ニュース

ミッフィーの生みの親ディック・ブルーナさん活動中止
世界中で親しまれてきたミッフィー(オランダ語でナインチェ)を産んだディック・ブルーナ氏(86歳)は、今年でもう活動を中止するとメディアに発表した。今後新しいキャラクターは出ない。

ナインチェ・プライス(ミッフィーのオランダ名)はディック・ブルーナ氏のスタジオのあるユトレヒト市のマスコットで、この市にはミッフィーの銅像が置かれた広場や博物館「ディック・ブルーナハウス」もある。ミッフィーの絵本は全世界40ヶ国語に翻訳されている。ディック・ブルーナ氏が1955年の夏にオランダの北西部の海岸でうさぎを見た時に描いたミッフィーだが、当時はこのうさぎがこれほど有名になるとは夢にも思わなかったであろう。

ブルーナ氏は出版社A.W.ブルーナ社のオーナーの息子として1927年に生まれた。祖父も出版会社を経営、叔父のヘンク・ブルーナ氏はオランダの文房具屋チェーンのブルーナの設立者である。ディック・ブルーナ氏はロンドンやパリで過ごしたあとアーティストになる夢をいだきアムステルダムの美術学校に入るがすぐにやめてしまう。そして父親の経営する出版社でイラストレータとして働き、1970年まではポスターや本のカバーなどをデザインしていた。海岸で見たうさぎを描いたのが1955年だったが、これがミッフィー本が爆発的にヒットする原点となったのである。

太いラインと原色使いは、オランダのモンドリアンやファンデル・レックそしてリートフェルトなどが属していたデ・スタイル派の影響があったと捉えられることが多いが、ブルーナ氏自身によればフランスのアンリ・マティスに大きなインスピレーションを得たという。

ナインチェ(ミッフィー)はその後絵本だけでなく、数々のキャラクターグッズ、ミュージカル、映画そしてアニメにもなった。ミッフィーの版権を管理するメルシス社によれば、ミッフィーの最大の市場はハロー・キティーを産んだ日本。日本や韓国からのやってくるミッフィーファンはユトレヒトにあるブルーナ氏のアトリエの前で歓喜余って涙していることもあるらしい。ディック・ブルーナ氏はオランダの著作家の中で最もお金持ちで総資産4200万ユーロ(約50億円)と見積もられている。



関連記事

ミッフィー65歳に!でも引退はしません。
miffie.png
日本ではミッフィーという愛称で呼ばれる有名なウサギ(オランダではナインチェ、Nijntje)が今日65歳の誕生日を迎えた。
ユトレヒトの絵本作家ディック・ブルーナ氏が、初めてミッフィーの絵本2冊(ナインチェ、ナインチェ動物園に行く)を発刊したのが1955年の今日である。65年前のミッフィーは今見るミッフィーとはだいぶ違うが、この65年の間に少しずつ変わり現在のミッフィーとなった。

最初のころのミッフィーは少しとんがった顔をしていたが、1960年代70年代ごろから頬が膨らみ丸い顔になってきた。また身体も幼児の体型に近づいた。しかし、優しくていい子という性格は変わらないままだ。例外はキャラメルを店から万引きするという話。この話にちょっと驚いた人もいるようだが、この本も「子供はいつでもいい子であるわけじゃない。」という面を見せていると評価されているという。

原作者のディック・ブルーナ氏は2017年に逝去したがミッフィーは永遠である。

オランダがつける系外惑星の名称、ミッフィー、夜警、星降る夜?
2007年に発見された太陽系外惑星HAT-P-6と恒星HAT-P-6に、オランダは公の投票により名称をつけることになる。ナインチェ(ミッフィーのオランダ名)、夜警(レンブラントの絵画)、ブランダリス(灯台)などいくつかの候補から選べる。最終決定は今年の12月。

恒星HAT-P-6の周囲を公転する太陽系外惑星HAT-P-6bの発見が、2007年10月15日に発表された。この惑星の質量は木星の1.32倍、半径は木星の1.48倍と推定され、そこから計算される密度は0.54 g/cm3である。密度が小さいのは、軌道長半径が0.05AUと親星に近く、親星からの熱を受けて大気が膨張し、ホットジュピターになっているからである。軌道周期は3.853日で、軌道傾斜角85.51°の軌道で公転する。HAT-P-6は、アンドロメダ座の方角に約905光年の距離にある恒星である。F型主系列星で、太陽よりも熱く重い。明るさは10.5等級で、見るには望遠鏡が必要となる。絶対等級は3.36であり、太陽の4.83よりも明るい。(Wikipediaより)

さて、なぜオランダがこのHAT-P-6に命名できるのか? 世界中の全ての国に1つの系外惑星系を命名する機会を提供する「IAU100 Name ExoWorldsプロジェクト」というのがある。2019年、オランダがHAT-P-6 を命名する国として割り当てられることになったのだ。このプロジェクトは、「国際天文学連合100周年事業」の一環として計画されたイベントの1つ。オランダ国内での選考、国際天文学連合 (IAU) への提案を経て、2019年12月に最終結果が発表される予定である。

今回の候補に上がっている名称の中には、恒星がプラウス母さん(ミッフィーの母)と惑星のナインチェ(ミッフィー)の組み合わせ。あるいは、惑星がレンブラントの「夜警」で恒星がゴッホの「星降る夜」。このほかにもオランダを代表する灯台や女神の名前などいくつか上がっている。

11月にオランダは最も投票が多かった名称の組み合わせを国際天文学連合に伝える。オランダ天文学研究所は、これが認められない場合のために2つの別の名称を用意している。そして12月に最終的に名称が決定するという。もしオランダの名称が決まることになると、この惑星と星は、オランダ語そのままで使われることになる。夜警(nachtwacht)やミッフィー(nijntje)など発音が難しいものばかりになるかもしれない。

ミッフィーの作者ディック・ブルーナさん逝去
日本ではミッフィー(うさこちゃん)の名称で知られる絵本の原作者であるディック・ブルーナさんが17日89歳で亡くなった。死因は明らかにされていないが、睡眠中に安らかに亡くなったとオランダの出版社は発表している。

ユトレヒト生まれのブルーナ氏はイラストレータであるとともに絵本の作家でもあった。124冊の絵本を発表したほか、多くのポスターや本の表紙のイラストも手がけている。1960年代から世界中にウサギのミッフィー(オランダではナインチェ)は知られるようになったが、特に日本では大人気のキャラクターとなった。シンプルなイラストが日本のミニマリスティックな感覚にぴったり当てはまったのではないかと、オランダのメディアは分析している。ミッフィー本は50以上の言語に翻訳されており、世界で8500万部販売されている。

ブルーナ氏は1927年8月23日ユトレヒト市で生まれた。1955年に最初のミッフィー絵本を出版し、その後60年以上もの間、ミッフィーや絵本に登場する他のキャラクターは世界中で愛されてきた。ブルーナ氏は絵本の他にもユニセフ、世界エイズデー、赤十字などの慈善団体のためのポスターなども手がけてきた。

マーク・ルッテ首相は記者会見でディック・ブルーナ氏を称し「偉大な人、偉大なアーティスト」だったと褒め称えたほか、ユトレヒト市のヤン・ファン・ザンテン市長も「素晴らしい(オランダ文化の)大使を失った。」と追悼の意を表した。

ミッフィー・ミュージアム、2月6日からオープン
ユトレヒトのセントラル美術館の中にミッフィー・ミュージアムが再オープンします。2015年7月に閉館したディック・ブルーナハウスを引き継ぐもので、数ヶ月にわたり改造が行われていました。新しくオープンするミッフィー・ミュージアムは現実社会のミニチュア・ワールドが展開され、10の部屋がそれぞれのテーマで作られています。ブルーナの絵本を元にしたミッフィーの住んでいる家や家族、お医者さん、動物園など、子どもたちがミニチュアの世界を楽しむことができます。週末には工作やお絵かきなどのワークショップもあり、子どもたちが遊びながら創造力が伸ばせることができれば、と美術館。ショップやカフェも併設されています。またカフェで食事をしなくても、ピクニック・ラウンジがあり、持参のお弁当や飲み物を飲食することも可能です。

場所:Miffy Museum, Agnietenstraat 23512 XB Utrecht (ユトレヒト中央駅から徒歩20分、バス2番は美術館前に停留所があります。)

時間:2月6日から毎週火曜日から日曜日まで。10.00-17.00
チケット:2歳まで無料。2歳から12歳まで7.5ユーロ、13歳から2.5ユーロ。家族券(大人2人子供3人まで)17.5ユーロ

画像提供:Nijntjemuseum、Mercis

テロと難民とギリシャ危機、そしてゴッホとミッフィーの2015年
パリのシャルリ・エブド誌の銃撃事件(1月7日)から始まり、2015年にはイスラム過激派ISによるテロ事件が世界各地で起きた。3月18日にはチュニジアのリゾートでの銃撃事件、8月にはアムステルダムからパリに向かう高速列車タリス内でのテロ未遂、10月10日にはトルコのアンカラで102名が亡くなるテロ事件が起きている。そして11月13日にはパリで同時多発テロ事件で130名が死亡するというショッキングな事件が起き、ブラッセルではテロ警戒で公共交通機関が止まり学校が閉鎖されるなど、欧州各地に影響が及んだ。オランダではテロの脅威度は前年と変わらず「かなり深刻」としているものの、人が集まるイベント会場など一部で荷物チェックはあるが、表面上では大きな変化はないように見える。しかし「オランダ国内でテロが起きる可能性は十分ある」と12月23日に警視総監がインタビューで警備体制の強化を強調している。

ISは中東で勢力を増し、イラクやシリアの住民を脅かしている。シリアではISによる住民殺害だけでなく、アサド大統領による反対派弾圧で、多くの国民が近隣国に避難し、欧州への苦難の道のりを選んだ人も多い。欧州への難民の数は膨れ上がり、これまでの国ごとの対応ではすまされなくなった。10月に欧州は、イタリアとギリシアに上陸した難民を欧州各国に分散させることに同意した。オランダでも今年はこれまでに4万6000人が難民申請している。国民は一般的に難民に対し同情的であり、ボランティアを申し出る人の数も驚くほど多い。しかし、一方で反移民反イスラムを標榜するPVV党の支持者などが、難民センターの開設に反対するデモを行ったり、暴動事件を起こしているのも事実である。

テロと難民関連ニュースの影で破綻の危機にあったギリシャ問題はあまり語られなかったが、ユーロ圏財務相は8月19日、総額860億ユーロ(約11兆8000億円)規模の第3次ギリシャ支援プログラムを正式承認した。ギリシャの債務支払いや経済再建に道が開かれた。
オランダは、積極的な予算削減で、欧州連合(EU)の加盟国の原則である毎年の財政赤字を対名目GDP比3%以内という目標を達成した。医療費などの福祉予算の削減は国民の反発を招いたが、来年度の税制改革で多くの国民が恩恵を受けることで不満を抑えることに成功したように見える。経済は不況から脱した様相で、消費者の購買力も上向きである。
小売業の業界図も大きく塗り替えられつつある。中堅デパートチェーンであるV&Dを始め、靴チェーンであるマッキントッシュ、そしてドラッグストアのチェーンDAの経営困難による倒産が危ぶまれている。高級品を扱う店と廉価のチェーン店が躍進を続ける中、中間価格製品を売る店が苦闘している。

国土の4分の1が海面下であり気候変動の影響を直に受けるオランダにとって、環境問題は重要である。12月12日、国連気候変動枠組み条約(COP21、パリ協定)の締結で、世界の気温上昇を2度未満に抑えるための取り組みに合意が行われ世界196カ国の国・地域がすべて、温室効果ガス削減を約束した。オランダでは企業や家庭で省エネルギー対策が進められることになる。欧州では5年以内に現在280基ある石炭火力発電所の大半を廃止する予定だが、オランダも例外ではない。すでに廃炉が決まった発電所もある。

スポーツではサッカーの欧州カップでオランダ代表は、予選でさほど強国とはいえない相手に屈辱的な敗北を重ね、32年ぶりに本大会に出場できなかった。一方、8月に北京で行われた世界陸上ではオランダのスキッパー(シッパー)が女子200メートルを21秒63で走りぬけ初優勝した。また世界最年少のF1レーサー、フェルスタッペン(17)はグランプリで4位を獲得するなど、世界の注目を浴びている。

2015年はゴッホ没後125年、そしてミッフィー誕生60周年で、各地でいろいろなイベントが開催された。ゴッホとミッフィーのイベントは日本でも今年そして来年開催予定である。
ラジオ局Radio2では聴者が選ぶポップミュージックのトップ2000が年末に発表されるが、今年のトップはジョン・レノンの「イマジン」。パリでの同時多発テロ事件のあとに流されたこの曲が多くの人々の心に残っているようだ。