オランダで起業

ポートフォリオ・ニュースではオランダで起業したかたがたを定期的にインタビューしてご紹介しています。自薦他薦を問わずご興味のあるかたは、info@portfolio.nlまでご連絡ください。

「ラーメンに恩返し」ラーメン店の夢をオランダでかなえた齋藤さん

Image

2年ほど前からロッテルダムの隣町スキーダムで横浜家系ラーメン店を開いている齋藤俊海さんにお話を伺いました。インタビュー前に豚骨ラーメンをいただいたのですが、モチモチでありながらしっかりした麺と深みのあるスープに感動を覚えました。お店は世界で最も高い風車やユネスコの無形文化遺産に指定された風車が並ぶ運河沿いにあり、ちょっとした観光気分を味わえます。P:ポートフォリオ、S:齋藤さん

P: いつからオランダですか?オランダに来た経緯を教えてください。

S: 2016年の10月にベルギーに入国しました。それからロッテルダムやアムステルダムなどを見て回り、結局11月にこのスキーダムに落ち着きました。なぜスキーダムかとはよく聞かれるのですが、ロッテルダムの近くで肉や野菜が手に入りやすいところを探したところ、この近くのスパーンセポルダーに大きな卸市場があるのを発見、そこで店はスキーダムと決めたのです。僕は横浜育ちなので将来は、ハンブルグやジェノバ、そしてロッテルダムといった港町のそばに店を構えたいというぼんやりとした夢がありました。なのでオランダに移住するならロッテルダムだと決めていたのです。オランダを移住先に決めたのは、日蘭通商条約による日本人が就業ビザ不要で働けるという記事を読んだのがきっかけです。2016年にはオランダ移住はちょっとしたブームになっていて、「ライフ・ハッカー」や「クーリエ・ジャポン」などでずいぶんと取り上げられていましたよね。それなら、移住は今だと思って実行に移したんです。

P:日本でもラーメン屋さんをやってらしたんですか?

S:いえいえ、普通のサラリーマンでした。でもラーメンは大好きで大学のころからうどん屋、ラーメン屋、焼きそばの屋台(てきや)と麺類店でのアルバイトをこなしていましたので、その道に入る土壌はできていたと思います。てきやは違法だったため続かなかったんですけど(笑)。 元から麺好きの家に育ったというのもこの道を歩む背景にあったのかと思います。家での食事も麺類が多く、両親の初デートは六本木のラーメン屋だって聞いてます。

P: 海外でラーメン屋を出すと決めたのは?

S: もともと海外で働きたかったのだと思います。大学を卒業してから建材を扱う商社で働いていたのですが、退職して1999年から2001年まで1年半ほどカナダでワーキングホリデーを体験しました。農場で働いたり飲食店に勤めたりといろいろやりました。でも結局ビザが下りなかったのでそのままカナダには残ることができず、欧州に渡りました。フランクフルトに着いてすぐに安い車を買って欧州をめぐりました。ゆくゆくはヨーロッパでなにかを始めたいという思いがあったので、下見という意味もありました。そのときもパリやデュッセルドルフでラーメンを食べ、旅路でラーメンにありつけたという救われた気持ちがあると同時に、将来は自分もという夢が生まれたのかもしれません。
その後日本に戻り、老舗の製麺所に入社しました。製麺所を選んだのは、ラーメンの本質を知りたい、そしてそのためには業界を俯瞰しなければという思いがあったからです。それから製麺所をやめ1年半ほどラーメン専門店2店舗で修行させてもらいました。こうして海外でのラーメン屋開業の夢を温めてきました。

P: それから2016年にその夢を実行に移したのですね。スキーダムの中心地はそれこそ17世紀に戻った気分にさせる運河や橋や歴史的建造物が並ぶ美しい街並みですが、齋藤さんが選ばれたのはその外側の移民が多く住む地域ですよね。イスラム教徒が多い場所で豚骨ラーメンを始めるというのもかなりの決断だったのでは?

S: それはあまり気にしませんでした。というより逆にご近所の人たちには本当に親切にしてもらっています。店を手に入れてひとりで改造を始めたときも、向かいでピザ屋を営むシリア系オランダ人のハリルさんに救われたといっても過言ではありません。厨房の改造でガスの口が合わずガスが使えないという死活問題のトラブルが発生したとき、ハリルさんが救いの手を差し伸べてくれたのです。「近所だから」という理由だけで朝方まで内装を手伝ってくれ、改造は一気に進みました。うちの店はハリルが作ったと公言していて、いまでも彼のことを「先生」と呼んでいます。
たしかにここは60%が移民という地域で、イスラム教徒は豚肉はご法度ですが、ハラル(イスラム教徒用に屠殺した肉)の鶏肉を使ったラーメンも出してます。1年と少し店をやっていて、一度も嫌な目にあったことはありません。逆にご近所さんがとてもよくしてくれるのには本当に感謝しています。ポーランドやトルコ系の店が多いご近所の商店のひとたちも「和食系の店ができると町がヘルシーになる」と、非常に好意的なのも助かっています。いずれは町の広告塔になりたいと思っています。

P:行列ができる斎藤さんのラーメンの秘密は? 

S:  今はおかげさまでたくさんのかたにいらっしゃっていただいていますが、最初は1日4人などと閑古鳥が鳴く日が続きました。ところがある日近所の常連の人が店紹介の動画を作ってくれてアップしたところ、これがまたたく間に拡散し、おかげさまで今のように毎日賑わっております。これも、先のハリルさんと同じく、ある意味奇跡の出会いといってもいいかもしれません。ラーメンの秘訣ですか? やはり麺とスープだと思っています。麺はロッテルダム産の粉と店の隣の風車で挽いた粉そしてオーガニックの全粒粉をブレンドした粉で作っています。これにかん水と塩を加えただけでその他全く添加物がないのが自慢です。ブレンドは本当に毎日試行錯誤の連続でした。これとスープが最も相性のいい着地点を探求し、そしてできあがったのが僕の横浜ラーメンなんです。あ、ちょっと付け加えてもいいですか?僕が粉を調達している風車は去年11月にユネスコの世界無形文化遺産に指定されているのです。ナポリのピザと同様、昔ながらの製粉方法を今に伝える事からユネスコ世界無形文化遺産になりました。これも少しだけ自慢です。(笑)

P: 今いちばんやりたいことと今後の目標は?

S:睡眠のほかにですか?(笑) やっぱり家族がほしいですね。仕事では定期的に麺のワークショップを開催しているのですが、そこにいろいろな国からの参加者がいます。彼らが国に帰ってから、自分のラーメンショップを開いてくれればいいなあと。そう、おらが町のラーメンというのでしょうか、ノルウェーのラーメンやらスコットランドのラーメンといった彼らなりのラーメン屋を開く一助になれればうれしいです。僕はここまでラーメンに育てられたと自認しているのですが、こうやって人を育てるのもラーメンへの恩返しだと思っています。

関連記事

起業家インタビュー、「女性3人で立ち上げたハーグのお惣菜屋さん」
今回の起業家インタビューは、日本から移住してきたばかりの女性3人が共同で立ち上げたお惣菜屋さんです。3人は全く別時期に別の理由でオランダにやってきました。移住の理由はというと、2人は子供の教育、もうひとりは海外でのビジネス挑戦とそれぞれ違ったのですが、なぜか3人でお惣菜屋さんを開くに至ったのです。どのようなきっかけで、そしてどのような方法で開店にこぎつけたのか、ぜひ読んでみてください。オランダへ教育移住する人が増えているという話も聞いたことがありましたが、今回のインタビューで実際に実行しているかたにお話を聞くこともできました。

【起業家にインタビュー】オランダで醤油づくり
今回の「起業家にインタビュー」は、ロッテルダムで醤油を作るオランダ人トーマスさん。トーマスさんはロッテルダムの南の産業地区にある工場で、手作りの醤油を作っています。選りすぐりの大豆の生産から始め、樽仕込みの醤油ができるまでになんと4年の月日をかけているとのこと。7代続く老舗のパン屋に生まれたトーマスさんが、なぜ、いかにして醤油づくりを始めたのかを聞きました。ここで作られた醤油は今、ロッテルダムのレストランYAMAや、アムステルダムのTaikoそしてRIJKSで使われています。オンラインで購入も可能。

オランダで起業インタビュー「出産ドゥーラの朝倉麻耶さん」
出産ドゥーラというお仕事をなさっている朝倉麻耶さんにインタビューしました。出産ドゥーラとはいったいどんなことをする仕事なのでしょうか?朝倉さんはなぜこの仕事を天職だと思ったのでしょうか。
大学院を卒業して、いったい自分は何をしたいのかわからず、なんとなく日々を過ごしていた朝倉さんが、どのようにしてこの天職を見つけたのかをお聞きしました。

起業家インタビュー、テレビ局を辞めてオランダに移住してきた鈴木さん
今回の起業家インタビューは、18年勤めた日本のテレビ局記者という仕事を辞めてオランダに移住してこられた鈴木さんです。東日本大震災がオランダへの移住のひとつのきっかけになったそうです。「当時、私は構造的にそうした既得権益の中にいましたが、早くそこから抜け出したいと感じていました。仕事の面では、テレビのニュースで情報を伝えていましたが、構造的な問題をそのままにして記者を名乗ることに良心の呵責を覚えたり、テレビでなにかしらの問題を提起してみても、その当事者でなければ多くの人が無関心である社会への無力感があったりして閉塞感にさいなまれていました。」 

現在、鈴木さんは日本茶の輸入卸やワークショップ、日本語教師、補習校教諭などをやっていらっしゃいます。

フリーランスの美容師としてオランダで起業した小野寧子さん
今回の「オランダで起業」コラムでは、フリーランス(個人自営業)の美容師としてオランダで起業した小野寧子さんをインタビューしました。美容師は腕一本で世界中どこでも仕事ができるという強みはありますが、ある程度顧客がつかないと生活は不安定です。小野さんは、「明日がどうなるかわからない」という状態を乗り越えて、ロッテルダム在住のアジア人、ヨーロッパの人、そしてオランダ人にもリピータの多い人気美容師さんになりました。

オランダ固定・携帯電話3時間障害発生、緊急連絡番号も通じず混乱

オランダ、熱波による身体不調に注意

オランダ政府、自営業者の最低賃金を設定

アムステルダム領事出張サービス

マレーシア機MH17撃墜でロシア人ら4人を殺人容疑で訴追

フリースランドの精肉店、ギルダーで支払い可で大繁盛

アイントホーフェン工科大学、新規学術スタッフ女性のみを募集

オランダ食料品価格高騰、肉や魚は5%も

フランスの3星レストランでソムリエ、その後オランダの1星オーナーに

オランダの育児休暇、父親は希望だが会社に言えず