ニュース

オランダ諜報機関、180万の通話盗聴
2012年末から13年初めにかけての180万件の通話盗聴事件は、これまで米国諜報機関NSAの仕業であるとされていた。ところが実際にはオランダの諜報機関NSOが行っていたと、プラステルク国務大臣が国会で証言した。同大臣は昨年この事件がドイツのシュピーゲル誌にスクープされた際に、盗聴は米国が行っていたものでオランダの機関ではないと発表していたが、昨日この発言が撤回された。「(オランダ諜報機関による)通話そしてSMSデータ収集はテロ対策と海外における軍の活動のためであり、米国と共有した。」という。
今回の発言は国会で大きな波紋を広げており、この盗聴の本当の目的などが追求されている。



関連記事

ポートフォリオ・オランダニュースは2004年から17年間、読者のみなさまに無料で記事を提供させていただいてきました。 広告主様による財政援助や読者のかたによる寄稿などで、これまでの間無事にニュースを発行することができたこと、心からお礼申し上げます。 今後も正確で迅速そして皆様のお役にたてるニュースを配信続けるため、ご支援をお願いしております。 以下のフォームから寄付ができます。クレジットカードだけでなく、銀行カード(オランダ、ベルギー)そしてPaypalでもお支払いができます。銀行カードの場合には支払いページで「Direct Debit」を選びます。どうぞよろしくお願いいたします。