獲得している。

エネコによれば、日本企業連合は株主である市町村そして従業員にとって最も理想的な買収元だという。買収後も就業規約や人員数は変わらず、本社もロッテルダムにとどまる。エネコのCEOであるルート・ソンダハ氏は買収終了後には退陣するが、監査役として留まるという。

エネコは、オランダ、ベルギー、ドイツの3カ国を中心に、再生可能エネルギーを中核とした発電事業、電力・ガス取引事業、電力・ガス小売事業、地域熱供給事業を展開する。


関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。