ポートフォリオオランダニュース


オランダ、ドレンテ州の人里離れた農家で家族を監禁していた父親逮捕
オランダ東北部ドレンテ州ラウナーヴォルト(Ruinerwold)の人里離れた農家で10年以上にわたり家族を地下室に監禁していたとし、15日に58才のオーストリア国籍の男が逮捕されたが、17日には2人目の容疑者として家族の父親(67)が逮捕された。父親は監禁と暴行そして資金洗浄の容疑で逮捕されたもの。

父親と6人の子供(18才から25才)のこの家族は何年間にもわたり外界との接触がなかった。警察によれば、子どもたちは9年近くこの農家に監禁されていた模様。家族はこの農家を借りて小さな畑を作り自給自足の生活をしていたものと見られる。事件が発覚したのは、25才の長男が逃亡し、村のカフェで助けを求めたことがきっかけだ。それまで村の人は、このオーストリア人には面識があったが、子どもたちが監禁されていたことは知らなかった。母親は2010年にライナーヴォルトに引っ越して来る前に死亡していたと見られる。長男は、フェイスブックなどのソーシャルメディアにアカウントを持っているが、ここ数週間投稿が続いていた。その中で長男は、このオーストリア人の男のために働いていたと書いている。

警察は監禁が特殊な信念あるいはカルト宗教のもとに行われていたのかについて調査している。ドレンテRTL放送局によれば、父親は文鮮明の統一教会という新宗教に属していたという。統一教会は洗脳や集団結婚で知られている。ラウナーヴォルトはスーパーマーケットがひとつだけある人口4000人の小さな村である。農家からは大量の現金が見つかっているため、警察は資金洗浄の容疑に関しても調査している。


政府の気候変動対策に対する農家デモ、トラクターで高速道路を通行で大渋滞
水曜日朝、農家がトラクターでオランダ全土の高速道路を通行するというデモを行っている。とくにユトレヒト付近ではかなりの交通マヒが起きている。オランダ交通局は農家に対し道路を封鎖しないように呼びかけているが、混乱は防げず朝7時45分には全土で450kmの渋滞が起きている。とくに渋滞がひどいのが、高速道路A1, A2, そしてA27で、交通局は一般車に対し高速道路を避けるよう呼びかけている。さらに集合場所であるハーグに向かうA12も渋滞が予想されている。

農家はオランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の調査結果と政府の政策に反対しこのデモを繰り広げている。最初のデモ地点はユトレヒト近郊にあるこのRIVMである。RIVMは、窒素による環境破壊の原因の40%が農家によるものだと結論づけ、政府は自然保護地域から農家の撤去を政策に上げている。農家によれば、RIVMの調査結果が適切な調査方法を取られていず、数値が不正確だという。気候変動の原因を農家だけが負うのは不当であるというのが彼らの主張である。当初デモはハーグの国会議事堂から開始する予定だったが、許可が下りずにRIVMが集合場所として選ばれた。

農家防御軍(Farmers Defence Force)と名付けられたデモには、2000人から3000人の農家がハーグに結集すると見られている。トラクターでやってくるのはその一部で、他のデモ隊はバスや公共交通機関で集まるという。このデモは10月2日も行われている。

11月にオランダ全土の病院でスト
より良い労働条件を求め、オランダ全土の病院で働く従業員が11月20日にストを決行する。ただし救急医療に関しては例外である。労組は給与の5%引き上げと特別手当のほか、看護・介護を行う従業員の負担軽減を求めている。とくに介護分野では重労働のために離職率が高いため、魅力ある職場にするための工夫や手当が必要だとしている。

病院労組に加盟している人は全国83の病院と30のリハビリ施設で働く20万人。大学病院に関してはこの労働協定は適用されない。労組とオランダ病院連盟(NVZ)との間の交渉はすでに長い間続けられているが、最終の交渉結果では2020年と2021年の給与の4%引き上げが決定している。労組はこれに同意していない。NVZ側は、同意がなければ従業員の医療保険費負担をカットするとしており、こうなると従業員の医療費負担が年間で数百ユーロ上がることになる。

高齢者や慢性病患者の増加により、病院の費用はうなぎのぼりである。コストの半分以上が人件費が占める状態で、病院運営も財政的に難しくなっている。NVZのメルカート会長は8月に政府に対し、従業員の給与引き上げのため2億ユーロの予算追加を要請した。しかし医療担当のブラウン大臣はこの予算はないと拒否している。

アムステルダムの花市場で売られるチューリップの球根、ほとんどが粗悪品
チューリップの球根はオランダを訪れる観光客に人気である。アムステルダムの中心部にある花市場ではほとんどの店でチューリップの球根が売られている。しかしアムステルダム市と花球根連盟(KAVB)が調査した結果によれば、実際に植えても芽が出なかったり、表示されているものと違う花が咲いたりするという。調査団は異なる店で売られる1364個のチューリップの球根を調べたが、そのうち花が咲いたのは14個のみ。全体の1%に過ぎなかった。さらに花が咲いた球根のすべてがパッケージに表示されている花と違っていた。パッケージには青いチューリップの写真が載っていても実際に青いチューリップは出てこないのである。

アムステルダム市は消費者に対する詐欺行為だとし、花市場とアムステルダム市のイメージ下落を懸念している。
さらに調査はアムステルダムの花市場だけでなく、キューケンホフ近辺のリッセにある道路N208沿いにある「球根通り」でも行われた。ここでも同様な結果が出ており、「おそらく過去20年間、同様な不正行為が行われていた模様」だと調査団は発表している。これまでに数百万人に及ぶ旅行者やオランダ人消費者が被害にあっていたことになる。アムステルダム市とリッセ市そしてKAVBは、消費者と市場管理局(ACM)に調査結果を報告し、消費者の保護に務めるよう促している。

かつてアムステルダムの花市場は生花があふれる本物の「花市場」だった。ところが近年旅行者の増加にともない、土産物用の球根などを売る店がほとんどになってしまった。

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?
2007年に発見された太陽系外惑星HAT-P-6と恒星HAT-P-6に、オランダは公の投票により名称をつけることになる。ナインチェ(ミッフィーのオランダ名)、夜警(レンブラントの絵画)、ブランダリス(灯台)などいくつかの候補から選べる。最終...


世界経済フォーラムの統計でオランダの競争力世界4位、欧州トップに
オランダの経済競争力は欧州でトップ、世界で4位。世界経済フォーラム(WEF)が8日発表したランキングでは、ドイツとスイスを抑え欧州でトップに登った。世界ではシンガポール、米国、そして香港がオランダの上位にある。このランキングによれば、オラン...


アムステルダムで環境活動家がデモ、道路を封鎖
気候変動活動家グループである「絶滅への反逆(Extinction Rebellion)」は、月曜日朝アムステルダムの国立美術館付近の道路スタットハウダースカーデを封鎖した。活動家たちはこの道路上に50個あまりのテントを張り、道の両側で歌い踊...


オランダ、強い鎮痛剤の処方規制に。米国のオピオイド危機を受け。
強力な鎮痛剤の処方に関する規制が強化される。最近、不必要に強い鎮痛剤(オピオイド)が処方されることが増えており、これにより患者が中毒症状に陥る可能性があると、以前から健康省のブラウンス大臣は懸念を示していた。大臣は、医師、薬剤師そして他の専...


栗原香織 (陶芸家) <イマジネーチャー>展覧会のお知らせ
2010年フランスに渡りその後パリを拠点に活躍する陶芸作家。高校の陶芸部での陶芸との出会いからはじまり大学での陶芸コース卒業後パリに。2015年フランス工芸協会による若手作家賞を受賞。その後もフランスをはじめ世界各国で作品を発表し、多くのア...


スーパーのJUMBO、135種の精肉と加工肉、リステリア菌感染の疑いで店頭から排除
スーパーマーケットのユンボ(Jumbo)は、精肉製品の大半を店頭から排除した。同スーパーが仕入れている精肉業者3社のうちの1社であるアールスメールのオファーマン社が、自社製品がリステリア菌に感染している可能性が高いと発表。これを受けユンボは...


来年末からアムステルダムからウィーンへの夜行列車再開に
来年末(2020年)からオランダとオーストリアを結ぶ夜行列車が再開する、とオランダ鉄道NSが発表した。NSとオーストリアの鉄道会社ÖBBが共同運行する。オランダ政府はこのプロジェクトに670万ユーロを投入。2020年12月から毎日、夜行列車...


大手食品・洗剤の「ユニリーバ」2025年までにプラスチック容器大幅削減に
石鹸や洗剤、化粧品そして紅茶からアイスクリームなどの食品を製造販売する大手消費財メーカーのユニリーバ社は、リサイクル不能なプラスチックを2025年までに半減させると月曜日発表した。CEOであるアラン・ジョープ氏は、バージンプラスチックと呼ば...


海洋プラゴミを回収する「オーシャン・クリーンアップ」新機材で成功
オランダ人の青年ボイヤン・スラット(25)が始めた海のプラスチックを回収するプロジェクト「オーシャン・クリーンアップ」が、新しいテスト機材でゴミを回収するに成功したと2日発表した。今回スラット氏は新しいプラスチック回収機を開発、昨年10月か...




イベント

17世紀のオランダとスペインの巨匠展 (10月11日から1月19日)


ダッチデザインウィーク(10月19日から27日)


北ブラバント美術館でゴッホ展


カメラジャパン 日本映画フェスティバル


スポット

春から夏にかけてのオランダ、アンティーク・マーケット


オランダのチューリップ畑トップ4


アントワープにチョコレート天国開園!


オランダの動物園でパンダ見学


オランダ、100キロに渡る世界で最も美しいチューリップルート


アルクマールのチーズマーケット(3月31日ー9月29日)


長く暗い冬には、ちょっと優雅にアムステルダムのアフタヌーン・ティー


アムステルフェーンにもスケート場やクリスマス・マーケット (11月24日-12月26日)


オランダは食べられる雑草/薬草の宝庫


もう行きましたか?アムスの新名所「アムステルダム・タワー」


大使館情報

ABN AMRO銀行を騙る電話やメールでの詐欺にご注意ください!
今般,オランダ中央銀行がABN AMRO銀行に対し,金融犯罪取締りのための顧客情報の検査を命じたとの発表がありました。
今後,本発表に乗じて,ABN AMRO銀行を騙る電話やメールによる詐欺が行われる可能性があります。ABN AMRO銀行自身も,メディアを通じて詐欺に遭わないようにとの注意喚起を行っています。

詐欺に遭わないために,以下のような対策をとってください。
・ABN AMRO銀行の職員を名乗る者から心あたりのない電話がかかってきた場合には,相手の氏名,電話番号を聞いた上で一度電話を切り,公開されているABN AMROの電話番号にかけ直す。
・インターネットバンキングにログインする際は,正規のサイトやアプリから直接ログインする(メールなどにあるリンクをたどってログインしない)。

また,電話で以下のようなことを要求された場合には,詐欺である可能性が極めて高いため,直ちに電話を切って下さい。
・PINコードの開示
・送金
・パスポートの写しやキャッシュカードの送付

在オランダ日本国大使館
電話番号: +31-(0)70-3469544
Eメールアドレス: consul@hg.mofa.go.jp
ホームページ: https://www.nl.emb-japan.go.jp/indexj.html